FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201901<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201903
ベニマシコ(紅猿子)
今日は、ヒクイナを待っている間に出会ったベニマシコ嬢の登場です。

(1) 小さな水路に出てきたベニマシコ嬢、相変わらず可愛いですね。
P1290711.jpg



(2) とても寛いだ様子で、枯れ枝にべったり座っています。
P1290717.jpg



(3) あくびをしたり、
P1290721.jpg



(4) 水を飲んだりしています。
P1290723.jpg



(5) 春の日差しを背景に、リラックス。
P1290727.jpg
今季、ベニマシコ♀にはよく出会うのですが、オスくんにはなかなか出会えません。


(6) おまけは、近くにやって来たシメ。
P1290733.jpg

ベニマシコ:全長15cm、スズメより少し大きいアトリ科の漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『日本、中国、カザフスタン、北朝鮮、韓国、ロシアに生息する。
日本では夏鳥として北海道、青森県下北半島で繁殖し、冬鳥として本州以南へ渡り、越冬する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
スポンサーサイト
赤毛のコゲラ
今日は、後頭部に赤毛を持ったコゲラに登場願いました。

(1) 林の中でコゲラが忙しく動き回っています。 その後頭部を見ると赤い毛が見えます。
P1290668.jpg



(2) この赤い毛は、オスくんの特徴ですが、普段毛の中に埋もれて分からないことが多いです。
   こんなにも明瞭に見えたのは久しぶりです。
P1290671.jpg



(3) 後向きになった場合、右と左の後頭部に少しですが赤い毛が見えます。
P1290675.jpg



(4) 赤い毛は吉兆だといいますので、期待しています。
P1290680.jpg

コゲラ:全長15cm、スズメより少し大きいキツツキ科の留鳥又は漂鳥。日本最小のキツツキ。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『ロシア南東部、サハリン、朝鮮半島北部、中国東北部、日本列島など、東アジアの限られた地域に分布している。
日本では一部離島を除く全国の亜寒(亜高山)帯針葉樹林から亜熱帯照葉樹林まで広く分布する。
基本的には留鳥だが、寒冷地に生息する個体は、冬季には暖地へ移動するものもいる。
東京都小平市の「市の鳥」に指定されている。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
初見・初撮りのヒクイナ(緋水鶏、緋秧鶏)
今日は、私にとっては初見・初撮りのヒクイナの登場です。

(1) 藪の中から水のない水路に出てきたヒクイナ、頭から胸にかけて赤茶色でちょっと不気味な感じの鳥さんです。
P1290760.jpg



(2) 全長が23cmということからムクドリとほぼ同大ですが、尾羽が短く身体は大きく見えます。
   一方、普通のクイナは29cmですからそれよりは大分小さいです。
P1290772.jpg



(3) 尾羽をピンと立てて腰を上下に振りながら歩いています。
P1290777.jpg



(4) 目も赤茶色なので不気味な感じがより一層です。
P1290779.jpg



(5) 身体に比して大きな足、そして尾羽の裏側は黒に白の横班が入っています。
P1290793.jpg
(秋ヶ瀬公園にて)
ちょっと不気味な雰囲気がありますが、その独特の風貌は魅力的でもあると思います。

ヒクイナ:全長23cm、ムクドリとほぼ同大のクイナ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『中華人民共和国東部、台湾、日本などで繁殖し、冬季になるとインドシナ半島、中華人民共和国南部、日本(本州中部以南)へ南下し越冬する。』

なお、今日の朝日新聞・埼玉版には北本自然観察公園でヒクイナが観察されたことが報じられていました。
埼玉県では、絶滅危惧ⅠA類とされる希少種の鳥とのこと。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
エナガ&クロジ
昨日のミヤマホオジロが現れた近くでエナガとクロジにも出会いました。

(1) 至近距離のエナガ、ふっくらと膨らんだ姿が可愛いです。
P1290489.jpg



(2) ちょっと目付きが悪い^^。
P1290491.jpg



(3) クロジが目線をくれました。
P1290508.jpg



(4) 食べるのに余念がありません。
P1290497.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
ミヤマホオジロ(深山頬白)
今日は、今季初見のミヤマホオジロの登場です。

(1) 「おーい、そこの黄色い頭の方、何しているの。」
P1290438.jpg



(2) 「誰かボクのことを呼んだ?」
P1290442.jpg



(3) 「ボク、お腹が空いてお休みしていたんだよ。」
P1290452.jpg



(4) 「落ちている草木の実がボクのお食事なのさ。」
P1290464.jpg



(5) 「おーい、そこの薄黄色い頭の方はどちら様ですか?」
P1290483.jpg



(6) 「誰かワタシのことを聞いた? ワタシはねミヤマホオジロのレディですよ、覚えておいてね。」
P1290482.jpg



(7) 「あ~あ、何だか眠くなっちゃったわ。」
P1290515.jpg
(熊谷市の荒川河川敷にて)

ミヤマホオジロ:全長16cm、スズメより大きくホオジロより少し小さいホオジロ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『ユーラシア大陸東部の大韓民国、中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国、日本、ロシア南東部に分布する。
夏季に中華人民共和国や朝鮮半島、ウスリーなどで繁殖し、冬季には中華人民共和国南部や日本、台湾へ南下し越冬する。
日本では冬季に基亜種が主に本州中部以西、四国、九州に飛来(冬鳥)する。
東日本での越冬数は少ない。広島県(西中国山地)や長崎県(対馬)では繁殖例がある。
和名のミヤマは山奥ではなく「遠隔地」を指し、以前は朝鮮半島での繁殖は確認されていたものの日本での繁殖が確認されていなかった事に由来する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.