ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
ルリビタキ(瑠璃鶲)
今季、ルリ子さんにはよく出会いましたが、ルリ男くんにはさっぱりでした。
先日、地元の林で運よくルリ男くんに出会い嬉しくなりました。

(1) 竹林でゴソゴソする動き、待っているとルリ男くんが現れました。
P1210499.jpg



(2) 次いで近くの枝にとまりました。 かなり近いです。
P1210531.jpg



(3) 飛び出しました。
P1210546.jpg



(4) 降りた先は、落ち葉が堆積した水場、水を飲み始めました。
P1210551.jpg



(5) 美味しそうに飲み込んでいました。
P1210552.jpg



(6) 一鳴きして再び竹林へと入って行きました。
P1210560.jpg

ルリビタキ:全長14cm、スズメと同大のヒタキ科の漂鳥。
夏に、標高2500m位の亜高山帯で繁殖。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『アフガニスタン、インド、エストニア、カザフスタン、タイ、大韓民国、台湾、中華人民共和国北部および南部(香港含む)、日本、ネパール、パキスタン、フィンランド、ブータン、ベトナム、ミャンマー、モンゴル、ラオス、ロシア。
夏季はユーラシア大陸の亜寒帯やヒマラヤ山脈で繁殖し、冬季はユーラシア大陸南部で越冬する。
日本では基亜種が夏季に本州中部以北、四国で繁殖し、冬季になると本州中部以南で越冬する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
雪のルリビタキ(瑠璃鶲)
昨日のミヤマホオジロが出現した辺りに、ルリビタキが現れました。

(1) 尾羽のみが青いメスタイプです。 今季、青いオスくんにはまだ出会えていません。
   お転婆娘といった風情で、あちらこちらと忙しく動き回っています。
P1200646.jpg



(2)  「私のこと、何か噂していない?」
P1200648.jpg



(3) 「体が自然に動いてしまうのよ。」
P1200649.jpg



(4) 「うーん、もっとおしとやかにした方がいいのかなあ。」 ちょっと考え込んでしまいました(笑)。
P1200654.jpg



(5) ここにはカシラダカも現れてくれました。
P1200597.jpg


最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
ルリビタキ、シメ&アオジ
先日メスのルリビタキに出会い、オスくんにも会いたいと思っています。
しかし、今回もメスタイプさんでした。

(1) 公園のベンチにやって来たルリビタキさん、尾羽のみが青いメスタイプさんでした。
P1180860.jpg



(2) 時々地面に降りて食べ物を探し、すぐにベンチや杭に戻って来る動作を繰り返していました。
P1180855.jpg



(3) 杭の上では、見返り美人風スタイル、これがお得意のポーズです(笑)。
P1180866.jpg
ルリビタキのオスくんは、縄張り争いでメスさんに負けてしまうのでしょうか。なかなか出会えません。



(4) 近くの枯れ葉が堆積したところにはシメが口を草木の実で一杯にしてお食事中。
P1180875.jpg



(5) また、アオジもシメを見習ってお食事中でした。
P1180879.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
待望のルリビタキ(瑠璃鶲)
今季ようやくルリビタキに出会うことが出来ました。

(1) 地元で出会えたルリビタキのメスタイプです。
P1180780.jpg



(2) 尾羽のみが青く、肩付近に青みが見えないのでメスと思われます。
P1180783.jpg



(3) 枝が込み入ったところにとまりました。 
P1180787.jpg

上面全体が青のオスのルリビタキに比べ優しい感じのメスです。
青い尾羽がおしゃれなアクセントになっていると思います。

ルリビタキ:全長14cm、スズメと同大のヒタキ科の漂鳥。
その生息域についてには次のように記されています。
『アフガニスタン、インド、エストニア、カザフスタン、タイ、大韓民国、台湾、中華人民共和国北部および南部(香港含む)、日本、ネパール、パキスタン、フィンランド、ブータン、ベトナム、ミャンマー、モンゴル、ラオス、ロシア。
夏季はユーラシア大陸の亜寒帯やヒマラヤ山脈で繁殖し、冬季はユーラシア大陸南部で越冬する。
日本では基亜種が夏季に本州中部以北、四国で繁殖し、冬季になると本州中部以南で越冬する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
ルリビタキ(瑠璃鶲)
今日は、今季二度目のジョウビタキの登場です。

(1) 公園の薄暗い水場で出会ったルリ君、こちらを不思議そうに見ていました。
P1050346.jpg



(2) 見返り姿を披露してくれましたが、背景に枯れ葉などが溜っていて冴えません。
P1050384.jpg



(3) 飛び出しですが遅いSSのため被写体ブレが出ましたが、 脇腹のオレンジがよく見えます。
P1050369.jpg



(4) 今度は、スッキリした背景で男前に見えますね(笑)。
P1050372.jpg
(狭山市智光山公園にて)

ルリビタキ:全長14cm、スズメと同大の漂鳥。
その生息域についてWikiにはには次のように記されています。
『アフガニスタン、インド、エストニア、カザフスタン、タイ、大韓民国、台湾、中華人民共和国北部および南部(香港含む)、日本、ネパール、パキスタン、フィンランド、ブータン、ベトナム、ミャンマー、モンゴル、ラオス、ロシア。
夏季はユーラシア大陸の亜寒帯やヒマラヤ山脈で繁殖し、冬季はユーラシア大陸南部で越冬する。
日本では基亜種が夏季に本州中部以北、四国で繁殖し、冬季になると本州中部以南で越冬する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.