FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
アトリ(花鶏、獦子鳥)
今日は、平地では今季初見・初撮りのアトリの登場です。

(1) 数羽のアトリの群れですが、つる性の植物が邪魔してよく見えません。 辛うじてメスさんが見えました。
P1270004.jpg



(2) こちらも込み入った枝の中ですが、何とか姿を見ることが出来ました。
P1270009.jpg



(3) 「そっちの方から雑音が聴こえるけど、私に何か用ですか。」
P1270012.jpg



(4) 「私の羽をよく見てね。 昨日のジョビ子さんより美しい色模様をしているでしょう。」
P1270016.jpg



(5) 「美しく撮ってくれましたか。どうもコントラストがなくて眠い画像になっていますね。」
P1270017.jpg

アトリ:全長16cm、スズメより大きいアトリ科の冬鳥。
その生息域についてには次のように記載されています。
『ユーラシア大陸北部の亜寒帯で繁殖し、冬季は北アフリカ、ヨーロッパから中央アジア、中国、朝鮮半島に渡りをおこない越冬する。
日本には冬鳥として秋にシベリア方面から渡来する。主に日本海より山形県、富山県等に飛来し、それから各地に散らばる。渡来する個体数は年による変化が大きい。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂きありがとうござす。
スポンサーサイト



戸隠森林植物園(3)
昨日の続きの戸隠森林植物園、雨上がりのためか、鳥の出が悪かったです。
そんな中でアトリの群れに出会いました。。

(1) アトリが、数十羽の群れで移動していました。遠い上、曇り空で撮影は苦労します。偶々枯れ枝にとまってくれました。
P1260556.jpg



(2) 大トリミングしてアトリと分かります。
P1260557.jpg



(3) 近くの松の木では、実を食べています。
P1260563.jpg



(4) 左の仔は逆立ちしての採餌。
P1260571.jpg



(5) 青空が覗くと、アトリの色もよく見えます。
P1260575.jpg




(6) 園内で見られたこの真珠のような白い玉は、フッキソウ(富貴草)の実です。
P1260532.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。 次回も続きます。

↓ いつも応援頂きありがとうございます。
武蔵丘陵森林公園にて(4)
武蔵丘陵森林公園の続きです。

(1) 園内の野草園には、セツブンソウが咲いていました。花は1cm程度の小さなものです。
P1230057.jpg



(2) 節分の頃に咲くからその名が付いたようですが、実際は大分遅いです。
   石灰岩地を好み、秩父の両神山の麓に大きな自生地があります。ここをクリックしてみてください。
P1230059.jpg



(3) これはシクラメンの原種と言われるもので、シクラメンの花に比べたら非常に小さいです。
P1010523.jpg



(4) アトリが枯れ葉の絨毯の上で草木の実を探していました。 この個体は頭が真っ黒く、早くも夏羽だと思います。
P1230022.jpg



(5) こちらは、別の場所ですが、アトリが何羽か分かりますか?
P1230069.jpg



(6) オスとメスがいます。 枯れ葉と同化して分かり難いですね。
P1230071.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
アトリ(花鶏、獦子鳥)
今日は、水場に現れたアトリの登場です。

(1) 水場の近くにある梅の木で、つぼみを食べるアトリくん(オス)。 頭がかなり黒くなって、夏羽に移行中。
P1220355.jpg



(2) アトリさん(メス)も梅の木にいました。
P1220282.jpg



(3) 水飲みに降りてきたアトリさん。 オスくんに比べ色白で可愛いです。
P1220292.jpg



(4) 「そこで何か私の悪口を言ってるの、許さないわよ。」 「誤解です、褒めていたんですよ。」
P1220294.jpg



(5) こちらは、まだ冬羽のアトリくん、頭が胡麻塩模様です。
P1220334.jpg



(6) 一方、このアトリくんはかなり黒くなり、夏羽へと移行中です。 個体差があります。
P1220317.jpg



(7) おまけは、水飲み光景を動画でったものです。 約27秒。


最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
荒川にて
旧川本町白鳥飛来地(荒川)で出会ったその他を紹介したいと思います。

(1) 荒川河川敷から西を望むと、秩父の山々、中央奥の台形の山は両神山、標高は1,723m。日本百名山の一つ。
P1210798.jpg



(2) 上流はるか遠くにはコハクチョウの群れが羽を休めていました。
P1210799.jpg



(3) 近くでは、カワウ、もう白い繁殖羽に変わっている個体もいます。
P1210801.jpg



(4) 河川敷の林では、アトリ(メス)。
P1210758.jpg



(5) そして、シメ。
P1210759.jpg



(6) ロウバイの花をもう一度。
P1210846.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.