ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
水場にて
今日は、地元の水場で出会ったセグロセキレイとカイツブリの登場です。

(1) セグロセキレイが何かを捕まえました。
P1230723.jpg



(2) 「ボク、こんなに大きいのを捕ったよ。」と誇らしげです。
P1230728.jpg



(3) 「どんなもんだい、エッヘン。」すぐに食べずに、見せびらかせているように見えました。
P1230733.jpg

セグロセキレイ:全長21cm、ハクセキレイと同大のセキレイ科の留鳥又は漂鳥。
          日本固有種。



(4) 近くの水面ではカイツブリが桜の花びらが浮く水面でのんびり過ごしていました。もうカモはとっくに北帰行しました。
P1230715.jpg



(5) ツクシ三兄弟、いや四兄弟で、一人がいじけているみたい。
P1230739.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
セグロセキレイ(背黒鶺鴒)
今日は、川や畑で出会ったセグロセキレイの登場です。

(1) 川の浅瀬で採餌するセグロセキレイ。
P1140734.jpg



(2) その近くには色が薄い幼鳥もいました。
P1140732.jpg



(3) 畑でも食べ物を探していました。
P1150414.jpg

セグロセキレイ:全長21cm、ハクセキレイと同大のセキレイ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されている。
『日本(北海道、本州、四国、九州)では普通に見られる留鳥または漂鳥。積雪地でも越冬する場合が多い。
日本の固有種として扱われることが多いが、ロシア沿海地方沿岸部、朝鮮半島、台湾、中国北部沿岸部など日本周辺地域での観察記録もあり、まれに繁殖の記録もある。
韓国では西海岸地域を除く河川で留鳥(局地的)に生息しているとの報告もある。』



(4) こちらは植物のホトトギスの一種「ヤマジノホトトギス」と思われます。 
P1150288.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
セグロセキレイの水浴び
今日は、川の浅瀬で水浴びするセグロセキレイの登場です。

(1) 一羽で飛来したセグロセキレイ。
P1120351.jpg



(2) 早速、頭から水に突っ込んでの激しい水浴び。 これを何度か繰り返し、身体を清潔にします。とてもきれい好き。
P1120354.jpg
鳥さんにとって、水浴びは体の健康に不可欠なんですね。



(3)  一通り水浴びが終わると、飛び立ちます。
P1120359.jpg



(4) そしてホバリングのようにして水を落としていました。
P1120360.jpg

セグロセキレイ:全長21cm、ハクセキレイと同大のセキレイ科の留鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
里山散歩(上)
今日は、地元の小さな川を鳥見散歩して出会った鳥さんを紹介します。

(1) まずはモズ子ちゃん、逆光気味の光で優しく見えます。
P1050523.jpg
モズ:全長20cm、ハクセキレイより少し小さいモズ科の留鳥又は漂鳥。



(2) セグロセキレイ、何か小さな生物を捕まえました。
P1050545.jpg
セグロセキレイ:全長21cm、ハクセキレイと同大のセキレイ科の留鳥又は漂鳥。



(3) イカルチドリ、この川で見かけるのは珍しいです。
P1050531.jpg
イカルチドリ:全長21cm、ハクセキレイと同大のチドリ科の留鳥又は漂鳥。



(4) クサシギ、強風の中で採餌中。
P1050529.jpg
クサシギ:全長22cm、ハクセキレイより大きいシギ科の旅鳥又は冬鳥。ここでは冬鳥です。



(5) ダイサギ、遠かったのですが私を見て飛び立ちました。
P1050537.jpg
ダイサギ:全長90cm、サギ科に属しアオサギより少し小さい。



(6) ダイサギの伸ばした足の下に、先程のクサシギが見えます。、
P1050540.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
セグロセキレイ親子
地元の川でセグロセキレイさん親子に出会いました。

(1)まだクチバシに黄色いものが残るセグロセキレイの幼鳥さん。
P5025919.jpg



(2)近くの木で親が大きな声を出していました。
P5025918.jpg



(3)幼鳥とはいってももう親と同じくらいに動き、飛んでいました。
P5025924.jpg

もう、幼鳥さんが姿を見せるとは、鳥の世界は季節を先取りしているようです。
セグロセキレイ:全長21cm、ハクセキレイと同大の留鳥又は漂鳥で日本固有種。


以下は、林の中で咲き出したキンランとギンラン。
(4)毎年ゴールデンウイークの頃に花が見られます。
P5022360.jpg



(5)花は開かず半開き状態のままです。
P5022361.jpg



(6)こちらはギンラン、年々数が少なくなりしかも花も小さくなっているようです。
P5022359.jpg
キンランもギンランも絶滅が心配される花になってしまいました。

最後までご覧頂きありがとうございます。

なお、拙きブログに拍手の応援頂き とても励みになり、感謝申し上げます。
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.