FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
シジュウカラ(四十雀)&ゴジュウカラ(五十雀)
埼玉県民の森では、シジュウカラとゴジュウカラにも出会いました。

(1) シジュウカラは数羽の群れで採餌にやって来ました。 長居はせずすぐに飛び立って行きます。
P1390376.jpg

シジュウカラの名前の由来は諸説あるそうで、その一端を記します。ここをクリックしてください。
①「鳴き声に由来するもの」:地鳴きの「チチュチュクチュク」といったような鳴き方を「シジュ」と表したことからシジュウカラになったとされる説。
②「数に由来するもの」:四十(たくさん群れる) 雀(小鳥) になったという説。
なお、少し前に、「シジュウカラが単語を組み合わせて文にし、仲間へ伝達する能力を持つことが明らかになった」という研究結果が報道されましたね。



(2) 一方、ゴジュウカラは単独で行動していました。
P1390498.jpg



(3) シジュウカラは、市街地の公園などでよく見かけますが、ゴジュウカラは市街地では殆ど見かけません。
P1390502.jpg



(4) 名前を見るとシジュウカラと近そうですが、ゴジュウカラ科に属し、見た目も行動もシジュウカラとは近くはないようです。。
P1390504.jpg

ゴジュウカラの名前の由来ですが、有名なのは「むかしは四十歳で初老、五十歳で老人であったので、ゴジュウカラの青みがかったグレーの羽を老人に見立てたことから」とのこと。ここをクリックしてください。

ゴジュウカラ:全長14cm、スズメと同大のゴジュウカラ科の留鳥又は漂鳥。


(5) 東側には堂平山に設置された天体観測所が見えました。
P1390366.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
スポンサーサイト



戸隠森林植物園(4)
戸隠森林植物園の続きで、今日はゴジュウカラ(五十雀)の登場です。

(1) 真上の枝にとまったゴジュウカラ。
P1260579.jpg



(2) 何かの実を咥えているゴジュウカラ。
P1260581.jpg



(3) 別の木に移動しても実はしっかり咥えています。
P1260583.jpg



(4) お得意の逆立ちポーズ。 一体いつ実を食べるんでしょうか。 この後、視界から消えてしまいました。
P1260587.jpg

ゴジュウカラ:全長14cm、ほぼスズメと同大の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてにWikiは次のように記載されています。珍しく国名が事細かく記載されています。
『アゼルバイジャン、アルバニア、アルメニア、アンドラ、イギリス、イタリア、イラク、イラン、ウクライナ、エストニア、オーストリア、オランダ、カザフスタン、ギリシア、キルギス、グルジア、クロアチア、シリア、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、セルビア、大韓民国、チェコ、中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国、ドイツ、トルクメニスタン、トルコ、日本、ネパール、ノルウェー、パキスタン、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベラルーシ、ベルギー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ポーランド、ポルトガル、マケドニア共和国、モルドバ、モンゴル、モンテネグロ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、ルーマニア、ロシア

寒帯と山岳地帯を除くユーラシアに広く分布する。生息地では基本的には留鳥で、渡りは行わない。
日本には3亜種が周年生息する。九州から北海道にかけて分布するが、高地で繁殖した個体は冬季には低地に移動する。』



(5) ゴジュウカラを撮影した付近の風景で、随神門近くでした。
P1030081.jpg



(6) これが随神門、奥に行くと戸隠神社の奥社がありますが、まだ行ったことがありません。
P1030078.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂きありがとうございます。
ゴジュウカラ(五十雀)
奥日光・湯の湖付近の鳥、第2回はゴジュウカラの登場です。

(1) 大きな木に飛来したゴジュウカラ。
P1100873.jpg



(2) 食べ物を捜し歩いて崖っぷちに来ました。
P1100878.jpg



(3) 「何か美味しいものがないかな~。」
P1100885.jpg



(4) 「先を急ぐので失礼します~。」
P1100887.jpg

ゴジュウカラ:全長14cm、スズメと同大のゴジュウカラ科の留鳥又は漂鳥。



(5) ミツバツツジが見頃、平地に比べ一か月以上遅いです。
P1000646.jpg

奥日光、続きます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
ゴジュウカラ(五十雀)
戸隠シリーズ4回目は、ゴジュウカラ(五十雀)、ここで繁殖しているゴジュウカラ科の留鳥です。

(1) 虫がいるのか、ここで盛んにクチバシで突っついていました。
PA222401.jpg



(2) 正面顔、シジュウカラなどに比べ目が小さいですね。
PA222388.jpg



(3) じっくりと虫探しをしていたので、撮る方も慌てずに済みました。
PA222413.jpg



(4) お得意のポーズ。
PA222420.jpg



(5) 紅葉とのツーショット。
PA222424.jpg

ゴジュウカラ:全長14cm、スズメと同大のゴジュウカラ科の留鳥。
Wikiによるとその生息域は次の通りです。
『寒帯と山岳地帯を除くユーラシアに広く分布する。生息地では基本的には留鳥で、渡りは行わない。
日本には3亜種が周年生息する。九州から北海道にかけて分布するが、高地で繁殖した個体は冬季には低地に移動する。』

なお、北海道では、シロハラゴジュウカラが生息し、名前のようにお腹が白いそうです。(私はまだ見たことがありませんが)


(6) 園内は紅葉の真っ盛りでした。
PA220254.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
ゴジュウカラ(五十雀)
戸隠森林植物園の2回目は、ゴジュウカラ(五十雀)さん。

(1)樹木の中程に穴にゴジュウカラさんが出入りしていました。
P5216607.jpg



(2)ヒナは見えなかったのですが、このようにヒナの糞と思われるものを運んでいました。
P5216596.jpg



(3)頭を下にして歩くのはゴジュウカラの特技ですね。
P5216576.jpg



(4)何かを見つけてクチバシを差し出しました。
P5216581.jpg



(5)何か分かりませんが飲み込んだようです。
P5216583.jpg

ゴジュウカラ:全長14cm、スズメと同大の留鳥又は漂鳥。
ここではゴジュウカラを数多く見かけ、営巣しているものも多いようでした。

最後までご覧頂きありがとうございます。

なお、拙きブログに拍手の応援頂き とても励みになり、感謝申し上げます。
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.