ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
アトリ(花鶏、獦子鳥)
今日は、今季出現頻度が高いアトリの登場です。

(1) 公園の芝生で十数羽のアトリが採餌中。 中央の頭が真っ黒いのは夏羽に変わったオスくんだと思います。
P1080476.jpg



(2) 木の枝に三羽の群れ。
P1080461.jpg



(3) 頭が真っ黒い夏羽のオスくん、日が当たって辛うじて目が分かります。
P1080449.jpg



(4) こちらはメスさん、胸から頭にかけてオスに比べ淡い色彩です。
P1080460.jpg



(5) メスさんの正面顔。
P1080459.jpg

アトリ:全長16cm、スズメより大きいアトリ科の冬鳥。
まだいましたが、そろそろ北帰行する頃でしょう、無事帰還して欲しいですね。


(6) ハクモクレンの花、少し傷んでいます。 きれいな花を見つけられませんでした。
P1000091.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
アトリ(花鶏、獦子鳥)
小根山森林公園の3回目はアトリの登場です。

(1) まず、餌場にオスのアトリくん登場。
P1060535b.jpg



(2) 次いでメスさん、にらめっこ。
P1060548b.jpg



(3) 更に、もう一羽のメスさんが登場し、オスくんが追い出そうとしています。
P1060567b.jpg



(4) メスさん、たまらずに避難。
P1060570b.jpg



(5) 三羽のアトリが採餌するところを動画(20秒)でも撮ってみました。


最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
アトリ(花鶏、獦子鳥)&カシラダカ(頭高)の群れ
今日は、地元の林で出会ったアトリとアトリの群れの登場です。
なお、今季は、昨季同様アトリの当たり年でよく出会います。

(1) 20羽くらいのアトリの群れが枯れ葉の中で採餌していました。 これは二羽のオスくん。
P1060335b.jpg



(2) こっちには二羽のメスさん、地味なだけに枯れ葉が保護色になっています。
P1060424b.jpg



(3) 枝止まりした二羽、右の頭が黒い子はオスの成鳥、左は淡い色彩ですが、若いオスでしょうか。
P1060356b.jpg



(4) 上の左の子と同様淡い色彩ですが、顔が黒くないのでメスさんだと思います。
P1060375b.jpg

アトリ:全長16cm、スズメより大きいアトリ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ユーラシア大陸北部の亜寒帯で繁殖し、冬季は北アフリカ、ヨーロッパから中央アジア、中国、朝鮮半島に渡りをおこない越冬する。
日本には冬鳥として秋にシベリア方面から渡来する。
主に日本海より山形県、富山県等に飛来し、それから各地に散らばる。渡来する個体数は年による変化が大きい。』 



(5) アトリの群れにカシラダカが混じっていますが、アトリ以上に見つけ難いです。
P1060429b.jpg



(6) 枝どまりしましたが、日陰の暗いところで光が届きませんね。
P1060314b.jpg

カシラダカ:全長15cm、スズメより少し大きいホオジロ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『スカンジナビア半島からカムチャッカ半島までのユーラシア大陸高緯度地域と、アリューシャン列島で繁殖し、冬季は中国東部に渡り越冬する。
また、中央アジアに渡る個体もある。
日本では冬鳥として、九州以北に渡来する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。

アトリの水飲み
今季、アトリによく出会いますので、3回目の登場になります。

(1) 小川の浅瀬に登場したアトリ、左がオスくん、右がメスさん。
P1115370.jpg



(2) しばらくすると、オスが2羽になりました。
P1115381.jpg



(3) その後、続々と水飲みに現れ5羽に。 (オスが3羽、メスが2羽です。)
P1115389.jpg
やはりメスはオスに比べ全体的に淡い色です。



(4) 水を美味しそうにゴクゴク飲んでいます。
P1115396.jpg



(5) いずれも短時間で引き上げていきました。
P1115398.jpg

アトリ:全長16cm、スズメより大きいアトリ科の冬鳥。
    なお、昨年冬には、栃木県鹿沼市に数万の大群が集まったそうです。ここをクリックしてください。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
アトリ(花鶏、獦子鳥)
今季アトリの当たり年のようですので、今日も登場願いました。

(1) アトリのメスさん、川傍の枝にやって来ました。
PC204679.jpg



(2) 周囲を警戒しながら、水を飲んではすぐに木の茂みへと戻っていきました。
PC204694.jpg



(3) こちらはオスくん、メスさんに比べ全体的に黒の羽色が目立ちます。
PC204727.jpg



(4) やはり水を飲みにやってきました。
PC204707.jpg

「俳句の鳥・虫図鑑」に記載されているアトリを詠んだ句三つを挙げます。
『小苦きもあはれに木曽の獦子鳥かな』 松瀬青々
『斯くも来て斯くもとらるる獦子鳥かな』 松瀬青々
『ちりぢりになる楽しさの花鶏かな』 堀口星眠

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.