ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
ウミアイサ(海秋沙)
今日は、葛西臨海公園で出会ったウミアイサ(メス)の登場です。

(1) 西渚の遠方には、スズガモの大群。
P1080061.jpg



(2) 東渚と西渚の水路にはハジロカイツブリとウミアイサ(メス)が現れました。
P1080065.jpg



(3) ウミアイサのオスは頭が黒緑ですが、メスは茶褐色、クチバシは上に反っています。
P1080072.jpg



(4) 後頭部の乱れた髪は冠羽、
P1080077.jpg

ウミアイサ:全長55cm、ハジロカイツブリは30cmですから約2倍、カルガモより少し小さいカモ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『全北区に分布する。
ユーラシア大陸中北部と北アメリカ中北部で繁殖し、冬季はヨーロッパ南部、小アジア、カスピ海沿岸、中国東部、朝鮮半島、北アメリカ西海岸(カリフォルニア州付近が南限)、メキシコ湾などに渡り越冬する。
日本へは冬鳥として、九州以北に渡来する。
北海道で繁殖の記録ありとする書籍もあるが、カワアイサと誤認された可能性がある。』


(5) 水族館前では菜の花が満開。 右奥建物が水族館。
P3160081.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
ハジロカイツブリ(羽白鳰)
今日は、葛西臨海公園で出会ったハジロカイツブリの登場です。

(1) 東渚と西渚の間にある水路に数羽のハジロカイツブリ、手前の二羽は冬羽、奥の二羽は夏羽のようです。
P1080128b.jpg
ハジロカイツブリがいる水路は、逆光になるため撮影が厳しかったです。



(2) 夏羽では目の後方に金色の飾り羽があってお洒落に見えます。
P1080118b.jpg




(3) 後ろからの方が飾り羽がよく見えます。
P1080085b.jpg



(4) こちらは飾り羽が少し見えます。 冬羽から夏羽への移行途中と思います。
P1070852b.jpg



(5) 狩りのためあっという間に潜水してしまいます。
P1070854b.jpg

ハジロカイツブリ:全長30cm、普通のカイツブリより少し大きいカイツブリ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ヨーロッパ、アフリカ東部と南部、東アジア、北アメリカ中部、南アメリカ北東部で分散して繁殖する。
非繁殖期は海上や温暖な地域へ移るものもある。
日本では冬鳥で、北海道から九州まで各地の海や湖沼に中国東北部やウスリー川周辺などで繁殖したものが渡来する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
ヘラサギ&クロツラヘラサギ(下)
昨日の続きで今日もヘラサギとクロツラヘラサギの登場です。

(1) 二羽で仲良くクチバシを水中に突っ込んでの採餌です。 手前がクロツラヘラサギ、奥がヘラサギ。
P1080018.jpg



(2) クロツラヘラサギ、お腹が一杯になったのか羽繕いを始めました。長いへら状のクチバシを器用に使っています。
P1080023.jpg



(3) 目の色が赤いのが見えます。
P1080032.jpg



(4) 大口を開けて獲物をゲット、とっても小さな獲物ですが…。 こんな小さなものでお腹が膨れるのか心配になります。
P1080039.jpg



(5) 10分程いたと思ったら突然のご帰還、東なぎさへと飛行していきました。クチバシと足を一直線に伸ばしての飛行。
P1080050.jpg



(6) 葛西臨海公園、菜の花が満開、子供たちが気持ちよさそうに遊んでいました。
P3160082.jpg



(7) ヘラサギ、クロツラヘラサギそしてコサギの動画(約20秒)を撮ってみました。


最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
ヘラサギ&クロツラヘラサギ(上)
ヘラサギとクロツラヘラサギを一緒に見られるとのことなので、葛西臨海公園に行ってみました。

(1) 11時頃、西なぎさの東端にまずヘラサギが飛んでくるのが見えました。クチバシと足を一直線にして飛びます。
P1070862b.jpg



(2) 着水態勢に入りました。
P1070864a.jpg



(3) 無事着水しました。
P1070865a.jpg



(4) ヘラサギはすぐに採餌行動、するとすぐにクロツラヘラサギも飛来しました。
P1070866b.jpg



(5) 一緒に仲良く餌探しです。 手前がクロツラヘラサギ、奥のヘラサギより少し小さいことが分かります。
P1070885b.jpg



(6) コサギがその近くをウロウロ、「私も撮って頂戴」と言っているようでした。
P1080003b.jpg


(7) 採餌の様子を約20秒動画で撮りました。 なお、このときは強風で、風の音が大きく入っています。
  ヘラサギの採餌は、サギと異なり、へら状の長いクチバシを水中でグルグル動かし、クチバシの触覚で餌を捕るようです。


ヘラサギ:全長86cm、ダイサギより少し小さく、サギと名が付いているがサギではなくトキ科。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ユーラシア大陸中部とインドで繁殖する。ヨーロッパ東部にも繁殖地が点在している。
冬季はアフリカ、ペルシャ湾沿岸からインドにかけての地域や中国南部に渡りをおこない越冬する。
インドやでは留鳥として周年見られる。
日本では数少ない冬鳥として、北海道から南西諸島まで各地で記録がある。
九州では数は少ないが、毎年飛来する。以前は、鹿児島県出水市に毎冬小規模の群れが飛来していた。』

クロツラヘラサギ:全長74cm、ヘラサギより一回り小さく、やはりトキ科。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『タイ王国、大韓民国、中華民国、中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国、日本、ベトナム、ロシア。
朝鮮半島北西部(繁殖個体数と越冬個体数に大きく差があるため、中華人民共和国東部で繁殖している可能性もあり)で繁殖し、冬季になるとベトナム(紅河)、台湾(曽文渓)、香港、朝鮮半島南西部などで越冬する。
日本には冬季に越冬のため九州(瑞梅寺川)や沖縄県などに少数飛来する(冬鳥)。』
環境省のレッドデータブックで絶滅危惧ⅠA類に指定され、世界で2~3000羽しかいないトキ科の野鳥です。

明日も続きます。
最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
ソウシチョウ(相思鳥)
今日は、荒川河川敷にある水場で出会ったソウシチョウの登場です。

(1) まず一羽のソウシチョウが水場に現れました。
P1070685b.jpg
緑色、黄色、オレンジ色などが配色された派手できれいな鳥です。



(2) 次いでもう一羽が顔を出しました。
P1070688b.jpg



(3) そしてさらにもう一羽、三羽が揃いました。 仲良さそうです。
P1070703b.jpg



(4) 完全に日陰の場所での方がきれいに見えます。
P1070719b.jpg

ソウシチョウ:全長14cm程度でスズメと同大のかご抜け鳥と呼ばれる外来種。
なお、Wikiによる生息域と名前の由来は下記のとおりです。
『本来は、インド北部、中国南部、ベトナム北部、ミャンマー北部に自然分布。
つがいのオスとメスを分けてしまうとお互いに鳴き交わしをするため、相思鳥の名がついたと言われる。』
綺麗な鳥なのですが、ガビチョウなどと同様「日本の侵略的外来種ワースト100」の選定種の1種となっています。
鳥自体には何の落ち度もないのですが・・・。



(5) この水場にはツグミやヒヨドリなども来ていました。
P1070671b.jpg



(6) 荒川土手には菜の花が咲き誇っていました。
P3120076b.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.