FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
202102<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202104
水を飲む
氷が張った川で水飲みや水浴びする小鳥などを紹介しましたが、今日は中型の鳥の登場です。

(1) 林の中をオナガの群れが移動中、とまってもすぐに飛び出すため撮影は難しいです。
  やっと撮れた一枚、背中から尾羽にかけてのブルーが美しいです。
P1051907.jpg



(2) その群れが、近くの小川に水飲みに来ました。 逆光です。
P1051910.jpg



(3) 水飲みも瞬時に終わり直ぐに飛び立ってしまいます。
P1051914.jpg



(4) こちらはシロハラ7、氷が張った小川に現れました。
P1051922.jpg



(5) 水を飲み来ました。
P1051932.jpg



(6) 最後はツグミです。 実はここではツグミの数が多かったです。
P1051936.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。
スポンサーサイト



オナガ、キジバト及びツグミ
昨日のオナガの水浴びの続きです。

(1) オナガが水浴びしているところにキジバトが顔を見せました。
P3270595.jpg



(2) 一緒に水浴びするのかと思ったら…。
P3270598.jpg



(3) キジバトは、水を飲みに来たんです。
P3270599.jpg



(4) 少し離れたところではツグミが水浴び。
P3270615.jpg



(5) 盛大な水しぶき。
P3270620.jpg



(6) オナガは水浴びだけかと思ったら、近くで水を飲んでいる仔もいました。
P3270625.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
オナガ(尾長)の水浴び
今日は、オナガの水浴び場面です。


(1) オナガが十数羽集まって水浴びしていました。
P3270538.jpg



(2) 少し水浴びすると一斉に飛び上っていきます。
P3270539.jpg



(3) またすぐに舞い降りてきます。
P3270550.jpg



(4) 一斉にバシャバシャと水浴びするのは壮観です。
P3270554.jpg



(5) 思い思いにやっています。
P3270564.jpg



(6) 少し経つと再び飛び上っていきます。 枝で濡れた羽を乾かしていましたが、それは藪の中に隠れてで、撮れませんでした。
P3270582.jpg

オナガ:全長37cm、カケスより大きいカラス科の留鳥。
     生息域は、ほぼ関東地方から本州北部まで、関西以西では見られない。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
オナガ(尾長)
久し振りにオナガと出会いました。

(1) 美しいブルーのオナガ、数羽の群れで移動していました。
P1390003.jpg



(2) 長い尾羽を立てた姿はとても可愛いです。
P1390005.jpg



(3) 見返り美人風スタイル、尾羽の先端は白いです。
P1390008.jpg



(4) オナガは、姿を見ていると優美なんですが、声を聴くとガッカリします。天は二物を与えずでしょうか。
P1390010.jpg

オナガ:全長37cm、カケスより大きいカラス科の留鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。 まだ分からないことが多い鳥のようです。
『ユーラシア大陸の東西両端の2つの離れた地域に分かれて分布する留鳥である。分布の一方はロシア東部、中国東部、日本など東アジアで、もう一方はイベリア半島の一部である。いずれの地域においても局所的、飛び地状に生息域が存在する。
近年の遺伝子分析によれば、2つの地域個体群は種レベルで区別されることを示した。またイベリア半島内では化石も発見されており、両個体群の分化が数万年昔にまでさかのぼることがわかっており、イベリア半島の個体群は別種 Cyanopica cooki となる可能性が示唆されている。この事実が明らかになるまで、本種の特異な隔離分布は長らく謎とされており、15世紀の南蛮交易船が日本からイベリア半島へ持ち帰ったという珍説まであった。
なお、日本では分布を狭めており、1970年代までは本州全土および九州の一部で観察されたが、1980年代以降西日本で繁殖は確認されておらず、留鳥として姿を見ることはなくなった。現在は本州の福井県以東、神奈川県以北で観察されるのみとなっている。わずか10年足らずで西日本の個体群が姿を消した。原因はまったくわかっていない。ただし、九州の個体群については近年になって分布を拡大し続けているカササギとの競争に敗れたという説がある。このように分布域を狭めてはいるが、東日本に残された群の個体数は減少どころか増加の傾向にある。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
オナガ(尾長)
ササゴイが繁殖している公園ではオナガもよく見られました。

(1) 最近、あまり出会えていないオナガに出会えました。
P1330844.jpg



(2) 上から写すと背中の淡いブルーがとても綺麗です。 偶々低いところにいたので背中を撮影出来ました。
P1330848.jpg



(3) ベンチでお休みでしょうか^^。
P1330854.jpg



(4) 大木の上の方で出入りが見られました。営巣しているのかも知れません。
P1340315.jpg

オナガ:全長37cm、キジバトより大きいカラス科の留鳥。
カラスの仲間だけに声はだみ声ですが、姿は流麗で美しいと思います。
国内での生息域は以下のように不思議な状況にあります。 ここを参照しました。
『国内では、1970年代までは本州と九州に留鳥として生息していたが、1980年代には西日本での繁殖記録が全くなくなり、急に姿が見られなくなった。この原因はわかっていません。
 現在、日本海側は石川県以北、太平洋側は、神奈川県以北、内陸部は長野県以東で見られ、これらの地域ではむしろ増加しているとのこと。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.