ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
電線にて
関東地方は、曇り又は雨の天候が続いています。
鳥さんもなかなか出てきてくれません。

(1) そんな状況ですが、巣立ったツバメの幼鳥約十二羽が田んぼの上に張ってある電線にとまっていました。
P1130216.jpg



(2) この二羽は仲良しなのでしょう、くっ付いていました。
P1130219.jpg



(3) 左の子が突然飛び出しました。
P1130221.jpg



(4) こちらを睨んでいる仔もいました。
P1130223.jpg



(5) 一方、こちらは羽繕いに余念がありませんでした。
P1130227.jpg
電線にとまっているツバメの幼鳥、其々が思い思いに休憩し、見ていて飽きません。



(6) 近くにはセグロセキレイが飛んできました。
P1130228.jpg

電線は、鳥さんにとって格好の休憩所になっています。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
ツバメの二番子
この春、身近な場所にツバメが営巣してくれないので、なかなか子育てが撮影できませんでした。
最近、近くの公共の建物で子育てしているのに出会いました。 今の時季は二番子でしょう。

(1) 五羽のヒナがすくすくと育っていました。
P1000793.jpg



(2) 一羽はもう巣からはみ出ていました。 またすぐに戻りましたが。 巣立ちが近いのでしょう。
P1000808.jpg



(3) 親鳥はヒナの口深くまで餌を運び入れています。 トンボなどが多いようです。
P1000812.jpg



(4) またすぐに親鳥が戻ってきました。
P1000820.jpg



(5) 今度は右から二番目の仔に与えました。
P1000821.jpg



(6) 「また持ってくるよ、少しの間待っていてよ!」
P1000823.jpg
(コンデジにて撮影)
親鳥は、息つく暇もなく、ヒナに餌を与えていました。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
ツバメ(燕)の家族
この時季、ツバメのヒナたちが続々とデビューしています。
今日は、近くの電線にとまった七羽のツバメ家族の登場です。

(1) こんな様子でとまっていました。 この二羽はクチバシが黄色い幼鳥です。
P1120740.jpg



(2) こちらの二羽、左が幼鳥、右が親だと思います。
P1120760.jpg



(3) 幼鳥が突然口を開けておねだりです。
P1120764.jpg



(4) もらえないと分かったのか飛び出して、近くへ移動しました。
P1120769.jpg



(5) 親鳥は悠々と羽を広げてのストレッチ。
P1120747.jpg



(6) 別の幼鳥は、足で搔き搔き。 また別の幼鳥は居眠りをしているのもいました。
P1120756.jpg

ツバメ:全長17cm、スズメより大きいツバメ科の夏鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『北半球の広い範囲で繁殖する。
日本では沖縄県でも繁殖する。
日本で繁殖するツバメの主な越冬地は台湾、フィリピン、ボルネオ島北部、マレー半島、ジャワ島などである。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
里山散歩(上)
今日は、地元の里山散歩で出会ったものたちを紹介したいと思います。

(1) ツバメが水枯れした子供の遊び場で巣材集め中。
P1000708.jpg



(2) 口一杯藁のようなものを咥えて飛んで行きました。
P1000711.jpg
最近、 今まで来ていた巣に戻ってこないことが多く、ツバメが減少しているように感じます。


(3) アジサイの葉の裏にハチが巣を作っています。
P1000715.jpg



(4) 部屋が5個くらい出来ていました。これからどんどん大きくなっていくでしょう。
P1000717.jpg



(5) ベニシジミが小さな花の蜜を吸っていました。
P1000723.jpg



(6) また、アゲハチョウは湿った土の水分を吸収しています。
P1000728.jpg



(7) 田んぼわきのガクアジサイが見頃を迎えています。
P1000730.jpg

明日も続きます。
最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
ツバメ(燕)兄弟
相変わらずうっとうしい梅雨空が続いています。
そんな天候ですが、ツバメさんの幼鳥が親と一緒に行動しています。

(1)電線に数羽のヒナがとまっていたところ、突然一羽が大口を開けて隣の兄弟に「エサを頂戴」とおねだり。
P7228814.jpg
右の子は親から大きなトンボをもらいました。



(2)右の子は、「大変だ、早く食べなければ」と右方向へ移動。
P7228816.jpg



(3)左の子が更に迫っていきました。
P7228817.jpg



(4)右の子、「このトンボ、ボクには大き過ぎるけど早く食べないと食べられちゃうよ」と少々焦り気味(笑)。
P7228825.jpg



(5)「ようやく口に入ってよかった!!」 「そこの人、何を見ているの。」と叱られてしまいました。
P7228831.jpg

兄弟におねだり姿が見られました。

最後までご覧いただきありがとうございます。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.