FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
202102<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202104
トウネン(当年)とサギ
伊佐沼には、トウネンというシギの仲間も来ていました。

(1) 船橋三番瀬では群れで見たことがありますが、ここでは単独でした。
P9247426.jpg



(2) 掻き掻きや羽繕いなど。
P9247427.jpg



(3) ウオーミングアップ。 羽がもこもこで可愛いです。 スズメより少し大きい程度ですが旅鳥として長距離を移動します。
P9247429.jpg



(4) 沼の一角には、シギが沢山集まっていました。 食べ物が沢山あるのでしょうか。
P9247249.jpg



(5) クチバシが黄色く大きいのがダイサギ、黒いクチバシで小さいのがコサギと思います。 
P9247251.jpg



(6) おおよそ合計で50羽くらいはいたように思います。
P9247253.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。


スポンサーサイト



トウネン、イソシギ、イカルチドリなど
昨日の続きで、伊佐沼で出会ったトウネンなどの登場です。

(1) トウネン、シギの仲間では最小の15cm、スズメと同じくらいで可愛いです。
P9147009.jpg



(2) 干潟で餌を探していますが、単独です。 小さな体で、シベリアで繁殖し、東南アジアやオセアニアで越冬という長距離移動します。
P9147010.jpg



(3) 羽繕いの様子、羽が浮き上がって、その模様が綺麗に見えます。
P9147003.jpg



(4) イソシギ、シギの仲間で全長20cm、留鳥又は漂鳥で渡りをしません。こちらも単独行動しています。
P9146996.jpg



(5) 足に凄い泥を付けて歩いています。名前は磯鷸ですが、磯に多くなく、川原や湖水など内陸に多く生息しています。
P9146969.jpg



(6) イカルチドリが沢山いました。 チドリの仲間で全長21cmの留鳥又は漂鳥。
P9146975.jpg



(7) こちらはコチドリかな、干潟に生息する小さな生き物を食べるんでしょう。お口に泥が沢山付いています。
P9146981.jpg



(8) 白い冬羽に変わったアマサギもいました。
P9146970.jpg



(9) こちらは、羽を開いておかしな格好になったダイサギ、羽を乾かしているのか? アオサギはよくこの格好をしています。
P9146992.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。
トウネン(当年)
伊佐沼には、渡りの途中に立ち寄ったトウネンも来ていました。

(1) 水辺で二羽のトウネンが忙しく動き回っていました。
P1370133.jpg



(2) 三番瀬では群れでいることが多いですが、ここでは二羽のみ。
P1370137.jpg



(3) 干潟の泥にkチバシを突っ込み…。
P1370140.jpg



(4) 何やら獲物を捕まえました。
P1370141.jpg



(5) トウネンは、全長15cm、スズメより少し大きい程度ですが、夏シベリアで繁殖し、冬東南アジアやオーストラリアで越冬する渡り鳥です。
   日本には旅の途中で一休みしていきますが、小さな体で長距離の渡りをする凄い体力があるんですね。
P1370143.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
トウネン(当年)
今日は、埼玉県川越市にある伊佐沼で出会ったトウネンを紹介したいと思います。
シギの仲間は数多いですが、その中にスズメくらいの小さな鳥、トウネンとその仲間がいます。

(1) 水辺で採餌に余念のないトウネン。 全長15cm、スズメより少し大きい程度です。
P1150828.jpg



(2) こんな小さな鳥が、夏にシベリアで繁殖し、冬は豪州などへと長距離の渡りをします。
   日本には渡りの途中のオアシスとして立ち寄ります。
P1160009.jpg




(3) この時には、ヨーロッパトウネンと行動を共にしていました。 下がトウネン、上がヨーロッパトウネン。
P1160015.jpg
ヨーロッパトウネンの背中にはV字模様が見えます。このヨーロッパトウネンについては明日紹介予定です。



(4) 疲れたのか地べた座りをしてしまいました。 
P1160074.jpg



(5) 昆虫、ゴカイ類、小型甲殻類などを食べるそうですが、ここには何がいるのでしょう?
P1160120.jpg

トウネンの生息域についてWikiには次のように記されています。
『夏にシベリア北東部やアラスカ北西部のツンドラ地帯で繁殖し、冬は東南アジアからオーストラリア、ニュージーランドにかけての地域で越冬する。
日本では春と秋の渡りの途中で立ち寄る「旅鳥」として、全国に渡来する。
小型シギの中では最も普通に見ることが出来る。九州以南では越冬する個体もある。』

明日も続きます。
最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
トウネン(当年)
船橋三番瀬、2回目の今日は「トウネン」の登場です。

(1) 三羽のトウネン、干潟になって現れた海藻の上で採餌。 全体的に淡い色なので幼鳥の可能性が大と思います。
P1130785.jpg



(2) この三羽、一緒に行動していました。 とても仲良さそうです。
P1130795.jpg



(3) 三羽が同じようにクチバシを砂の中に突っ込んで餌を探しています。
P1130796.jpg



(4) 食べ物を捕まえたようです。何を食べているのか気になりますが、分かりません。
  図鑑によると、「甲殻類や貝類などの幼生を食べる」と記されています。
P1130858.jpg

トウネン:全長15cm、スズメより少し大きいシギ科の旅鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『夏にシベリア北東部やアラスカ北西部のツンドラ地帯で繁殖し、冬は東南アジアからオーストラリア、ニュージーランドにかけての地域で越冬する。
日本では春と秋の渡りの途中で立ち寄る「旅鳥」として、全国に渡来する。
小型シギの中では最も普通に見ることが出来る。九州以南では越冬する個体もある。』
なお、名前の由来はWikiによると『「今年生まれたもの」という意味で、今年生まれた赤子のごとくからだが小さいことに由来している。』とのこと。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。


copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.