FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
202102<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202104
水場に集まる鳥(1) ヤマガラ、ヒガラ&ヒヨドリ
埼玉県を流れる荒川、その河川敷の森の中に小さな池があり、鳥たちのオアシスになっています。
先日訪れたときには、シメ、シロハラ、ツグミ、カワセミ、ヤマガラ、ヒガラ等11種ほどの鳥に出会えました。
そこで出会ったものを順次2~3種づつ紹介したいと思います。
今日は、ヤマガラ、ヒガラ、ヒヨドリです。なお、鬱蒼とした森の中なので晴天でも暗くてノイズが多い画像になってしまい恐縮です。

(1) 落ち葉が溢れる池の淵に出てきたヤマガラ。 ヤマガラはスズメと同大の留鳥又は漂鳥。
PB189569.jpg



(2) こちらのヤマガラ、種を咥えて得意そうな表情。
PB189578.jpg



(3) ヤマガラ(L14cm)とヒガラ(L11cm)のツーショット。  ヒガラは黒いよだれかけが特徴で、ネクタイはありません。
   ヒガラはメジロよりも小さいシジュウカラ科の留鳥又は漂鳥。 
PB189572.jpg



(4) ヒガラは、早速水浴び、ヤマガラは?
PB189573.jpg



(5) 二羽のヒヨドリ(L28cm)が並んで水飲みしています。 ヒヨドリはムクドリより大きい留鳥又は漂鳥。
PB189550.jpg


(6) この水場で最もよく出現したのはヒヨドリで、うるさいくらいの声を響かせていました。
   普段はあまり撮らないのですが、こうやって並んでいると撮りたくなります。
PB189552.jpg

明日も続きます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。


スポンサーサイト



ヒガラ&シジュウカラ
昨日の続きで、山中湖。大洞で出会ったヒガラとシジュウカラの登場です。

(1) 水場の上にやって来たシジュウカラ。
P1330268.jpg



(2) こっちは、ヒガラ。
P1330291.jpg



(3) まず、ヒガラが水場へ。
P1330297.jpg



(4) ヒガラが水浴びしていると、その奥にシジュウカラが降りてきました。
P1330302.jpg



(5) 手前のヒガラが奥のシジュウカラに比べ大分小さいことが分かります。 全長はヒガラ11cm、シジュウカラ15cm。
P1330308.jpg



(6) シジュウカラも水浴び開始。
P1330315.jpg



(7) 水浴びの共演^^。
P1330316.jpg




(8) シジュウカラが切り上げた後もヒガラはまだまだやり足りない様子で水浴び継続です。
P1330332.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
ヒガラ(日雀)
昨日の続きで、山中湖・大洞で出会ったヒガラの登場です。

(1) 近くの枝にやって来たヒガラ。
P1330287.jpg



(2) 黒いよだれかけを掛けたようなヒガラ、すぐに水場に入ります。
P1330217.jpg



(3) 激しい水浴び。
P1330229.jpg



(4) ちょっと休憩。
P1330224.jpg



(5) 再びの水浴び、これを繰り返していました。
P1330236.jpg

ヒガラ:全長11cm、メジロより小さいシジュウカラ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『ユーラシア大陸の広範囲にかけてとアフリカ北部のアルジェリア、チュニジア、モロッコおよび日本、台湾に分布する。
日本では亜種ヒガラ(学名:Periparus ater insularis)が北海道、本州、四国、九州(屋久島まで)に周年生息する(留鳥または漂鳥)。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
ヒガラ(日雀)
先週末、奥日光へ鳥見遠征に出かけました。
その様子を何回かに分けて紹介したいと思います。

(1) 手前は湯の湖海抜1475mと高地にある湖、向こうの高い山は男体山、標高2,486mの火山です。
P1000649.jpg
湯の湖は、北東にある三岳火山の噴火によってつくられた周囲2.8kmの堰止湖とのこと。 近くに温泉があり硫黄の臭気がします。



(2) 高地のためヤマザクラが満開、平地より1か月以上遅れていると思います。
P1000647.jpg
葉もあまり出てなく、鳥見には最適な条件です。



(3) 最初に出会ったのはヒガラ(日雀)、シジュウカラに似ていますが、ネクタイ無しで黒いよだれかけをしているように見えます。
P1100859.jpg



(4) 枝から枝へと忙しく動き回り、撮影難易度が高いです。
P1100855.jpg



(5) 羽を広げた姿が偶然撮れました。
P1100857.jpg



(6) 虫でも見つけたのでしょうか。
P1100868.jpg

ヒガラ:全長11cm、メジロより小さくキクイタダキより大きいシジュウカラ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ユーラシア大陸の広範囲にかけてとアフリカ北部のアルジェリア、チュニジア、モロッコおよび日本、台湾に分布する。
日本では亜種ヒガラ(学名:Periparus ater insularis)が北海道、本州、四国、九州(屋久島まで)に周年生息する(留鳥または漂鳥)。』

奥日光シリーズ、続きます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
ヒガラ(日雀)
西湖シリーズ4回目は、ヒガラさん。

(1)突然目の前の水たまりヒガラさんが降り立ちました。
P6017045.jpg



(2)わずかの水ですが、水浴びを始めました。
P6017046.jpg



(3)ヒガラさんの水浴びの様子を動画で撮りました。僅か5秒程度の短いものです。

ヒガラ:全長11cm、メジロより小さい留鳥又は漂鳥。



(4)西湖野鳥の森公園ではルピナスが見頃でした。
P6012468.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.