ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
メダイチドリ(目大千鳥)
谷津干潟の第5回目は、メダイチドリ(目大千鳥)さんです。

(1)メダイチドリさんの群れが一か所に降りてきました。 オレンジ色が目につきます。
P5056054a.jpg



(2)殆どが赤っぽい夏羽に変わっていましたが、奥に個体は赤味が少なくてまだ冬羽から夏羽への移行中のようです。
P5056056a.jpg



(3)冬羽のダイゼンさんとのツーショット。
P5056084a.jpg
全長は、ダイゼンが29cmに対しメダイチドリは19cm。


(4)こちらはハマシギさんとのツーショット、ちなみにハマシギさんは全長21cmとメダイチドリより2cm大きいです。
P5056162a.jpg



(5)最後に飛び出しのサービスを見せてくれました。
P5056095a.jpg

メダイチドリ:全長19cm、モズより少し小さいチドリ科の旅鳥。
        春と秋に日本の干潟、海岸などに旅鳥として飛来する。関東以南では越冬個体もいるとのこと。
     
最後までご覧頂きありがとうございます。

なお、拙きブログに拍手の応援頂き とても励みになり、感謝申し上げます。
スポンサーサイト
メダイチドリ(目大千鳥)
千葉県船橋三番瀬シリーズ6回目の今日は「メダイチドリ(目大千鳥)」さん。

(1)メダイチドリさん、砂の中からゴカイを見つけ出しました。
P8024057.jpg
ゴカイは魚釣りの餌に使われます。


(2)突進してきた子がいたのですわっと飛び上がりました。
P8024058.jpg



(3)どうやら無事に着地し食べられたようです。
P8024059.jpg



(4)こちらではメダイチドリさんが咥えたゴカイを狙っている子がいるので慌てて歩いています。
P8023891.jpg



(5)ウミネコさんも誤解を狙っているようですが…。
P8023894.jpg
メダイチドリ、ゴカイが大好物なんですが油断すると撮られてしまうので早足で逃げ回っている光景があちこちで見られました(笑)。



(6)ちどり足の見本のような足の運びが見られました。
P8023792.jpg
メダイチドリ;全長19cm、モズより少し小さい旅鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『ユーラシア大陸中東部で局地的に繁殖し、冬期はアフリカ東部、中東、東南アジア、オーストラリアへの渡りをおこない越冬する。
日本では、旅鳥として春と秋の渡りの時期に全国的に渡来する。関東地方以西では、少数が越冬する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。
メダイチドリ(目大千鳥)
今日は、東京港野鳥公園の干潟で出会ったメダイチドリさん。

(1)カルガモさんとシロチドリさんがいる干潟に数羽のメダイチドリさんがやって来ました。
P8030222.jpg
左下から右上に向かって、シロチドリ、メダイチドリ、カルガモ。


(2)こちらは、二羽のソリハシシギさんの近くでじっとしていました。
P8030242_1.jpg
メダイチドリは冬羽に移行中で、赤味が大分失せていました。


(3)やはりカルガモさんはとても大きいです。
P8030247_1.jpg



(4)ソリハシシギさんと並んでのツーショット。
P8030255_1.jpg
全長は、ソリハシシギ23cm、メダイチドリ19cmとのことですから、ソリハシシギのクチバシの長さが効いています。


(5)カニさんを見つめるメダイチドリさん、こんなに大きなカニさんは食べられないと思います。
P8030333.jpg

メダイチドリ:全長19cm、シロチドリより大きく、ムクドリより小さい旅鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。
メダイチドリ(目大千鳥)
谷津干潟の鳥さん、今日はメダイチドリ(目大千鳥)さんです。

(1)約40羽の群れで谷津干潟にやって来ました。
P4204909.jpg



(2)干潟上を数回旋回した後、降り立ちました。全長19cmの鳥さんですが、干潟に降りると目立たなくなります。
P4204934.jpg
双眼鏡から目を離すと、再び見つけるまでにちょっと時間を要します。


(3)下が成長でダイダイ色が目立ちます。上の色が薄いのは幼鳥かメスだと思いますがどうでしょう?
P4204938.jpg



(4)干潟でゴカイを見つけひっぱり出しました。
P4204957.jpg



(5)長いゴカイをあっという間に食べてしまいました。
P4204961.jpg



(6)右の幼鳥さん、ゴカイを咥えましたが、左の成鳥さんが狙っているみたいに見えますが…。
P4204966.jpg

メダイチドリ(目大千鳥):全長19cm、イソシギより少し小さい旅鳥。
             和名の由来は目の大きいチドリからのようですが、実際に目が大きいようには見えないのですが…。
             なお、学術名はCharadrius mongolusといい、モンゴルが主な繁殖地であることを示しています。

最後までご覧頂きありがとうございます。
三番瀬(千葉県船橋市)
先日、東京湾の一角にある三番瀬(千葉県船橋市)に鳥見に行きました。

(1)砂浜に見える白い点々は羽を休めているコアジサシの群れです。3羽のダイサギも見えます。
P1060684.jpg



(2)一方、こちらはウミネコの群れ。
P1060687.jpg



(3)メダイチドリさんが水中で食べ物を探しています。
P8045599.jpg



(4)何やら赤くて細いものをひっぱり出してきて、食べてしまいました。
P8045600.jpg



(5)こちらではメダイチドリさんの水浴びが始まりました。
P8045618.jpg



(6)何やら叫んでいるみたい!!
P8045619.jpg

内陸部の平地では鳥が少ないですが、海辺に行くと沢山の鳥さんに出会えます。

特にこの三番瀬は、ゴカイ、カニ、貝、魚がたくさん生息しており、これらを食べ物とするシギ、チドリ、カモメ、カワウ、カモなどたくさんの水鳥がやってくることで有名です。
しばらく三番瀬シリーズを続けたいと思います。

埼玉は、日本でも有数の暑い所です。昨日から猛暑がぶり返しました。

熱中症にお気を付け下さい。

最後までご覧頂きありがとうございます。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.