FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
202103<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202105
セグロセキレイの親子
近場の川原でセグロセキレイの親子に出会いました。

(1) 黄色いクチバシにグレーの幼鳥、花の傍にとまってくれました。
P5122316.jpg



(2) こちらの幼鳥は、土手の上で親を待っている様子。
P5122324.jpg



(3) 幼鳥が三羽くらい。
P5122334.jpg



(4) 近くに、虫を咥えた親鳥。
P5122331.jpg



(5) どうも私が邪魔をして、親が幼鳥に近づけないようでした。
P5122340.jpg



(6) お父さんかお母さんか分かりませんが、両親が虫を咥えて子供に与えているようでした。
   お邪魔虫の私は、早々に引き上げました。
P5122346.jpg
セグロセキレイ:全長21cm、ハクセキレイと同大のセキレイ科の留鳥。
頭から背中が真っ黒のがその名の由来で、日本固有種。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
スポンサーサイト



幼鳥デビュー
今日は、地元で出会ったセグロセキレイの幼鳥の登場です。

(1) 産毛が残る幼鳥さん、川の浅瀬にに降り立ちました。
P1310965.jpg



(2) 桜の花びらが落ちているところを興味深そうに見回しています。
P1310969.jpg



(3) 「何か、美味しいものがないかな~。」
P1310971.jpg



(4) 「これは何だろう?」と見ていましたが…。
P1310972.jpg



(5) こちらは、お父さん?、お母さん?  セキレイにしては枝に止まるのは珍しいと思います。 後ろは白いフェンス。
P1310978.jpg



(6) 幼鳥がもう一羽現れました。 恐らく兄弟でしょう。
P1310992.jpg

セグロセキレイ:全長21cm、ハクセキレイと同大のセキレイ科の留鳥。 

その生息域についてには次のように記載されています。
『日本(北海道、本州、四国、九州)では普通に見られる留鳥または漂鳥。積雪地でも越冬する場合が多い。
日本の固有種として扱われることが多いが、ロシア沿海地方沿岸部、朝鮮半島、台湾、中国北部沿岸部など日本周辺地域での観察記録もあり、まれに繁殖の記録もある。
韓国では西海岸地域を除く河川で留鳥(局地的)に生息しているとの報告もある。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
セグロセキレイ(背黒鶺鴒)
スズメが飛来した田んぼ近くの電線にセグロセキレイ。

(1) 電線の上で鳴いていました。
P1250647.jpg



(2) すると間もなく幼鳥が飛来しました。 子供を呼んでいたのですね。
P1250650.jpg



(3) しかし、親子は顔を合わせるでもなく、こんなに離れていました。 もう親離れする時期なんでしょう。
P1250651.jpg



(4) こちらではアキノタムラソウ(秋の田村草)が咲き出しました。
P1250621.jpg



(5) シゾ科のごくありふれた野草ですが、その青紫が印象的です。
P1250623.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
水場にて
今日は、地元の水場で出会ったセグロセキレイとカイツブリの登場です。

(1) セグロセキレイが何かを捕まえました。
P1230723.jpg



(2) 「ボク、こんなに大きいのを捕ったよ。」と誇らしげです。
P1230728.jpg



(3) 「どんなもんだい、エッヘン。」すぐに食べずに、見せびらかせているように見えました。
P1230733.jpg

セグロセキレイ:全長21cm、ハクセキレイと同大のセキレイ科の留鳥又は漂鳥。
          日本固有種。



(4) 近くの水面ではカイツブリが桜の花びらが浮く水面でのんびり過ごしていました。もうカモはとっくに北帰行しました。
P1230715.jpg



(5) ツクシ三兄弟、いや四兄弟で、一人がいじけているみたい。
P1230739.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
セグロセキレイ(背黒鶺鴒)
今日は、川や畑で出会ったセグロセキレイの登場です。

(1) 川の浅瀬で採餌するセグロセキレイ。
P1140734.jpg



(2) その近くには色が薄い幼鳥もいました。
P1140732.jpg



(3) 畑でも食べ物を探していました。
P1150414.jpg

セグロセキレイ:全長21cm、ハクセキレイと同大のセキレイ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されている。
『日本(北海道、本州、四国、九州)では普通に見られる留鳥または漂鳥。積雪地でも越冬する場合が多い。
日本の固有種として扱われることが多いが、ロシア沿海地方沿岸部、朝鮮半島、台湾、中国北部沿岸部など日本周辺地域での観察記録もあり、まれに繁殖の記録もある。
韓国では西海岸地域を除く河川で留鳥(局地的)に生息しているとの報告もある。』



(4) こちらは植物のホトトギスの一種「ヤマジノホトトギス」と思われます。 
P1150288.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.