ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
カワセミ(翡翠)
今日は、久しぶりにカワセミの登場です。

(1) 最初に見たのは、飛び込んで獲物を咥えた後ろ姿。
P1090144.jpg



(2) 少しするとこちらを向いてくれましたが、獲物を飲み込もうとはしません。
P1090148.jpg



(3) 上を見たかと思ったら…。
P1090153.jpg



(4) あっという間の飛び出し、ヒナが待っているところへ運んで行ったのかも知れませんね。
P1090155.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
サンショウクイ(山椒食)
オオルリやキビタキなどの夏鳥が飛来していますが、今季はまだ撮れていません。
偶然、サンショウクイに出会えましたので登場してもらいました。

(1) いつもながら高い枝の上を忙しく動き回っていました。 全体の雰囲気はセグロセキレイに似て白黒調です。
P1090768b.jpg



(2) 何をしているのか大きく口を開きました。
P1090763b.jpg



(3) 細身で尾羽が長いのが特徴です。
P1090770b.jpg



(4) ほぼ真上の枝を動き回っていて、ゆっくり撮らせてくれません。
P1090774b.jpg

サンショウクイ:全長20cm、セキレイと同大のサンショウクイ科の夏鳥。
         夏季に日本、ロシア東部、朝鮮半島で繁殖し、冬季は東南アジアへ南下し越冬する(Wikiによる)。
今日の朝日新聞に「南国の生き物北上中」と題した記事があり、「リュウキュウサンショウクイ」が都内の公園で越冬したらしいとのこと。
記事では、他に「ナガサキアゲハ」、「ヤクシマルリシジミ」が記載されていました。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
里山散歩(下)
昨日の里山散歩の続きです。

(1) 冬鳥のツグミもまだ残っていて、タンポポとのツーショットです。
P1090789.jpg



(2) ここには10羽くらいのツグミが採餌していました。
P1090791.jpg



(3) スミレ(菫)、何もつかないだだスミレだと思います。
P1090534.jpg




(4) タチツボスミレ(立坪菫)だと思います。
P4150114.jpg



(5) キンポウゲ(金鳳花)。 小さな虫は何だろう? →「モモブトカミキリモドキ」とGabachoさんに教えて頂きました。
P1100026.jpg



(6) ヤマツツジ(山躑躅)。
P1100024.jpg



(7) ボケ(木瓜)。
P1100052.jpg

4月中旬にもなると一斉に花が開き始め、春本番ですね。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
里山散歩(上)
今日は、先週末に里山散歩した際出会ったシロハラと野草を紹介したいと思います。

(1) 冬鳥のシロハラくん(オス)がまだいました。
P1090741.jpg



(2) 意外に警戒心が薄く近くで撮らせてくれました。 無事に北の繁殖地に帰ってほしいですね。
P1090748.jpg



(3) 面白い形のムラサキケマン。
P1090551.jpg



(4) 白いムラサキケマン、シロケマンと言ったりシロヤブケマンと言ったりするそうです。
P1090557.jpg



(5) 林の中ではハルジオンが咲き出していました。
P4150102.jpg



(6) チゴユリ、とても小さく可愛らしい花ですが、下向きです。
P1100017.jpg



(7) 花が下向きなのでひっくり返しての撮影です。上とは違う個体です。
P4150109.jpg

4月も中旬になると、色々な野草が咲き出し、里山は賑やかになります。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
多摩動物公園にて(最終回)
多摩動物公園の6回目(最終回)は、アオサギコロニーです。

(1) ペリカン舎には、アオサギが多数来ていますが、これらは野生で、ペリカンに与えられる餌を狙ってきています。
P1000373.jpg



(2) ニホンザル舎では、サルたちが雨ををしのいでいました。
P1090345.jpg



(3) このサル山近くの林には、このように巣が沢山かけられていました。
P1090334.jpg



(4) アオサギのカップルが巣作り中のようです。
P1090331.jpg



(5) 空には巣材を咥えたアオサギが飛行。
P1090361.jpg



(6) こちらでは卵を温め中かも知れません。
P1090340.jpg




(7) 多数のアオサギの中、ダイサギも営巣していました。
P1090342.jpg

このアオサギコロニー、動物園によると巣の数が100近くもあるそうです。
動物園の中で繁殖するのはとても賢いですね。
今回で多摩動物園シリーズを終了します。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.