FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
エナガ(柄長)
今日は、人気の高いエナガの登場です。

(1) 林に中を飛び交うエナガの群れ、でも撮れるのは一羽だけです。
P1170288.jpg



(2) エナガのお得意ポーズ。
P1170292.jpg



(3) エナガという名前は、長い尾(全長14 cmに対して尾の長さが7-8 cm)を柄の長い柄杓に例えたこと由来するとWikiに記載されています。
P2070484.jpg



(4) せわしなく飛び交っているので、なかなか撮影が大変です。
P2070488.jpg



(5) 上とは別の場所で、エナガとメジロの混群。
IMGP1450a.jpg
(在庫画像から)

エナガ:全長14cm、スズメと同大だが尾が長く、身体は遥かに小さいエナガ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『ユーラシア大陸の中緯度地方を中心にヨーロッパから中央アジア、日本まで広く分布する。
日本では九州以北に留鳥または漂鳥として生息する。』

ご訪問頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
スポンサーサイト
混群
林で出会ったヤマガラ、シジュウカラ、メジロの混群の登場です。

(1) ひょうきん顔のヤマガラ、草木の実を探しているようです。
PC122411.jpg



(2) 「なかなか見つからないよ、そんなところで見てないで、一緒に探してね。」
PC122444.jpg



(3) ようやく見つけた実を枝にとまって食べることが出来ました。
PC122452.jpg



(4) 近くにはシジュウカラ。
PC122443.jpg



(5) 「よーし、ヤマガラに負けないようボクも頑張るぞう。」
PC122445.jpg



(6) 「ワタシも仲間にいれてね。」
PC122447.jpg
(在庫画像から)

秋から冬にかけては、カラ類の混群がよく見られます。
異なる種類の鳥が混じって群れになることを混群といい、シジュウカラを中心にして、エナガ、メジロ、ヤマガラやコゲラなどが混じり、一緒に行動しています。

ご訪問頂きありがとうございました。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
ベニマシコ(紅猿子)
在庫画像から、今日は、ベニマシコの登場です。

(1) ススキの傍で草の実を食べるベニマシコくん。
PB213240.jpg



(2) カワラヒワやイカルと同じアトリ科の仲間だけあって、草木の実が好物です。
PB213243.jpg



(3) 背中の模様もきれいです。
PB213245.jpg



(4) お食事中は、じっと大人しくモデルを務めてくれます。
PB213250.jpg



(5) 口一杯に実を頬張って、満足そうです^^。
PB213257.jpg

ベニマシコ:全長15cm、スズメより大きいアトリ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『日本、中国、カザフスタン、北朝鮮、韓国、ロシアに生息する。
日本では夏鳥として北海道、青森県下北半島で繁殖し、冬鳥として本州以南へ渡り、越冬する。』

ご訪問頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
ジョウビタキ(尉鶲、常鶲)
最近、体調不良で鳥見が出来ません。
そこで在庫画像から選んだものをアップします。
今日は、ジョウビタキのオスとメス。

(1) 丸々膨れたジョビ男くん、白い紋がきれいです。
P1112569.jpg



(2) 「ほめて頂きありがとう。」 カメラ目線で応えてくれました。
P1112570.jpg



(3) 新緑のよう鮮やかな草をバックにして、ポーズ。
P1112566.jpg



(4) こちらは、ジョビ子さん、見返り美人風のポーズ。
P1112551.jpg



(5) この仔も同様です。ジョビ子さんはこのポーズがお好きのようです^^。
P1112553.jpg



(6) 「えーと、そんなことありませんよ、正面ポーズも魅力的でしょう。」
P1112564.jpg

ジョウビタキ:全長14cm、スズメと同大のヒタキ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『チベットから中国東北部、沿海州、バイカル湖周辺で繁殖し、非繁殖期は日本、中国南部、インドシナ半島北部への渡りをおこない越冬する。
日本では冬鳥として全国に渡来する。韓国では留鳥。』

ご訪問頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
アオジ(青鵐)
今日は、地元の林道で出会ったアオジの登場です。

(1) ルリビタキを期待しながら歩いていると前方に鳥影、アオジのようです。 日陰が好きなようです。
P1270364.jpg



(2) 三羽のアオジが並んでくれました。 数羽のアオジが近くの竹やぶとこの林道を行ったり来たり。
P1270367.jpg



(3) 手前はオスのアオジくん、落ちている草木の実を探しているようです。
P1270377.jpg



(4) ストレスを与えないよう遠くから撮っていたのですが、警戒して飛び立ってしまうことがあります。
P1270357.jpg



(5) 珍しく一羽のメスさんが近くの枝にとまりました。
P1270380.jpg

アオジ:全長16cm、スズメより大きいホオジロ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『インド北部、中華人民共和国、台湾、朝鮮民主主義人民共和国、日本、ネパール、ブータン、ロシア南東部。
夏季に中華人民共和国、ロシア南東部、朝鮮半島北部で繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部、台湾、インドシナ半島などへ南下し越冬する。
日本では亜種アオジが北海道や本州中部以北で繁殖し、中部以西で越冬する。
また少数ながら基亜種が越冬(冬鳥)や渡りの途中(旅鳥)のため、主に本州の日本海側や九州に飛来する。』



(6) 何の木か分かりませんが、綺麗に色付いていました。
P1270381.jpg

ご訪問頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.