ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
イソシギ(磯鷸)
葛西臨海公園4回目の今日は、イソシギの登場です。

(1) 下ノ池の杭近くで採餌するイソシギ。
P1130077.jpg



(2) 手前の干潟に来たので、距離はかなり近いです。
P1130080.jpg




(3) そのうち、コチドリ(左)と小競り合いが始まったようです。
P1130090.jpg



(4) イソシギの方が体が大きいこともあり、コチドリは劣勢です。
P1130091.jpg



(5) 縄張り争いでしょうか、コチドリは飛び去って行きました。
P1130092.jpg

イソシギ: 全長20cm、ハクセキレとほぼ同じ全長のシギ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『夏季にユーラシア大陸の温帯域、亜寒帯域で繁殖し、冬季(北半球の)はアフリカ大陸やオーストラリア大陸、ユーラシア大陸南部などへ南下し越冬する。
日本では九州以北に周年生息する留鳥であるが、本州中部地方以北では冬季になると越冬のため南下する夏鳥である。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
コチドリ(小千鳥)
葛西臨海公園の3回目の今日は、コチドリの登場です。

(1) 下ノ池で出会ったコチドリの成鳥、金色のアイリングと黒鉢巻きがトレードマーク。
P1130132.jpg



(2) ここではコチドリが繁殖していて、幼鳥がよく見られます。 幼鳥はアイリングの色がくすんで、また黒鉢巻きも明確ではありません。
P1130037.jpg



(3) 「痒いな~。」
P1130042.jpg



(4) 搔いたり、ノビノビしたりして寛いでいました。
P1130043.jpg




(5) 正面から、千鳥足らしく見えます。
P1130107.jpg

コチドリ:全長16cm、スズメより大きく日本のチドリの仲間では最小種の夏鳥。
その生息域についてには次のように記されています。
『ユーラシア大陸の中緯度地方以北の熱帯から亜寒帯地域の広範囲で繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北部やユーラシア大陸南部で越冬する。
日本では亜種コチドリが夏季に本州、四国、九州で繁殖する(夏鳥)。西日本以南の暖地では少数が越冬する(留鳥)。
南西諸島では冬鳥。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
葛西臨海公園にて(2)
昨日の続きです。

(1) 公園内には、沢山のムクドリが生息しています。これは幼鳥。
P1130006.jpg



(2) コムクドリを期待していた樹木には、期待に反してムクドリのみでした。
P1130138.jpg



(3) 左から、コサギ、カルガモ、アオサギ幼鳥、上の池で休憩中。
P1130013.jpg



(4) こちらはチュウサギ、口角が目で止まっています。 ウオッチングセンターから臨む下ノ池にて。
P1130010.jpg



(5) 一方、こちらはダイサギ、口角が目の後ろまで伸びています。 下ノ池にて。
P1130021.jpg



(6) コサギが頭髪を逆立てて羽繕いしていました。
P1130025.jpg

明日も続きます。
最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
葛西臨海公園にて(1)
先日、久し振りこの時季では鳥密度が高い葛西臨海公園に行ってみました。


(1) 渚橋手前には「ハマボウ(浜朴あるいは黄槿)」、アオイ科の落葉低木。
P1120969.jpg



(2) 渚橋から隣のディズニーランド方面、青い屋根の建物はホテル。
P1120972.jpg




(3) 西渚にて、手前の青い花は「ハマゴウ(浜栲)」、ハマゴウ属の常緑小低木。 後は葛西名物の大観覧車。
P1000874.jpg
西渚では、コアジサシを期待しましたが現れず。






(4) 近くの杭にはカワウが羽を休めていました。
P1120981.jpg



(5) 東西渚間の水路、冬はカンムリカイツブリなどが見られますが、今回はカルガモが悠々と泳いでいました。
P1120988.jpg



(6) 東渚は立ち入り禁止区域なので、西渚から見るとカワウの大群とサギ類の群れ、そして少数のカモメ類が見られました。
P1120986.jpg

明日も続きます。

関東は猛暑日が続いていますが、北九州に続き、秋田では豪雨で甚大な被害が発生しています。
天気予報で「経験したことがない」との形容詞が付くことが多い昨今、温暖化の影響が深刻です。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
伊佐沼にて
伊佐沼の最終回です。

(1) 伊佐沼の一角に古代ハス、まだ疎らな咲き具合でした。
P1000867.jpg



(2) セイタカシギ(♂)を撮っていると、右下にイソシギが出現。 
P1120939.jpg



(3) イソシギは♀のセイタカシギの方に移動。 ちょこまかと良く動いていました。
P1120949.jpg



(4) 杭の上にはカワウ。
P1120899.jpg



(5) 橋の手すりにハクセキレイ幼鳥、厚そうに口を開いていました。
P1120957.jpg



(6) 古代ハス、比較的きれいな花を撮ってみました。
P1120897.jpg



(7) 伊佐沼のすぐ近くには小学生が植えた古代ハスがありましたが、花は見られません。
P1000865.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.