FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
ムナグロ(胸黒)
水が引き入れられた田んぼにはムナグロも来ていました。

(1) あぜ道に二羽のムナグロが佇んでいました。
P1320339.jpg



(2) 旅鳥として南方から飛来してきたムナグロ、日向ぼっこをしているのかほとんど動きません。 
P1320335.jpg



(3) 左の仔、まだ白っぽい冬羽です。
P1320343.jpg



(4) 右の仔は、お腹が少し黒っぽくなり、夏羽へ変わり始めたようです。
P1320344.jpg



(5) その後、反対側を通った時に撮ってみました。この仔は、黒っぽさがなく、左にいた仔と思います。
P1320368.jpg
ムナグロ:全長24cmムクドリと同大のチドリ科の旅鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『シベリアとアラスカ西部のツンドラで繁殖し、冬季は東南アジアやオーストラリア、インド、アフリカ東部などへの渡りをおこない越冬する。
日本へは旅鳥として春と秋の渡りの時期に全国に飛来する。
本州の中部以南の地域では、越冬する個体もある。南西諸島や小笠原諸島では、普通に越冬している。』


(6) おまけは、目先が緑青色になった婚姻色のダイサギ。
P1320370.jpg
(さいたま市大久保農耕地にて)

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
スポンサーサイト



ムナグロ(胸黒)
今日は、吉見町の荒川河川敷で出会ったムナグロの登場です。

(1) 広大な河川敷に、ムナグロが三羽、それぞれ勝手に採餌しています。
P1290012.jpg



(2) 「おっ、何だろう!」
P1280954.jpg



(3) 「エイヤー、捕まえたかなー、自信ないよ。」
   ムナグロ、タゲリと同じチドリの仲間です。 コチドリやタゲリと同様、ススーと歩いてはクチバシを突っ込む採餌方法です。
P1280960.jpg



(4) こちらは、目が見えない程に深く突っ込んでいます^^。
P1290009.jpg



(5) 顔を上げたときは何も咥えていません。突っ込んだ時には食べちゃったのでしょうか?
   何を食べているのか興味ありますが、分かりませんでした。
P1290010.jpg
(吉見町総合運動公園にて)


(6) なお上記のムナグロは冬羽、夏羽ではこんな風貌になります。 別の鳥に見えますね。
P4275508b.jpg

ムナグロ:全長24cm、ムクドリと同大の旅鳥又は冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『シベリアとアラスカ西部のツンドラで繁殖し、冬季は東南アジアやオーストラリア、インド、アフリカ東部などへの渡りをおこない越冬する。
日本へは旅鳥として春と秋の渡りの時期に全国に飛来する。
本州の中部以南の地域では、越冬する個体もある。南西諸島や小笠原諸島では、普通に越冬している。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします
ムナグロ(胸黒)
今日は、伊佐沼で出会ったムナグロさんに登場願いました。

(1)先に、シマアジさんを紹介しましたが、その近くで一羽のムナグロさんに出会いました。
P4195529.jpg
まだ名前のように胸が黒くなっていない冬羽の個体です。



(2)そう忙しくもないように歩いての食べ物探しです。
P4195494.jpg



(3)ムナグロさんはチドリの仲間なのでクチバシはシギほど長くありません。短いくちばしを泥の中に差し込みますが何を食べたのか分かりません。
P4195510.jpg
どうやら、地中のミミズや昆虫の幼虫などを食べるようです。



(4)こんなに可愛い表情を見せることもありました。
P4195481.jpg



(5)ダイゼンさんとよく似ていますが、上面に黄褐色があるのが識別ポイントの一つと思います。
P4195533.jpg

ムナグロ:全長24cm、ムクドリと同大のチドリ科の旅鳥。
      シベリア北東部やアラスカ西部で繁殖し冬はオーストラリアなどで越冬、その途中、春と秋に日本に立ち寄る。

最後までご覧頂きありがとうございます。

なお、拙きブログに拍手の応援頂き とても励みになり、感謝申し上げます。
ムナグロ(胸黒)
今日は、旅鳥として飛来してきたムナグロ(胸黒)さんに出演してもらいました。

(1)水が引かれ苗を植えたばかりの田んぼの脇に佇んでいました。
P4275508.jpg



(2)あまりにも近いのでムナグロさんもビックリしたのでしょうか、こちらを睨んでいます。
P4275558.jpg



(3)図鑑によると、背中の羽は、黒と白と黄褐色の斑模様とありますが、全体的に薄い色で、とてもシックだと思います。
P4275551.jpg



(4)名前の通り、胸が黒いですが、それ以上に顔の黒さが目立ちます。目に光が入らないと目が分かりませんね。
P4275553.jpg




(5)なお、参考までに2月に河川敷で見た冬羽のムナグロさんです。夏羽とは全く異なり同じ鳥さんとは思えません。
P2138332.jpg


ムナグロ:全長24cm、ムクドリと同大のチドリ科に分類される旅鳥。



(6)きょうのおまけは「ギンラン(銀蘭)」、写真では大きく見えますが、背丈は10cm程度の小さい花でした。
P5030005.jpg
昨日のキンランよりも小さくて数も少なく、生命力が弱いように感じます。

最後までご覧頂きありがとうございます。


ムナグロ(冬羽)
今日は、荒川河川敷で出会った「ムナグロ(胸黒)」さんに出演してもらいました。

(1)「こんにちは、1年ぶりに再会できて嬉しいです。」
P2138327.jpg
丁度1年前に、初見・初撮りをした懐かしい鳥さんです。




(2)「今食べ物を探しているところなんで、ちょっと失礼します。」
P2138321.jpg




(3)「ワタシ、夏羽になると胸が黒くなるので「胸黒」と名付けられましたが、冬は黒くないんですよ。」
P2138329.jpg





(4)「人間が、季節によって衣服を変えるようにワタシ達は、羽の色を変えるんですよ。」
P2138331.jpg





(5)「ワタシ達は、夏羽になると顔から腹までの下部分が黒くなるので、初めての方は違う鳥と思いますよ。」
P2138332.jpg

ムナグロは、全長24cm、ムクドリと同大のチドリ科に分類される旅鳥です。

Wikiによると「シベリアとアラスカ西部のツンドラで繁殖し、冬季は東南アジアやオーストラリア、インド、アフ

リカ東部などに渡り越冬する。

日本へは旅鳥として春と秋の渡りの時期に全国に飛来する。本州の中部以南の地域では、越冬する個体もある。」

と記載されているので、このムナグロは越冬しているのでしょう。

それにしても、シベリアからオーストラリアまで旅をするというのはすごいですね。
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.