FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
近場散歩
台風が去った後、数日後に近場を歩いてみました。

(1) キンモクセイ(金木犀)の芳香が漂っていますが、花は小さいです。
P1370180.jpg



(2) 黄色味が強いキバナコスモス、雨にも倒れず。
P1370168.jpg



(3) ツマグロヒョウモン♂が吸蜜。
P1370169.jpg



(4) 小さな川はもう平常を取り戻していました。 セグロセキレイが浅瀬に。
P1370162.jpg



(5) 葉っぱをつまみ出しましたが、食べられないようですぐに放してしまいました。
P1370163.jpg



(6) 林では、コゲラとエナガの混群が移動中でした。
P1370152.jpg



(7) エナガはとても忙しく動き回り、こんなのしか撮れません^^;。
P1370154.jpg



(8) カラスウリの実がよい色を付けていました。
P1370156.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
スポンサーサイト



カワセミ(翡翠)
伊佐沼では、カワセミにも出会うことが出来ました。

(1) 距離があったのですが、ハスの葉近くにとまっていました。
P1370114.jpg



(2) 下クチバシが黒いので男の子、手持無沙汰のようです。
P1370116.jpg



(3) お腹が一杯なのか、魚捕りに行く様子が見られません。
P1370118.jpg



(4) おまけは、我が家で咲き出したホトトギス、大分虫にやられましたが何とか咲いてくれました。
P1370145.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
トウネン(当年)
伊佐沼には、渡りの途中に立ち寄ったトウネンも来ていました。

(1) 水辺で二羽のトウネンが忙しく動き回っていました。
P1370133.jpg



(2) 三番瀬では群れでいることが多いですが、ここでは二羽のみ。
P1370137.jpg



(3) 干潟の泥にkチバシを突っ込み…。
P1370140.jpg



(4) 何やら獲物を捕まえました。
P1370141.jpg



(5) トウネンは、全長15cm、スズメより少し大きい程度ですが、夏シベリアで繁殖し、冬東南アジアやオーストラリアで越冬する渡り鳥です。
   日本には旅の途中で一休みしていきますが、小さな体で長距離の渡りをする凄い体力があるんですね。
P1370143.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
イカルチドリ
台風19号が来る前に伊佐沼に寄った所、イカルチドリ、トウネンなどに出会いました。

(1) 今日は、イカルチドリの登場です。 ごみの傍に二羽のイカルチドリ。
P1370092.jpg



(2) もう一羽増えて三羽に。
P1370093.jpg



(3) 更に増えて四羽に。
P1370096.jpg



(4) そして、六羽が集まって井戸端会議が始まりました(笑)。
P1370098.jpg



(5) 会議の後は、温泉?で寛ぐ余裕です(笑)。
P1370103.jpg

イカルチドリ:全長21cm、コチドリより大きいチドリ科の留鳥又は漂鳥。
コチドリが南へ旅立った後には代わるようにしてイカルチドリ。
この時季のイカルチドリは、冬羽に変わっている個体が多くて額に黒帯は見えません。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
オオタカ(大鷹)
台風19号が来る前に川近くでオオタカに出会いました。

(1) 高い枝にオオタカ、久しぶりの出会いです。
P1360968.jpg



(2) 何かこちらを気にしている素振り。
P1360970.jpg



(3) 「恥ずかしいので見ないでくれます。」  とお顔を隠して排泄。 気を使っています(笑)。
P1360971.jpg



(4) 「見ちゃったの、参ったなあ」 と。 こんな状況でもオオタカは精悍な顔つきをしています。
P1360977.jpg



(5) 「きまりが悪いから、ここらで失礼しますよ。」  こんなに近くで出会ったのは初めてでした。
P1360978.jpg

オオタカ:全長オス50cm、メス56cm、オスはハシボソガラス、メスはハシブトガラスと同大のタカ科の留鳥又は漂鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.