FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
コミミズク(小耳木菟)コミミズク-続
昨日の続きのコミミズクです。

(1) 田んぼの端で休憩中。
P1400973.jpg



(2) 飛び出した先にはカラスの群れが。
P1400974.jpg



(3) 道路が見える所を低空飛行して大分先に降り立ちました。
P1400978.jpg



(4) こちらは別個体がカラスに追われていました。 
P1400960.jpg



(5) しつっこくカラスは追っていきます。 鳥の群れはドバトだと思います。
P1400963.jpg



(6) かなり上空まで行ったら今度は反転攻勢、コミミズクがカラスを追いかけていました。 その後は分かりません。
P1400972.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。  

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
スポンサーサイト



コミミズク(小耳木菟)
フクロウの仲間のコミミズクが2年振りに川島町の田んぼに飛来しました。

(1) 16時頃行ったときには、背景がごちゃごちゃしたところを飛行していました。
P1400922.jpg



(2) 飛行している個体を追っていたら、偶然とまっている別個体がいました。 後で気が付きました^^;。
P1400931a.jpg



(3) 夕陽を浴びての低空飛行。
P1400937.jpg



(4) 平たい顔なので飛んでいる姿は他の鳥に比べ違和感があります。
P1400940.jpg



(5) 正面顔。
P1400928.jpg

コミミズク:全長38cm、フクロウより大分小さいフクロウ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『アフリカ大陸北部、北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、ユーラシア大陸、西インド諸島、ガラパゴス諸島、フォークランド諸島、台湾、日本、ハワイ諸島、ミクロネシア(ポンペイ島)。
日本では冬季に越冬のため全国的に飛来する(冬鳥)。ただし、沖縄県にはあまり飛来しない。』

明日も続きます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
コミミズク(小耳木菟)
埼玉県中央部の休耕田に4年ぶりに数羽のコミミズクが飛来したことは既に投稿しました。
その後、耕運機などが入り姿が見えなくなったと聞きました。
先週末、訪れたところ一羽を確認できました。

(1) 日没前、あぜ道に姿を見せたコミミズク。
P1220854.jpg



(2) 飛び出しです。
P1220860.jpg



(3) 田んぼの上を低空飛行して獲物を探しています。
P1220921.jpg



(4) 杭からの飛び出し。
P1220909.jpg



(5) 正面顔。
P1220924.jpg

住宅や商店が周りにある休耕田に飛来したコミミズク、とても逞しいと思います。

その生息域についてWikiには次のように記されています。
『アフリカ大陸北部、北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、ユーラシア大陸、西インド諸島、ガラパゴス諸島、フォークランド諸島、台湾、日本、ハワイ諸島、ミクロネシア(ポンペイ島)。
日本では冬季に越冬のため全国的に飛来する(冬鳥)。ただし、沖縄県にはあまり飛来しない。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
雪のコミミズク
先週、雪が降った後にコミミズクを見に行ってみました。
場所は埼玉県川島町紫竹地区にある広大な田んぼです。

(1) 休憩中のコミミズク。
P1200273.jpg



(2) 降雪後の田んぼ上を飛翔。
P1200406.jpg



(3) 地面を注視しています。
P1200389.jpg



(4) こんな時でもバトルが発生、ピンボケで恐縮です。
P1200440.jpg



(5) この仔は覗き込むように見ています。
P1200485.jpg



(6) 富士山を背景に飛んでいます。 
P1200519.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
コミミズク(小耳木菟)
今日は、埼玉県川島町紫竹地区に2014年以来4年ぶりに冬鳥として飛来したコミミズクの登場です。

(1) 広大な休耕田に数羽飛来しました。 一羽が杭の上でお休み中、絶えず顔を左右に向け警戒を怠りません。
P1190824.jpg



(2) 低空飛行。
P1200082.jpg



(3) 二羽がバトルのようです。
P1190863.jpg



(4) こんなに接近しました。 飛行機ならニアミスでしょう。
P1190862.jpg



(5) 正面から。
P1190873.jpg



(6) 夕陽を浴びての低空飛行、ネズミなどの獲物を探しているようです。
P1200117.jpg

コミミズク:全長38cmフクロウよりずっと小さいフクロウ科の冬鳥。
その生息域についてには次のように記されています。
『アフリカ大陸北部、北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、ユーラシア大陸、西インド諸島、ガラパゴス諸島、フォークランド諸島、台湾、日本、ハワイ諸島、ミクロネシア(ポンペイ島)。
日本では冬季に越冬のため全国的に飛来する(冬鳥)。ただし、沖縄県にはあまり飛来しない。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.