FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
202008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202010
ツバメの子育て
商店の軒先では8月に入ってもツバメが子育てしています。

(1) 4羽のヒナが親がいなくても口を開けておねだり。(8月1日撮影)
P1040121a.jpg



(2) 親が来てもあっという間に餌を当てて飛び去って行きます。
P1040122a.jpg



(3) 3日後の8月4日には大分大きくなっていて、むやみに口を開けていません。
P1430165a.jpg



(4) 親が来ると一斉に大きな口を開きます。 親鳥のご苦労に頭が下がります。
P1430167a.jpg
ツバメは、9月後半から10月頃には南へと旅立つので、この時季の子育ては最後の方でしょう。




おまけは、我が家の植物。
(5) カノコユリ
P1430157a.jpg



(6) ブルーベリー、もう大分収穫しました。
P1430158a.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。
スポンサーサイト



ツバメ(燕)親子のひと時
4月27日の記事で、今年も近所にツバメが営巣しそうと記しましたが、その後全く来なくなってしまいました。どうしたのでしょう?
最近、役所の軒先で営巣しているのを見かけ先日短時間ですが撮ってみました。

(1) 訪れたときは親と一羽の姿が見えました。
P6084029.jpg



(2) 親は、お疲れなのか大あくび。
P6084036.jpg



(3) あくびに反応したのかヒナが大口を開けました。でも食べ物はないのでそのまま。
P6084038.jpg



(4) 再び親が大口を開けました。 子育てで余程苦労されているようですね。
P6084048.jpg



(5) どうもヒナは一羽しかいないようです。普通は数羽いると思うのですが、どうしたのでしょう。
P6084049.jpg



(6) 親は出動準備。 この間30分程親はヒナと一緒でした。
P6084053.jpg



(7) ヒナが叫んでいるようです。
P6084054.jpg



(8) 暫くすると、親が飛来しました。
P6084066.jpg

この写真の3日ほど前、近くにカラスがやって来たのを、夫婦共同で追い払っているのを見ました。
圧倒的に小さいツバメが、カラスの近くを猛スピードで飛行し威嚇している様子で、カラスは仕方なく飛んで行きました。
ヒナのためなら強敵にも果敢に向かっていきます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
ツバメの巣材集め
田んぼでツバメが巣材集めをしていたので、頑張って撮ってみました。

(1) 一本のワラを咥えたツバメ。
P4211458.jpg



(2) 上手く飛び立ちが撮れたか。 顔が見wません^^;。
P4211460.jpg



(3) ワラを咥えての飛翔が撮れました。
P4211461.jpg



(4) こちらは二羽。
P4211464.jpg



(5) 別々に飛び立ち、一羽はこっちに向かってきます。
P4211472.jpg



(6) 口に何かを咥えています。
P4211473.jpg



(7) 横向きになって咥えているものが見えます。 ワラと土のようです。
P4211474.jpg



(8) 1回にくわえて運ぶ量は少ないですが、凄い回数運んで巣を作るんですね。
P4211475.jpg

ツバメは、ワラ、土、そしてツバメのつばをこね合わせて、日本の伝統的な土壁のような強い構造に仕上げます。凄いことです。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
ご近所のツバメ
ご近所の玄関に毎年のようにツバメが営巣しています。今年もやってきました。

(1) 二羽で飛び回っていますが、時々電線にとまって休憩。
P4211408.jpg



(2) 毎年やって来るツバメは同一個体と言われています。
P4211410.jpg



(3) 東南アジア方面からの長距離を間違えることなく同じ家に来るというのは地理がしっかり頭に入っているんでしょうね。
P4211413.jpg



(4) 前年の壊れかけた巣に二羽が…。一瞬の交尾だったのかも。
P4211414.jpg



(5) 残った方もすぐに飛び立って行きました。 上手く巣作りしてヒナが生まれるのを期待しています。
P4211415.jpg

ツバメ:全長17cm、スズメより大きいツバメ科の夏鳥。
Wikiによると、日本で繁殖するツバメの主な越冬地は台湾、フィリピン、ボルネオ島北部、マレー半島、ジャワ島などとのこと。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
ツバメ(燕)
昨日の伊佐沼の続きで、ツバメ(夏鳥)の登場です。
強風の中、沢山のツバメがビュンビュン飛んでいたので、撮影にチャレンジしてみました。
なかなか画面の中心に来ず、又ピンボケを量産。全てトリミングありです。

(1) 水面の玉ボケがきれいに見えました。 
P3240138.jpg



(2) 尾羽の白い模様が印象的。
P3240180.jpg



(3) 後姿になってしまいました。
P3240184.jpg



(4) 目に光が入りません^^;。
P3240222.jpg



(5) ようやく目に光が入りました。
P3240292.jpg



(6) 後ろ姿が多かったです。
P3240333.jpg

ツバメ:全長17cm、ホオジロと同大のツバメ科の夏鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『北半球の広い範囲で繁殖する。日本では沖縄県でも繁殖する。
日本で繁殖するツバメの主な越冬地は台湾、フィリピン、ボルネオ島北部、マレー半島、ジャワ島などである。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.