FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
202102<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202104
武蔵丘陵森林公園
大分春らしい陽射しになって来たので、武蔵丘陵森林公園へ行ってみました。
人出はある程度ありましたが、公園内は広大なので蜜にはならなかったです。

(1) 梅は大分咲き出していて、よい香りが漂っていました。
k20210214 (1)



(2) ピンクの梅の花
k20210214 (2)



(3) 白梅
k20210214 (3)



(4) 福寿草が一杯
k20210214 (4)



(5) 福寿草四兄弟
k20210214 (5)



(6) 福寿草は人気があります。
k20210214 (6)



(7) 
k20210214 (8)



(8)
k20210214 (7)



(9)
k20210214 (9)

明日も続きます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。
スポンサーサイト



近場散歩
近場で春を探してみました。

(1) 田んぼ脇には、「星の瞳」(別名オオイヌフグリ)。
m20210211 (1)



(2) ホトケノザ。
m20210211 (4)



(3) モンキチョウが飛んでいました。 成虫で越冬しているんでしょうか?
m20210211 (6)



(4) 水場では、キセキレイ。
m20210211 (2)



(5) 「何か用があるの?」
m20210211 (3)



(6) ヨシ原にはホオジロ♂。
m20210211 (5)

立春を過ぎて陽ざしが強く、春らしさが増してきました。

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。
白鳥飛来地で出会った鳥
白鳥飛来地で出会った代表的な鳥を紹介したいと思います。

(1) まず一番多いのはオナガガモ、中央の2羽がオス、両脇がメスです。
k20210211 (6)
オナガガモ:Lオス75cm、メス53cm、カモ科の冬鳥。



(2) オオバンも結構な数がいます。 オオバンはL39cm、クイナ科の漂鳥。
k20210211 (7)



(3) コハクチョウ(L120cm)と比べると小さくて可愛いです。
k20210211 (8)



(4) ダイサギ(L90cm)、近くの樹木をねぐらにしています。
k20210211 (1)



(5) 河川敷のヨシ原にシジュウカラ、付着している小さな虫を食べているようです。
k20210211 (2)



(6) メジロも群れでいました。
k20210211 (3)



(7) そしてヨシ原の樹木には、オオジュリン、L16cm、ホオジロ科の仲間。
k20210211 (5)



(8) 東北地方以北で繁殖し、越冬のため南下する漂鳥。 夏羽は頭が黒くなって別人のようになるそうですが見たことがありません。
k20210211 (4)

その他には、カワセミ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、アオジ、カワウなどが見られます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。
カケス(懸巣)
公園内の林でカケスに出会いました。

(1) 低い枝の上で木の実(多分ドングリ)を突っついている所でした。
P1222424.jpg



(2) カケスの手前には枝が入り組んでいて視認性がよくないです。
P1222429.jpg



(3) 食べ終わって寛いでいるようです。
P1222433.jpg



(4) 頭の模様が独特です。
P1222435.jpg



(5) その後、地上に降りてドングリを探しているようでした。怖い顔が多いのですが、この時は可愛く見えました。
P1222438.jpg

カケス:全長33cm、キジバトと同大のカラス科の留鳥又は漂鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。
カワラヒワ(河原鶸)
河川敷の林にはカワラヒワの群れが飛来していました。

(1) 鈴なりのカワラヒワ、数えると30羽弱。
P1162195.jpg



(2) 翼の黄色が目立ちます。
P1162198.jpg



(3) 全体的に色が濃いのがオス、色が薄いのがメスと思います。
P1162200.jpg



(4) イカルやシメと同じアトリ科の仲間であり、草木の実を食べるに適した厚いクチバシを持っています。
P1162201.jpg



(5) 水飲みに来たカワラヒワ。
P1102076.jpg
カワラヒワの群れの中にオオカワラヒワが混じっていることもあるようですが分かりませんでした。

カワラヒワ:全長15cm、スズメと同程度のアトリ科の留鳥又は漂鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.