FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
202102<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202104
オニヤンマ、コオニヤンマ及びギンヤンマ
今日は、近くのハス池や林道で出会ったトンボの登場です。

(1) 林道の縄張りをパトロールしていたオニヤンマがとまってくれました。オニヤンマ科で、やはり大きいです。
P8216490.jpg



(2) 左右の複眼がくっ付いています。
P8216489.jpg



(3) こちらはコオニヤンマ、オニヤンマより少し小さいサナエトンボ科の仲間です。
P8116246.jpg



(4) 左右の複眼が離れていることからオニヤンマと区別できます。
P8116245.jpg



(5) ギンヤンマの交尾が見られました。 上の腹が青いのがオス、下がメスです。
P8186450.jpg



(6) 交尾したまま飛んでいました。
P8186451.jpg



(7) これはハスの蕾にとまったシオカラトンボ。
P8216469.jpg



(8) 白いハスに花にハチが来ていました。 ハスにも蜜があるんでしょうか。
P8216485.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。
スポンサーサイト



ショウジョウトンボ(猩々蜻蛉)
最近、2キロ程の所に新たに公園が出来、そこにハス池が作られたので行ってみました。

(1) まだ花が咲いていました。
P8186464.jpg



(2) 真っ赤なトンボ、ショウジョウトンボ♂、数匹は飛んでいました。
P8186460.jpg



(3) 羽以外は全身真っ赤です。この赤が架空の怪物“猩猩(しょうじょう)” の赤を思わせることから名付けられたそうです。
P8216475.jpg



(4) オスが真っ赤なら、メスはどうかというと、黄金色に輝いているように見えます。 なお、これは未成熟の可能性があります。
P8186453.jpg



(5) ハスの花にとまってくれました。 こっちの方がより黄金色っぽいです。
P8186455.jpg



(6) 上とは別個体の正面顔。
P8216478.jpg

赤トンボに比べると少し大きくて、赤色がどぎつく感じます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。
コフキトンボなど
最近であったトンボを紹介したいと思います。しかしトンボについては識別に自信がありません。間違いなどご指摘頂けると助かります。

(1) ハス池で出会った「コフキトンボ♂」
P6265013.jpg



(2) シオカラトンボに似ていますが、少し小さいです。
P6265014.jpg



(3) こちらは「コフキトンボ♀」、帯があって帯トンボとも呼ばれるそうです。
P6265018.jpg



(4) 翅に茶色の帯があり、これだけ見るとミヤマアカネのようですが、身体が全く違います。
   図鑑やネットで調べるとコフキトンボ♀のようです。これが分かって、近くにいた(1)もコフキトンボオスと合点が行きました。
P6265019.jpg



(5) ハグロトンボ♂
P7035149.jpg



(6) 翅を開くと茶色の筋が見えます。
P7035148.jpg



(7) ハグロトンボ♀
P7035150.jpg



(8) 庭に来て、手に載せても飛ばなかったトンボ、サナエトンボの仲間と思いますが分かりません^^;。
P7035104.jpg

私にとってトンボの識別はハードルが高いです。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
トンボ
近くの公園の池へ出かけた所トンボが沢山飛んでいました。

(1) この池で1年中過ごすのはカイツブリのカップル。 まだ繁殖活動は見られません。
P6174350.jpg



(2) 珍しくとまったコシアキトンボ(腰空蜻蛉)。
P6174356.jpg



(3) 沢山のコシアキトンボが池の淵を行ったり来たり飛んでいました。
P6174316.jpg



(4) 二匹の飛行。 腰の部分が白く空いているように見えるのでその名が付けられたそうです。
P6174334.jpg



(5) 羽が欠けた個体。
P6174337.jpg



(6) シオカラトンボ、羽がボロボロです。
P6174336.jpg



(7) こちらはコオニヤンマ。
P6174362.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
ニホンカワトンボ
最近近くの薄暗い林で二ホンカワトンボに出会うことが多くなりました。
そこで、今日は出会ったニホンカワトンボ紹介したいと思います。

(1) 翅が透明型の二ホンカワトンボ、縁紋が白いのは未成熟又はメスと思われます。
P5082182.jpg



(2) こちらも翅が透明型で縁紋が茶色、オスと思われます。
P5082186.jpg



(3) 翅が透明、縁紋が白、未成熟かメスと思われます。
P5082202.jpg



(4) 翅も縁紋もオレンジのこちらはオスと思われます。
P5082203.jpg



(5) 翅は透明型、縁紋は白、未成熟かメスと思われます。
P5082207.jpg



(6) 翅も縁紋もオレンジのオスと思われます。
P5092229.jpg



(7) (5)と同様に翅は透明型、縁紋は白、未成熟かメスと思われます。
P5092240.jpg

図鑑やネットで調べてみましたが、何分素人なので間違っている可能性があります。ご指摘頂けると有難いです。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.