FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
202102<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202104
カケス、カシラダカ&タヌキ
昨日の続きの荒川河川敷の水場で出会った鳥、今日はカケスとカシラダカ、そしておまけはタヌキです。

(1) 過去2回訪れたときも現れたカケスがこの日も登場してくれました。
PC291223.jpg



(2) 比較的光線状態がよく、横向き姿勢なのできれいな青と黒の羽がよく見えます。
PC291224.jpg



(3) 丸い目がとても目力を感じます。 カラスの仲間なので声は美しくありません。留鳥又は漂鳥。
PC291228.jpg



(4) カケスは全長33cmとキジバトくらいですが細身なので大きく感じます。
PC291232.jpg



(5) カシラダカは落ちた木の実などを食べに来ていました。スズメ程度の大きさの冬鳥です。
PC291355.jpg



(6) タヌキが水を飲みに現れました。 鳥に比べたら巨人といった大きさです。
PC291378.jpg



(7) ゆっくりと藪の中へ入って行きました。
PC291381.jpg

これで今回の荒川河川敷の水場シリーズを終了します。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ ポチっと応援お願いします。
スポンサーサイト



カケス(懸巣)、木星と土星の大接近など
今日は、カラスの仲間のカケスの登場です。

(1) 林道のを歩いていると頭上でカケスのあのジャージャーというだみ声、見上げてキョロキョロ探すといました。
   お腹ばかりで、きれいな青い羽が殆ど見えません。
PC180808.jpg



(2) 目の前に黒い班があり、ちょっと悪人顔に見えます(^^;。 全長33cmのカラス科の留鳥又は漂鳥。
   とても美しい羽をもっているので、声がよければもっと人気が出るでしょう。
PC180811.jpg



(3) 23日(水)17時40分にほぼ真上に見えた月。 昨日が上弦、これから満月に向かって膨らんでいきます。
    明るいので手持ちです。
PC231017.jpg



(4) 上と同時刻、約400年振りの木星と土星の大接近、無謀にも鳥見用器材で挑戦。手持ちです。
    大トリミングしてボケボケですが右下の土星、輪が見えるようですよ。嬉しいです。
   なお、木星の衛星が見えていたのですが、露出を切り詰めたので、衛星は写っていません。
PC231023b.jpg



(5)以下は別の日に河川敷で出会った長さ50~60cm程度のヘビです。
PC110651.jpg



(6) ちょっと調べてみたんですが素人の悲しさ、名前が分かりません。可愛いヘビです。
PC110648.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。
カケス(懸巣)
森の水場で出会った鳥の第2弾はカケスの登場です。

(1) 日陰部分に現れたカケス、きれいな青色がイマイチです。
PC040087.jpg



(2) これも日陰、どうしても日陰が好きなんでしょうか?
PC040118.jpg



(3) 水飲みに現れました。ゴマ塩頭と青色が見えています。
PC040250.jpg



(4) 驚いたようなまんまる目が可愛いです。
PC040255.jpg



(5) ゴクゴクと喉の音が聞こえてきそうです。
PC040258.jpg



(6) 「やれやれ、喉を潤すことが出来てよかった。」とでも言っているようです(笑)。
PC040270.jpg

カケス:全長33cm、キジバトと同大のカラス科の留鳥又は漂鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。
水場に集まる鳥(2) シメ&カケス
水場に集まる鳥の2回目は、シメとカケスの登場です。

(1) シメが恐る恐る水面近くに降りてきます。 シメは全長19cm、モズより巣櫛小さいアトリ科の漂鳥、冬鳥。
PB189480.jpg



(2) 水を飲むんですが、大分こぼしていますね.この仔は目先が黒くないのでメスと思われます。
PB189483.jpg



(3) そのうちにヒヨドリが集まってきました。
PB189484.jpg



(4) シメさん、大勢に囲まれ固まってしまったみたいに見えます。
PB189608.jpg



(5) カケスが現れましたが、きれいな背中の模様を見せてくれません。カケスは全長33cm、キジバトと同大のカラス科の留鳥又は漂鳥。
PB189525.jpg



(6) この後、藪の中へと入ってしまいました。 とても警戒心が強くゆっくり撮らせてくれません(^^;。
PB189528.jpg

明日も続きます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。
戸隠森林植物園(9)
戸隠森林植物園の続きで、今日は宝光社の宿坊の庭で出会ったカケス(懸巣)の登場です。

(1) 庭木にカケスが張り付いているように見えました。虫それとも実を探しているのでしょうか?
P1260645.jpg



(2) 「そっちの方からごちゃごちゃ言ってる声が聞こえるけど…。」
P1260646.jpg



(3) 「おぬしはだ~れ?」
P1260648.jpg



(4) 「何だか目が点になっちゃった…。」 瞬膜になったようです。
P1260654.jpg



(5) 「おぬしには構っていられないよ、食べ物探しに忙しんだから。」
P1260655.jpg



(6) 左足を踏み出したら、美しいブルーの羽模様がよく見えました。
P1260659.jpg
地元ではめったに出会えないカケスですが、戸隠では近くで見ることが出来ました。

カケス:全長33cm、キジバトと同大のカラス科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikには次のように記載されています。
『アフリカ大陸北部、ユーラシア大陸の中部から南部にかけて分布。
日本では九州以北で繁殖する留鳥で、北部に生息するものは冬季に南に移動する。
年により移動する個体数には変動があり、これは餌とする木の実の量に依存するものと考えられる(量が少ないときには、餌を求めて移動する)。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂きありがとうございます。
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.