ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
オオソリハシシギ(大反嘴鴫)
今日は、三番瀬で出会った中ではクチバシが長い方のオオソリハシシギくんの登場です。

(1) 浜辺でオオソリハシシギくんが三羽が採餌中、大きい鳥はウミネコの幼鳥だと思います。
P9010526.jpg
名前のようにクチバシが上に反っています。



(2) こちらは、ミユビシギくんと一緒に一羽でいました。
P9010522.jpg



(3) 長いクチバシを目いっぱい差し込みました。
P9010499.jpg



(4) 小さな獲物が捕れたのでしょうか(;´Д`)。
P9010500.jpg



(5) どうやらゴカイを捕まえて急ぎ足、あっという間に飲み込みました。
P9010533.jpg

オオソリハシシギ:全長39cm、アジサシよりも大きいシギ科の旅鳥。
今回の個体はどれも夏羽特有の赤みがなく、冬羽に変わっているように見えました。
オオソリハシシギは、渡りの調査の結果、1週間で1万キロ以上をノンストップ飛行することが知られています。凄い能力だと思います。
以前にも紹介しましたが、詳しいことはここをクリックしてください。
また、こちらも参考になると思います。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリック頂き感謝します。
スポンサーサイト
オオソリハシシギ(大反嘴鴫)
渡り途中のシギの第2回目は「オオソリハシシギ(大反嘴鴫)」さん。

(1)オオソリハシシギさん、ダイゼンさんやハマシギさんなどと一緒に採餌していました。
P5056123.jpg



(2)胸から胴にかけて赤褐色の二羽はオスくん。
P5056080.jpg



(3)長いクチバシにも関わらず、水中に頭がすっぽり隠れるくらいまで突っ込んで餌を探していました。
P5056082.jpg



(4)この二羽、左の赤褐色が濃い方がオスくん、右の白っぽい方がメスさんだと思います。
P5056138.jpg



(5)アオサギさんが舞い降りて来ても、オオソリハシシギさんは我関せずでお食事に余念がありません。
P5056160.jpg
(被写体までの距離が遠いため画像が鮮明でなくトホホ…。)

オオソリハシシギ:全長39cm、ユリカモメより少し小さいシギ科の渡り鳥。
           8日余りで1万キロもの長距離を飛行することでも知られています。ここをクリックして下さい。

最後までご覧頂きありがとうございます。

なお、拙きブログに拍手の応援頂き とても励みになり、感謝申し上げます。
オオソリハシシギ(大反嘴鴫)
今日は谷津干潟の鳥さんに戻ります。(4月19日撮影)

(1)谷津干潟上空に、ハマシギさんの大群が飛来しました。 詳しい方が1000羽くらいと言っていました。
P4196937.jpg
この日は時々小雨のあいにくの天候でした。


(2)干潟に降り立つ寸前です。
P4196963.jpg



(3)こちらは、オオソリハシシギさんが編隊を組んでやって来たところです。
P4196951.jpg
この日、谷津干潟から近くの三番瀬では潮干狩りが行われ、鳥たちは谷津干潟に避難してきたようです。



(4)干潟に降りて早速採餌するオオソリハシシギさん。 かなり赤味が増し、夏羽に変わって来ています。
P4196975.jpg



(5)まだ海水がひかないところいたオオソリハシシギさん、まだ赤くない冬羽です。
P4196928.jpg



(6)何か手ごたえがありましたが、何をゲットしたのか分かりません。
P4196916.jpg
オオソリハシシギ:全長39cm、旅鳥、名前の通りクチバシが大きく反り返っています。
新聞報道に、その飛行能力について次の通り記載されています。
『1万1千キロも休まずに太平洋を縦断する能力があることが、米地質調査所(USGS)アラスカ科学センターの研究でわかった。
鳥の飛行距離としては最長になるという。英王立協会紀要に発表した
オオソリハシシギは全長約40センチのくちばしの長い鳥で、日本にも飛来する。
チームは、06年と07年、秋にアラスカから越冬地のニュージーランドやオーストラリア東部に南下するオオソリハシシギに発信器をつけ、人工衛星を利用して追跡した。
 その結果、オス2羽は5~6日で約7千キロを、メス7羽は6~9日で8千~1万1千キロを無着陸で飛んでいた。最長距離は07年8月に飛び立ったメスで、8.1日間で1万1680キロを飛んでニュージーランド北部に着いた。』

ほぼ1週間、飲まず食わずで飛行を続けるというのはすごい能力だと思います。
ここでゆっくり羽を休め、英気を養っていって貰いたいものです。

最後までご覧頂きありがとうございます。


オオソリハシシギ(大反嘴鴫)
今日は三番瀬で出会ったオオソリハシシギ(大反嘴鴫)さんです。

(1)オオソリハシシギさんの群れが遠くに降り立ちました。 その上を飛んでいるのはコアジサシさん。
P8241103.jpg



(2)その後、近くにやってきて、採餌を始めました。
P8241127.jpg



(3)前に紹介したソリハシシギさんに比べ、脚とクチバシが長く、かなり大きいです。
P8241121.jpg
ソリハシシギ:23cm、オオソリハシシギ:39cm、


(4)何かに驚いて急に飛び立ちました。
P8241133.jpg
ピンボケで恐縮です;´Д`)


(5)今度はウミネコさんがいる遠くの浅瀬に降り立ちました。
P8241154.jpg

渡りについて、Wikiには次のように記載されています。
『ユーラシア大陸北部からアラスカ西部の北極圏で繁殖し、冬季は、ヨーロッパ西北部からアフリカ、西南アジア、東南アジア、オーストラリアの沿岸部に渡り越冬する。
日本へは旅鳥として春と秋に全国に渡来する。』
今日で、三番瀬についてはこれで終了します。
早いもので9月に入り、今年も残り4カ月になりました。うかうかしていられません(^_^;

最後までご覧頂きありがとうございます。

オオソリハシシギ(大反嘴鴫)
今日は、谷津干潟で出会ったオオソリハシシギ(大反嘴鴫)さんに出演願いました。

(1)谷津干潟に、群れで飛行してきた一隊が舞い降りました。
P5055947.jpg



(2)オオソリハシシギさんを主体とした群れでした。早速餌探しを始めました。
P5055951.jpg




(3)引潮の流れに、長いクチバシを差し込んで貝やゴカイなどを探していました。
P5055979.jpg



(4)近くから見ると、より一層身体全体が赤茶っぽいのが分かると思います。
P5055994.jpg
オオソリハシシギ(大反嘴鴫):全長39cm、チュウシャクシギより少し小さい旅鳥。

東奥日報の2007年4月9日の記事に次のような興味深いことが掲載されていました。
『オオソリハシシギという渡り鳥の一種が、ニュージーランドから中国や韓国まで一万キロ以上を無着陸で飛行することが、米地質調査所や英国の鳥類保護団体、バードライフ・インターナショナルなどのグループによる人工衛星を使った追跡調査で、九日までに確認された。グループによると、これは鳥の無着陸飛行の世界記録だという。』
大きくはないこの鳥が、一万キロ以上の無着陸の旅を成し遂げたのですね。とても凄いことだと思います。


(6)ニリンソウ(二輪草)が少し高い山に咲いていました。
P1100411.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.