ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
今季初見のカシラダカ(頭高)
今日は、清瀬金山緑地公園で出会った今季初見のカシラダカの登場です。

(1) 地上で採餌していたところをお邪魔したため、近くの枝にとまりました。
P1160898.jpg



(2) 別の木にとまった個体、冠羽が立っていますが、枝が邪魔ですね。 キョトンとした顔つきが可愛らしいです。
P1160903.jpg



(3) こちらは冠羽が立派に立っています。 ちょっと見、ミヤマホオジロに似ていませんか?
P1160916.jpg



(4) 正面顔は幅が薄いです。
P1160908.jpg

カシラダカ:全長15cm、スズメより少し大きいホオジロ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『スカンジナビア半島からカムチャッカ半島までのユーラシア大陸高緯度地域と、アリューシャン列島で繁殖し、冬季は中国東部に渡り越冬する。
また、中央アジアに渡る個体もある。
日本では冬鳥として、九州以北に渡来する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
アオゲラ(緑啄木鳥)
今日は、清瀬金山緑地公園で出会ったアオゲラの登場です。

(1) 比較的近い木の上方にいるのが分かりました。
P1160632.jpg



(2) ゆっくり上へと登っていきます。
P1160639.jpg



(3) コブのところでとまって、舌を出しているのが画像を見て分かりました。
P1160647.jpg



(4) その部分をトリミングしてみました。 長く伸ばした舌で何を捕ったのか?
P1160647a.jpg



(5) このアオゲラ、前頭部が赤いのかイマイチよく分かりません。私には、オスかメスか判別困難ですがお分かりになりますか?
P1160650.jpg

アオゲラ:全長29cm、昨日紹介したヒヨドリより少し大きいキツツキ科の留鳥。
屋久島から本州に生息する日本固有種。そのため英名にも Japanese green woodpecker。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
ヒヨドリ(鵯)
今日は、清瀬金山緑地公園で出会ったヒヨドリの登場です。

(1) 公園には大きなピラカンサの木があり、赤い実が沢山実っています。
   昨日のカワラヒワ同様、その実を狙ってヒヨドリが沢山やって来ます。
P1160697.jpg



(2) 赤い実は次々に口の中へと消えていきます。
P1160700.jpg



(3) 近いところでも赤い実を丸呑みです。
P1160708.jpg



(4) よく見ると可愛いお顔をしています。あの甲高くうるさい鳴き声で損をしていると思います。
P1160709.jpg

ヒヨドリ:全長28cm、キジバトより小さいヒヨドリ科の留鳥又は漂鳥。
1960年代までは、夏は山地、冬は平地で過ごす漂鳥といわれ、東京では冬だけ見られる野鳥だったそうです。
それが1970年代に入ると夏の平地でも普通に見られるようになったとのこと。
野鳥の生息地は固定的なものではなく何らかの理由で変えることがあるようです。

なお、その生息域についてWikiには次のように記されています。
『日本、サハリン、朝鮮半島南部、台湾、中国南部、フィリピンの北部(ルソン島)に分布する。
日本国内では留鳥または漂鳥としてごく普通に見られるが、他の地域での生息数は少ない。
日本では周年見られるが、春および秋には渡りが各地で確認される。
秋には国内暖地へ移動する個体も多く、10-11月には渡りが日本各地で観察され、房総半島南端、伊良湖岬のほか、関門海峡では1,000羽を越えて渡る群れも観察される。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
カワラヒワ(河原鶸)
今日は、本当に久しぶりにカワラヒワの登場です。

(1) 食べごろのピラカンサの赤い実を食べる一羽のカワラヒワ。
P1160707.jpg



(2) 暫くすると三羽(奥にもう一羽いました)になってムシャムシャと食べていました。
P1160730.jpg



(3) 三羽すべてが姿を見せてくれました。 凄い食欲で食べられるので赤い実が大分減っています。
P1160717.jpg




(4) 結局四羽が来ていました。 ベニマシコなどと同じアトリ科の鳥で、草木の実を好んで食べます。
P1160755.jpg

最近、地元では鳥に出会える機会が減っており、今回は東京都清瀬市にある金山緑地公園に行ってみました。
暫く、その時に撮影した鳥さんを紹介したいと思います。

カワラヒワ:全長15cm、スズメとほぼ同大の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『東アジア(中国、モンゴル、ロシア東南部、朝鮮半島、日本)に分布する。
日本国内ではほぼ全域に分布する留鳥。ただし北部のものは冬場は暖地へ移動する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
今季初見のジョウビタキ
今日は、今季初見のジョウビタキ(メス)の登場です。

(1) 例年より遅かったですがようやくジョビ子ちゃんに出会えました。
P1160604.jpg



(2) フレンドリーでこの枝に暫く留まっていました。
P1160607.jpg



(3) 「美人に撮ってね。」との要望に応えられたか? 手前の枝が邪魔。
P1160609.jpg



(4) 白い紋がとても目立ちます。
P1160610.jpg

残念なことにオスくんにはまだですが、そのうち出会えるでしょう。
どうもメスさんの方が強くてオスくん縄張り争いに負けてしまうようです(笑)。
ジョウビタキ:全長14cm、スズメと同大のヒタキ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『チベットから中国東北部、沿海州、バイカル湖周辺で繁殖し、非繁殖期は日本、中国南部、インドシナ半島北部への渡りをおこない越冬する。
日本では冬鳥として全国に渡来する。韓国では留鳥。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.