ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
サギたち
今日は、稲刈りの終わった田んぼで出会ったサギたちに登場願いました。

(1) まだ亜麻色が少し残っているアマサギ。 
P9151066.jpg



(2) 手前の羽を広げているのは口角の長さからみてチュウサギと思います。
P9151072.jpg



(3) 羽繕いするコサギの脇をアマサギが何かを探している様子です。
P9151080.jpg



(4) ダイサギと並ぶアマサギ
P9151087.jpg

サギたちの大きさ(全長)を比較のため記しておきます。
アマサギ:50cm    コサギ:61cm    チュウサギ:68cm    ダイサギ:90cm
これらのうち、アマサギとチュウサギは、日本では夏鳥なので、冬には東南アジア方面で越冬します。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリック頂き感謝です。
スポンサーサイト
伊佐沼にて
先日、埼玉県川越市にある伊佐沼を久しぶりに訪ねてみました。


(1)飾り羽がきれいなダイサギさんが羽繕いなどして寛いでいました。
P6308283.jpg



(2)ダイサギさんが飛び出した先には一羽のアマサギさん。
P6308288.jpg
今季、初見のアマサギさんです。 どう云う訳か、こちらではアマサギさんの姿を見かけませんでした。



(3)もう一羽のダイサギさんもアマサギさんの前を通過、アマサギさんは我関せずのマイペース。
P6308290.jpg



(4)ダイサギさん、沼の上を空高く旋回していました。 
P6308295.jpg



(5)ハスの近くの板にはカメの親子がいました。
P6308298.jpg



(6)ハスもそろそろ見ごろを迎えていました。
P6308296.jpg

2~3年前には、カイツブリの繁殖、コアジサシのヒナ、セイタカシギなどが見られたことがありました。
しかし、残念ながら今のところそれらとは出会えていません。

最後までご覧いただきありがとうございます。
アマサギ(猩々鷺)
この日は、伊佐沼に十数羽のアマサギさんの群れが見られました。

(1)中には、こんな具合に水に浸かっているアマサギさんもいました。 左にはセイタカシギさんやアオアシシギさんがいます。
P9114855.jpg



(2)スマートな体型のはずなのが何だか膨らんでいます。
P9114868.jpg



(3)周囲にはアマサギさんより大きな鳥さんがいなくて、アマサギさん威張っているように見えます(笑)。
P9114864.jpg



(4)こんなに身体を膨らませているのは周囲に自分を大きく見せようとしているのでしょうか?
P9114865.jpg



(5)おまけは、近くにいたカイツブリの幼鳥さん、もう一人立ちしており、潜って餌を探していました。
P9114777.jpg


最後までご覧頂きありがとうございます。
アマサギ
久し振りに、伊佐沼に鳥見に行ってきました。

(1)最初に目に飛び込んできたのがアマサギさんの群れ。列をなして休憩しています。
P9114769.jpg



(2)反対側から撮ってみました。 ここにいたのは皆アマサギさんであることが分かります。
P9114791.jpg



(3)思い思いに羽繕いや羽をバタバタさせたりしています。
P9114772.jpg

アマサギ:50cm、ハシボソガラスと同大の夏鳥。
      
最後までご覧頂きありがとうございます。
アマサギ(猩々鷺)
今日は、夏鳥として南方から飛来したアマサギ(猩々鷺)さんに出演願いました。

(1)田植えが終わって間もない田んぼを、ダイサギさんと一緒に、昆虫などの食べ物を探しています。
P5258625.jpg
全長は、ダイサギが約90cm、アマサギが約50cm。



(2)白のダイサギさんに対し、頭、胸や背中の一部が亜麻色のアマサギさん、
P5258626.jpg



(3)お互いに忙しそうに歩き回っています。
P5258632.jpg



(4)獲物を見つけたのでしょうか。しかし、空振りのようで顔を上げたらクチバシにはなにもありませんでした。
P5258637.jpg



(5)個々の田んぼには、二羽のアマサギさんが来ていて、もう一羽の方が濃い色でした。
P5258643.jpg
亜麻色の貴婦人の別称があるように、非常に美しい鳥さんだと思います。

なお、夏の繁殖期になるとこのようにきれいな亜麻色に変わりますが、冬は他のシラサギ(ダイサギ、チュウサギ、コサギ)同様白いとのことですが、その姿はまだ見たことがありません。

最後までご覧頂きありがとうございます。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.