FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
202102<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202104
オシドリ(鴛鴦)など
埼玉県吉見町の八丁湖にオシドリとの情報で行ってみました。

(1) 対岸の枝被りの所に一羽のオシドリ。 暫く見ていましたが、休憩中で動きません。
PB069186.jpg



(2) オシドリの頭上の道へ行ってみたら枝被りはありますが、よく見えました。人工物のようにカラフルできれいです。
PB069204.jpg



(3) 立ち上がって羽繕いを始めたので、動きだすかと思いました。
PB069209.jpg



(4) しかし、その後は片足立ちして動きません(^^;。 1年前も一羽が飛来しましたが同じ個体かも知れません。
  オシドリは群れでいることが多いと思いますが、この個体はどうしたのか不思議です。
PB069210.jpg



(5) 湖の広いところにはマガモの群れ、ここではマガモが最も多いです。
PB069212.jpg



(6) キンクロハジロのカップルもいました。 オス(右)はちょんまげが可愛いです。
PB069191.jpg



(7) オスくんの羽ばたき。
PB069194.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。
スポンサーサイト



オシドリ(鴛鴦)
埼玉県吉見町にある八丁湖(人造湖)に鳥見に行きました。

(1) 前回に見たオシドリは健在で、お昼寝中。
P4030701.jpg



(2) 近くにはメスさん、色は地味ですがとても可愛いです。 白いものは桜の花びらです。
P4030704.jpg
前回、メスさんの姿が見えませんでした。 後からやって来たのでしょうか。



(3) メスさんがオスくんの近くへ行ったら、ようやく目覚めたようです。
P4030718.jpg



(4) 「あ~、よく寝たなあ」っとノビノビ。
P4030719.jpg



(5) 出動しましたが、カルガモとご一緒。
P4030735.jpg



(6) 銀杏羽が逆光で輝いていました。
P4030737.jpg

もうそろそろ北帰するころでしょう。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
オシドリ(鴛鴦)
近年、埼玉県中央部にはなかなかオシドリが飛来していなかったのですが、今季近隣の湖水に来てくれました。

(1) 最初に見かけたときには奥で昼寝中。
P1400156.jpg



(2) 1時間程散歩した後、寄ってみたら目覚めていました。 しかし、羽繕いなどして動く気配がありません。
P1400178.jpg



(3) しばらしてようやく泳ぎ出しました。
P1400185.jpg



(4) でもまずは羽繕いが大切のようです。
P1400194.jpg



(5) まだ眠いのかうつむき加減です。
P1400203.jpg



(6) オシドリは一羽、他にはカルガモとマガモがいました。
P1400206.jpg
(埼玉県吉見町八丁湖)
オシドリ:全長45cm、カルガモより大分小さいカモ科の冬鳥。
新宿御苑には沢山飛来しているそうですが、何故かこちらには少なく、この一羽のみです。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『東アジア(ロシア南東部、朝鮮半島、日本、中国など)に分布する。
日本では北海道や本州中部以北で繁殖し、冬季になると本州以南(主に西日本)へ南下し越冬する。
オシドリは一般的に漂鳥であるが、冬鳥のように冬期に国外から渡って来ることもある。イギリスなどへ移入・定着。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
上高地にて(7)
今日も上高地の続きです。 

(1) 清流の清水川、梓川に注ぎます。
P1030555.jpg



(2) ビジターセンター近くの清水川でオシドリ♀が一羽でいました。
P1350554.jpg



(3) この時季だとエクリプスの可能性もありますが、クチバシが黒くて赤味がないのでメスさんと思います。
P1350557.jpg



(4) 羽を広げてのストレッチを披露してくれました。 オスくんは勿論美しいのですが、メスさんはとても可愛いと思います。
P1350562.jpg




おまけは近くで咲いていた植物です。
(5) ナデシコ似の花、センジュガンピ(千手岩菲)という変わった名前です。
   東北~中部地方以北の山地~亜高山帯の林縁や森林に自生しているとのこと。
P1350332.jpg



(6) Wikiによると、名前は、日光の千手ヶ浜で発見された中国原産の岩菲(センノウのこと)に似た花から付けられた、といわれている
P1350334.jpg



(7) コオニユリの花も咲いていました。
P1350133.jpg

続きます。
最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
非繁殖羽のオシドリ
今日は、この時季としては珍しいオシドリの登場です。

(1) 埼玉県の西部にある小さな湖にこのカモがいました。
P1340837.jpg



(2) 最初は、オシドリのメスさんかと思いましたが、調べてみるとクチバシの赤味が強く、非繁殖羽のオシドリのオスくんのようです。  
P1340846.jpg



(3) この時は、羽繕いに余念がないようでした。 非繁殖羽のことをエクリプスというそうです。
P1340853.jpg



(4) 10月頃には本来の美しいオシドリに姿を変えているでしょう。
P1340852.jpg
オシドリが動物園でもない埼玉で越夏するとは初めて知りました。
(毛呂山町の鎌北湖にて)

オシドリ:全長45cm、ホシハジロと同大のカモ科の鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『東アジア(ロシア南東部、朝鮮半島、日本、中国など)に分布する。
日本では北海道や本州中部以北で繁殖し、冬季になると本州以南(主に西日本)へ南下し越冬する。
オシドリは一般的に漂鳥であるが、冬鳥のように冬期に国外から渡って来ることもある。イギリスなどへ移入・定着。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.