FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
ソウシチョウ(相思鳥)
今日は、外来種で篭脱けし野生化したソウシチョウの登場です。

(1) ここは河川敷の森、ソウシチョウが藪の中から池へ。
P1410649.jpg



(2) 水飲みかと思ったら、水浴びでした。
P1410650.jpg



(3) 何秒か分かりませんが感覚的にはあっという間に飛び去って行きました。 カラスの行水と同じかな。
P1410652.jpg



(4) 今度は、同じ篭脱け鳥のガビチョウ(ソウシチョウの2倍以上大きい)の水浴び。
P1410653.jpg



(5) 次には再びソウシチョウのお出まし。激しい水浴び。
P1410659.jpg



(6) クチバシや羽に赤が目立つ派手な鳥さんです。
P1410661.jpg



(7) やっぱり瞬く間に飛び去って行きました。
P1410662.jpg

ソウシチョウ:全長約15cmのスズメほどの大きさの留鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『インド北部、中国南部、ベトナム北部、ミャンマー北部に自然分布。日本、ハワイ等に移入。
日本国内では「かご抜け鳥」とも呼ばれる外来種で、留鳥として住み着いている。
現在、関東、東海、近畿、中国、四国、九州の各地で繁殖が確認されており 、関東では筑波山、近畿では六甲山系、九州では九重山系によく見られる。
なお日本以外ではハワイ諸島で観賞目的で放鳥されたことがある。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
スポンサーサイト



ソウシチョウ&アオジ
今日は、荒川河川敷の森にある池で出会ったソウシチョウとアオジです。

(1) 晴天でも暗い森の中、三羽のソウシチョウ(相思鳥)が水飲みに、撮れたのは一羽のみ^^;。 今季初見です。
P1370952.jpg



(2) 本来は東南アジア方面に生息する外来種、篭脱け鳥として繁殖、夏は山林、冬は平地へ降りてくる。
P1370953.jpg



(3) 全長14-15cmでスズメと同程度の大きさ。 晴天でも暗い場所で本来の美しい色が出ません^^;。
P1370954.jpg



(4) とても警戒心が強く、水を飲むとあっという間に飛んで行ってしまいます。
P1370956.jpg



(5) 今季初見のアオジ♂も現れました。全長16cm、スズメより大きいホオジロ科の留鳥又は漂鳥。
P1370909.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
ソウシチョウ(相思鳥)
今日は、荒川河川敷にある水場で出会ったソウシチョウの登場です。

(1) まず一羽のソウシチョウが水場に現れました。
P1070685b.jpg
緑色、黄色、オレンジ色などが配色された派手できれいな鳥です。



(2) 次いでもう一羽が顔を出しました。
P1070688b.jpg



(3) そしてさらにもう一羽、三羽が揃いました。 仲良さそうです。
P1070703b.jpg



(4) 完全に日陰の場所での方がきれいに見えます。
P1070719b.jpg

ソウシチョウ:全長14cm程度でスズメと同大のかご抜け鳥と呼ばれる外来種。
なお、Wikiによる生息域と名前の由来は下記のとおりです。
『本来は、インド北部、中国南部、ベトナム北部、ミャンマー北部に自然分布。
つがいのオスとメスを分けてしまうとお互いに鳴き交わしをするため、相思鳥の名がついたと言われる。』
綺麗な鳥なのですが、ガビチョウなどと同様「日本の侵略的外来種ワースト100」の選定種の1種となっています。
鳥自体には何の落ち度もないのですが・・・。



(5) この水場にはツグミやヒヨドリなども来ていました。
P1070671b.jpg



(6) 荒川土手には菜の花が咲き誇っていました。
P3120076b.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
ソウシチョウ(相思鳥)
今日は、ソウシチョウ(相思鳥)にお出まし願いました。

(1)恥ずかしいからと言ってそんなところに隠れてないで、出て来てね。
P2128109.jpg
藪の中でカサゴソしていたので、じっと待っていたらようやく姿を見せてくれました。




(2)「皆さん、こんにちは、お元気そうですね、今季ボクは鳥見の方々に注目され嬉しかったですよ、」
P2128127.jpg





(3)「どうも皆さんはボクがこのようにカラフルで美しいのがお気に召したようですね。」
P2128124.jpg




(4)「ここには木の実などの食べ物が沢山あるので嬉しいよ!!」
P2128126.jpg

ソウシチョウは、全長14cm程度でスズメと同程度、輸入されたものが篭脱けなどで繁殖したようです。

かなり数が増えているようで、今冬、結構あちこちで出会いました。

なお、本人には全く責任はないですが、日本の特定外来生物に指定され、侵略的外来種ワースト100にも選ばれてしまっています。



黄色
寒い日が続きますが皆さまお元気ですか。
今日は、新年から始まった色シリーズ第5弾の「黄色」です(^-^)

(1)のどから胸にかけて黄色のこの鳥さんは、「ソウシチョウ」です。
P1014809.jpg





(2)「ボク達は、こういう枯葉の中に落ちている食べ物を探しているんだ。」
P1014818.jpg




(3)「ボク達は皆さんと仲良くしたいと思っているんだよ。きれいに撮ってよ!!」
P1014822.jpg




(4)「だけど、何だかこの写真、粒子が粗くない?」  「ゴメン、遠くて君たちが小さかったからトリミングしたら粗くなっちゃったんだよ(^_^;」
P1014834.jpg

ソウシチョウ、このようにきれいな鳥さんで、漢字では「相思鳥」ですのでラブラブな鳥さんですね。

今季はあちこちで観察されているようです。

この時は、藪の中へ入ったり出たりを繰り返していました。

Wikiによると「インド北部、中国南部、ベトナム北部、ミャンマー北部に自然分布。日本、ハワイ等に移入。

日本国内では「かご抜け鳥」とも呼ばれる外来種で、留鳥として住み着いている。現在、関東、東海、近畿、中国、四

国、九州の各地で繁殖が確認されており…。」とあります。


copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.