FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
キセキレイ(黄鶺鴒)
台風19号、関東から東北地方にかけて河川の氾濫で甚大な被害がありました。
お見舞い申し上げると共に早い復旧をお祈り申し上げます。
なお、私の住んでいる町ではほとんど被害は出ず幸いでした。

涼しくなったせいか、キセキレイに出会う頻度が多くなってきました。

(1) 近くの公園で出会ったキセキレイ。
P1370001.jpg



(2) 渓流とは言い難い水場で食べ物探し。
P1370004.jpg



(3) お尻の方から写してしまい失礼します。
P1370008.jpg



(4) こちらは少し大きな川、流れ落ちる手前で頑張っています。
P1370075.jpg



(5) 滝がすぐ後ろで怖くないんでしょうか。 まあ羽があるのでいざとなれば飛べばいいですが。
P1370076.jpg

キセキレイ:全長20cm、ハクセキレイより少し小さいセキレイ科の留鳥又は漂鳥。
鶺鴒三種の中では、最も色彩が鮮やかで、魅力的な鳥だと思います。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
スポンサーサイト



キセキレイのお食事(2)
1月28日にメダカを食べる所を紹介しましたが、今日はそれに続いて、キセキレイのお食事光景をご覧ください。

(1) 地元の小さな川、尾羽を上下に振りながらちょこちょこ歩くキセキレイ、 黄色がとても鮮やかです。
P1290371.jpg



(2) 「どうだ、捕ったよー。」っと小さな虫を捕まえました。
P1290373.jpg



(3) すぐに食べられず、咥え直しをしていました。
P1290374.jpg



(4) 大トリミングしてみました。咥えているのは水生昆虫の一種でしょうか?
P1290380a.jpg



(5) 「いただきま~す。」 あっという間に飲み込みました。
P1290382.jpg



(6) この様子を、近くにいたジョビ子さんが見ていました。 羨ましかった?
P1290389.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
キセキレイ(黄鶺鴒)のお食事光景
今日は、キセキレイのお食事光景を紹介します。

(1) 小さな川の浅瀬を歩くキセキレイ。
P1280700.jpg



(2) あっという間に、小さな魚(稚魚でしょうか?)をゲットしすぐに飲みました。
P1280710.jpg



(3) またすぐに、小魚を咥えました。 魚取りの名人ですね。
P1280712.jpg



(4) 先程より少し大きく、飲み込むのに時間がかかったようです。
P1280713.jpg



(5) 小魚のところをよく見えるようにトリミングしてみました。魚に詳しくないのですが、これはメダカでしょうか?
P1280713a.jpg

キセキレイやハクセキレイなどのセキレイ類は、浅瀬で採餌していますが、何を捕っているのか分からないことが多いです。
図鑑には、主に水生昆虫類と記載されています。

キセキレイ:全長20cm、ハクセキレイより少し小さいセキレイ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてには次のように記載されています。
『ユーラシアおよびアフリカ中部から南部に分布する。
日本では主に九州以北に分布し、留鳥または漂鳥である。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
キセキレイ(黄鶺鴒)
今日は、鮮やかな黄色を存分に披露してくれた木セキレイの登場です。

(1) 石ころの上で羽繕い、黄色いお尻が鮮やかに見えます。
P2210766.jpg



(2) 「あら、あなた、丁度いいところにいらっしゃいましたね。ワタシの美しさにショックでしょうか^^。
P2210767.jpg



(3) 「まだ、羽のお手入れが必要なんですよ。」
P2210769.jpg



(4) 「ようやく清々したよ、これで思いっきり食べ物探しが出来るよ。」 
    羽のお手入れ、鳥さんにとって健康を保つために必須なので、寒くてもへ一ちゃらですね。
P2210774.jpg
(2009年2月21日、地元の川にて)
最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
キセキレイ(黄鶺鴒)
今日は、地元の川で出合ったキセキレイの登場です。

(1) 川の浅瀬で食べ物を探しているところです。
P1270286.jpg



(2) 横から見たところです。 お腹からお尻にかけて黄色ですが、特にお腹は色が淡いです。 メスさんではないかと思います。
P1270289.jpg



(3) 上の2枚は、左の羽が右の羽の上にありますが、ここでは逆になっています。 何故入れ替わったのでしょう?
P1270290.jpg



(4) 小さな虫を捕まえました。 小さくて何だか分かりません。 
   そしてこの時は、最初のように左羽が右羽の上に来ていました。 羽の畳み方はどうやって決まるんでしょうか?
P1270299.jpg

キセキレイ:全長20cm、ハクセキレイより少し小さいセキレイ科の留鳥又は漂鳥。
        繁殖期は高地の渓流などに生息し、冬季は都市公園などの平地へ移動する。

ご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.