ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
霧ヶ峰・八島湿原
八千穂高原を訪れた翌日、霧ケ峰高原の八島湿原に行きました。

(1)まだ朝靄が残る早朝の八島湿原、八島が池が見えます。 ここは標高が約1600mの高原。
P7121532.jpg



(2)八島が池近くにはニッコウキスゲが咲き出していましたが、早朝はあまり開いていません。
P7121538.jpg



(3)色々な花が咲いていました、これはハクサンフウロ。 虫に食われたのか穴あき状態。
P7121534.jpg



(4)最初に出会った鳥は、ホオアカ(頬赤)さん、すぐに茂みに隠れてしまいました。
P7122298.jpg



(5)この湿原では、鳥はホオアカさんが一番よく見られました。
P7122337.jpg
ホオアカのさえずっている姿を撮ろうと、木道を急ぎ足していたら、誤ってすき間に片足が入ってしまいました(ノ_・。)。
幸い怪我がなくて済みましたが、気を付けないといけませんね。




(6)綺麗な声で囀っている姿をあちこちで見られました。
P7122339a.jpg

ホオアカ:全長16cm、スズメより大きくホオジロより小さい留鳥又は漂鳥。
      主に山地の高原で繁殖。

明日も続きます。
最後までご覧頂きありがとうございます。
スポンサーサイト
ホオアカ(頬赤)
奥日光シリーズの第5回は、ホオアカ(頬赤)さんです。

(1)戦場ヶ原近くの畑で、採餌しているホオアカさんに出会いました。
P5186941.jpg



(2)名前は、頬赤ですが、頬はあまり赤くはなくてむしろ茶色っぽいと思います。
P5186914.jpg



(3)私の地元では、ホオジロさんにはよく出会いますが、ホオアカさんはめったに見られない鳥さんです。
P5186945.jpg



(4)ホオジロさんと似ていて、餌を探す時は地上に降りることが多いようです。
P5186948.jpg

ホオアカ:全長16cm、ホオジロより少し小さいホオジロ科に分類される留鳥又は漂鳥。
      
最後までご覧頂きありがとうございます。
ホオアカ
昨晩、こちらでは大雨。
しかし、今朝は晴天、目まぐるしく変わる天気です。


P6031588b.jpg
昨日、地元で「ホオアカ」を初見、初撮。
かなり遠く、双眼鏡では「ホオジロ」かと勝手に思い、2枚撮ってやめてしまった。
PCで見たら、何と「ホオアカ」らしいのでいろいろ調べたらやはりそうだ。
従って大幅にトリミングしています。
やはり、ちゃんと確かめないといけないですね(泣)。
図鑑によると、「スズメより大きく、ホオジロより小さい、留鳥、漂鳥として九州以北に生息し、関東地方以南で越冬する」、とあります。
何だかひょうきんな顔ですね。




以下はおまけ。
地元の里山風景の一端です。
P1040420.jpg
たんぽぽ、水田、そして麦の秋。




P1040438.jpg
田植えを控えた水田に白詰草 (しろつめくさ)。




P1040436.jpg
青空が美しかった。


なお、今日6月4日は、虫歯予防デー(語呂合わせ)。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.