ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
バンの親子
今日は、バンの親子の登場です。

(1) 大きな池の対岸に赤いクチバシが特徴のバンの成鳥。
P1250004.jpg



(2) 成鳥の後方に頭に毛がないヒナの姿が見えます。
P1250006.jpg



(3) 親が先を行き、ヒナが右端です。
P1250011.jpg



(4) 更に離れたところには、もう少し大きくなったヒナが二羽。 無事に大きくなってくれるといいですね。
P1250013.jpg

バン:全長32cm、キジバトと同大のクイナ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『オセアニアを除く全世界の熱帯、温帯に広く分布し、中央アジアや沿海州、アメリカ東部などで繁殖したものは冬には暖地へ移動する。
日本では東日本では夏鳥で、西日本では留鳥となる。
分布域が広く、地域ごとにいくつもの亜種に分かれている。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
バンやサギなど
葛西臨海公園の7回目の今日は最終回で、バンなどの登場です。

(1) 沢山のカニが見ている前で、バンが餌捕りしていました。(下ノ池)
P1130111.jpg



(2) アオサギの幼鳥とカルガモのツーショット。(上の池)
P1130012.jpg



(3) 下ノ池には数羽のコサギが集まっていました。
P1130126.jpg



(4) アオサギ成鳥が、深いところで魚捕り。
P1130130.jpg



(5) 名前不詳の黄色っぽいトンボ。
P1130137.jpg



(6) 盛りを過ぎたオニユリだと思います。
P1130135.jpg

これで葛西臨海公園を終わります。
最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
バン、オオバンなど
昨日の石神井公園の続きです。

(1) バンの成鳥、クチバシから額にかけて真っ赤。
PA242731.jpg



(2) 一方、幼鳥は、全体的に褐色味があり、足は緑っぽさが目立ちます。
PA242770.jpg
バン:全長32cm、キジバトと同大のクイナ科の留鳥又は漂鳥。



(3) こちらはオオバンの成鳥、クチバシから額にかけて白さが目立ちます。 真っ赤なバンとは対照的です。
PA242729.jpg
オオバン:全長39cm、バンより一回り大きいクイナ科。東北地方北部以北では夏鳥、それより南では留鳥又は冬鳥。



(4) 蓮池では、アオサギが物色中。
PA242767.jpg



(5) そしてカワセミも姿を見せてくれました。 逆光で目が出ません(^_^;。
PA242758.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
バン(鷭)
今日は、同じ浮間公園で出会ったバンさんに登場してもらいました。

(1)カイツブリさんの巣から少し張られた場所に、赤いくちばしのバンさんが卵を温めているようでした。
P6278107.jpg



(2)バンさん、突然頭を上げたと思ったら、カルガモさんが傍に来ていました。
P6278111.jpg




(3)今度は、バンさんの前でカルガモさんが水浴びを始めました。
P6278115.jpg




(4)近くにカルガモさんが来てどうも落ち着かない様子でしたが、無事に孵化するといいですね。
P6278121.jpg




(5)こちらは水際まで来ていたバンくん、恐らく抱卵しているメスさんの旦那さんではないかと思います。
P6278098.jpg
この公園は、都内にあって、人出が多く、中には餌やりする人もいるので鳥さんも人馴れしているように見えました。

最後までご覧いただきありがとうございます。
バン(鷭)
今日は、最近オオバンさんに押されて影の薄いバンさんに久しぶりに登場願いました。

(1)都内の浮間公園で出会ったバンさん、額がとても赤く、印象的です。
P3184480.jpg



(2)最近はどこの水場でもオオバンさんの数が増加し、バンさんに出会う機会が減っていると思います。
P3184571.jpg



(3)この公園でも、オオバンさんが多く群れをなしています。 真ん中のオオバンさんの右上は希少種のオオホシハジロ(メス)さんです。
P3184527.jpg



(4)こちらは入間川で出会ったバンさん、額が赤くなく、若鳥でしょう。
P3274802.jpg

バン:全長32cm、キジバトと同大のクイナ科の留鳥又は漂鳥。
Wikiによると、 青森県、福島県、埼玉県、千葉県、滋賀県では準絶滅危惧(NT) に指定されているとのこと。
一方、オオバンですが、 埼玉県は絶滅寸前(絶滅危惧I類、CR)の指定を受けているとWikiに記載されていました。
ここをクリックして下さい。
私が、観察した限り、埼玉県でオオバンはかなりよく出会う鳥さんであり、絶滅危惧種というのは違和感があります。
皆様のフィールドでは如何でしょうか?



(5)稲荷山公園の斜面に咲くカタクリ。
P3274811.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

なお、拙きブログに拍手の応援頂き とても励みになり、感謝申し上げます。
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.