ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
荒川にて
旧川本町白鳥飛来地(荒川)で出会ったその他を紹介したいと思います。

(1) 荒川河川敷から西を望むと、秩父の山々、中央奥の台形の山は両神山、標高は1,723m。日本百名山の一つ。
P1210798.jpg



(2) 上流はるか遠くにはコハクチョウの群れが羽を休めていました。
P1210799.jpg



(3) 近くでは、カワウ、もう白い繁殖羽に変わっている個体もいます。
P1210801.jpg



(4) 河川敷の林では、アトリ(メス)。
P1210758.jpg



(5) そして、シメ。
P1210759.jpg



(6) ロウバイの花をもう一度。
P1210846.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
武蔵丘陵森林公園(その5)
昨日の続きの武蔵丘陵森林公園です。

(1) ハーブガーデン近くでアトリの群れに出会いました。今季初見です。 何やら三者会談でしょうか。
P1210268.jpg
1年前は、アトリはよく見られましたが、今季は少ない印象です。



(2) こちらは単独で寂しそうな表情ですが…。
P1210281.jpg



(3) 「おーい、そこで寂しそうにしている人、一緒に食事をしようよ…。」
P1210290.jpg



(4) 「そうですね、お仲間に入れてもらいますよ。」
P1210285.jpg



(5) 「う~ん、食べ物探しもなかなか難しいもんですね、もっと頑張らなくちゃ~。」
P1210287.jpg



(6) アトリがいた近くにはシナマンサクが咲いていました。 
   パッと見わかる違いですが、普通のマンサクに比べ去年の葉が付いたままになっているものが多いそうです。
P1210298.jpg

アトリ:全長16cm、スズメより少し大きいアトリ科の冬鳥。
その生息域についてには次のように記されています。
『ユーラシア大陸北部の亜寒帯で繁殖し、冬季は北アフリカ、ヨーロッパから中央アジア、中国、朝鮮半島に渡りをおこない越冬する。
日本には冬鳥として秋にシベリア方面から渡来する。主に日本海より山形県、富山県等に飛来し、それから各地に散らばる。
渡来する個体数は年による変化が大きい。』

明日も続きます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
アトリ(花鶏、獦子鳥)
今日は、今季出現頻度が高いアトリの登場です。

(1) 公園の芝生で十数羽のアトリが採餌中。 中央の頭が真っ黒いのは夏羽に変わったオスくんだと思います。
P1080476.jpg



(2) 木の枝に三羽の群れ。
P1080461.jpg



(3) 頭が真っ黒い夏羽のオスくん、日が当たって辛うじて目が分かります。
P1080449.jpg



(4) こちらはメスさん、胸から頭にかけてオスに比べ淡い色彩です。
P1080460.jpg



(5) メスさんの正面顔。
P1080459.jpg

アトリ:全長16cm、スズメより大きいアトリ科の冬鳥。
まだいましたが、そろそろ北帰行する頃でしょう、無事帰還して欲しいですね。


(6) ハクモクレンの花、少し傷んでいます。 きれいな花を見つけられませんでした。
P1000091.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
アトリ(花鶏、獦子鳥)
小根山森林公園の3回目はアトリの登場です。

(1) まず、餌場にオスのアトリくん登場。
P1060535b.jpg



(2) 次いでメスさん、にらめっこ。
P1060548b.jpg



(3) 更に、もう一羽のメスさんが登場し、オスくんが追い出そうとしています。
P1060567b.jpg



(4) メスさん、たまらずに避難。
P1060570b.jpg



(5) 三羽のアトリが採餌するところを動画(20秒)でも撮ってみました。


最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
アトリ(花鶏、獦子鳥)&カシラダカ(頭高)の群れ
今日は、地元の林で出会ったアトリとアトリの群れの登場です。
なお、今季は、昨季同様アトリの当たり年でよく出会います。

(1) 20羽くらいのアトリの群れが枯れ葉の中で採餌していました。 これは二羽のオスくん。
P1060335b.jpg



(2) こっちには二羽のメスさん、地味なだけに枯れ葉が保護色になっています。
P1060424b.jpg



(3) 枝止まりした二羽、右の頭が黒い子はオスの成鳥、左は淡い色彩ですが、若いオスでしょうか。
P1060356b.jpg



(4) 上の左の子と同様淡い色彩ですが、顔が黒くないのでメスさんだと思います。
P1060375b.jpg

アトリ:全長16cm、スズメより大きいアトリ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ユーラシア大陸北部の亜寒帯で繁殖し、冬季は北アフリカ、ヨーロッパから中央アジア、中国、朝鮮半島に渡りをおこない越冬する。
日本には冬鳥として秋にシベリア方面から渡来する。
主に日本海より山形県、富山県等に飛来し、それから各地に散らばる。渡来する個体数は年による変化が大きい。』 



(5) アトリの群れにカシラダカが混じっていますが、アトリ以上に見つけ難いです。
P1060429b.jpg



(6) 枝どまりしましたが、日陰の暗いところで光が届きませんね。
P1060314b.jpg

カシラダカ:全長15cm、スズメより少し大きいホオジロ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『スカンジナビア半島からカムチャッカ半島までのユーラシア大陸高緯度地域と、アリューシャン列島で繁殖し、冬季は中国東部に渡り越冬する。
また、中央アジアに渡る個体もある。
日本では冬鳥として、九州以北に渡来する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.