ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
クサシギ(草鷸)
今日は、地元の小さな川で出合ったクサシギの登場です。

(1) 冬鳥として飛来したクサシギ、ここでは時々見かけます。 昼寝中にお邪魔したようで、目を開けてこちらを見ています。
P1030272.jpg



(2) 動き出したと思ったら、こんな剽軽な仕草を見せてくれました。
P1030273.jpg




(3) 陸へ上がってウオーミングアップ。 隠れていた白い尾羽が見えます。
P1030282.jpg



(4) 川に入ってもノビノビ、今度は左羽です。
P1030286.jpg



(5) ウオーミングアップを済ませ、さて餌取りです。
P1030289.jpg

クサシギ:全長22cm、ムクドリより少し小さいシギ科の旅鳥又は冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『ユーラシア大陸北部で広く繁殖し、冬季はアフリカ、中東、インド、中国南部、東南アジアへの渡りをおこない越冬する。
日本では、旅鳥として春と秋の渡りの時期に全国的に渡来するが、関東地方より南部では冬鳥として越冬する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
クサシギ(草鷸)
今日は、地元の川で出合ったクサシギの登場です。

(1) 小さな川の対岸に佇むクサシギ、ここでは9月から3月くらいの間に見られます。
PB133679.jpg



(2) じっとしていて写真を撮らせてくれました。
PB133684.jpg




(3) つぶらな瞳が可愛いです。 そのうち歩き出して、どこかへと飛んでいきました。
PB133685.jpg

クサシギ:全長22cm、ムクドリより少し小さいシギ科の旅鳥又は冬鳥。私の地元では冬鳥として見られます。
      ここでは1羽ないし2羽でしか見たことがなく、群れないシギだと思います。
      また、イソシギがいてもおかしくないのですが、ここで出会ったことがありません。
その生息域について、Wikiには次のように記載されています。
『ユーラシア大陸北部で広く繁殖し、冬季はアフリカ、中東、インド、中国南部、東南アジアへの渡りをおこない越冬する。
日本では、旅鳥として春と秋の渡りの時期に全国的に渡来するが、関東地方より南部では冬鳥として越冬する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
今季もクサシギが飛来
最近、毎年この時季になると北方からクサシギが越冬のために飛来します。
今季も期待通り姿を見せてくれました。

(1) 一昨日のカワセミと出会った同じ川にクサシギが一羽で姿を見せてくれました。7
P9241225b.jpg



(2) 上面の羽には白い班が星のように散らばっています。
P9241232b.jpg



(3) クリクリしたつぶらな瞳がとても可愛いいです。
P9241237b.jpg

クサシギ: 全長22cm、ムクドリより少し小さい。
       シギ科の旅鳥、関東地方以南では少数が越冬と図鑑に記載があり、このクサシギはその少数に当たります。


(4) 稲刈りが終わった田んぼわきには彼岸花が鮮やかに開花していました。
P9240225b.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
クサシギ(草鷸)
今日は、地元で出会ったクサシギさんの登場です。

(1)川の小さな中州で寛ぐクサシギさん、こちらには冬鳥として飛来し、5月には北の繁殖地へと旅立ちます。
P5106422.jpg



(2)夏羽では、背中の星のような白い班が目立ちます。
P5106427.jpg



(3)栄養をつけたのかお腹がすごく膨れて見えます(笑)。
P5106433.jpg



(4)入念に羽のお手入れをしていました。
P5106435.jpg
クサシギは、全長22cmですからムクドリより少し小さくイソシギより少し大きいシギ科の鳥さんです。
主には、旅鳥ですが、関東以南では少数が越冬する冬鳥とのこと。

最後までご覧頂きありがとうございます。

なお、拙きブログに拍手の応援頂き とても励みになり、感謝申し上げます。
クサシギ(草鷸)
今日は、地元の小さな川で秋から冬にかけて見られるクサシギさんを紹介したいと思います。

(1)急ぎ足のクサシギさん、獲物を見つけたのでしょうか。
PC109476.jpg



(2)時には頭が水没するほどに深くクチバシを突っ込みます。 しかし、獲物が小さいため何をとったのか分かりません。
PC109482.jpg



(3)浅いところでは、このようにクチバシを使っています。
PC109468.jpg



(4)これはくちばしの先に獲物を挟んだように見えますが小さすぎて分かりません。
PC109440.jpg
図鑑によると、「浅い水辺を歩きながら、甲殻類や貝類の幼生、タニシ、ミミズなどを食べる」と記載されています。

スズガモやハジロカイツブリのように大きなカニを捕まえたら分かり易いですがそうもいきませんね(笑)。

クサシギ:全長22cm、ムクドリより小さいシギ科の鳥さん。
地元の小さな川では、越冬個体が時々姿を見せてくれます。
ハマシギなどは群れていますが、このクサシギは一羽か二羽で行動しています。
私にとってはありがたくも貴重な鳥さんです。

最後までご覧頂きありがとうございます。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.