FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
202102<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202104
冬鳥のコガモが飛来
北本自然観察公園に鳥が来ているか久し振りに行ってみました。

(1) 池にはコガモが十数羽いました。
P9146939.jpg



(2) コガモは冬鳥としては一番早く飛来し、北帰するのは一番遅いと言われています。
P9146929.jpg



(3) この時季のオスは非繁殖羽でメスと同じ羽の色をしています。 徐々にオスらしい風貌に変わると思います。
P9146931.jpg



(4) 小鳥で見られたのは水浴び中のシジュウカラのみ。
P9146926.jpg



以下は園内に咲いていた花たちです。
(5) ミズアオイ、葉っぱがアオイに似ているからその名が付けられたそうで、絶滅危惧種です。
P9146909.jpg



(6) クサギ(臭木)が宝石のような実を付けました。
P9146914.jpg



(7) ツリフネソウが咲き始めたばかりです。
P9146935.jpg



(8) キツリフネ、ツリフネソウの黄色バージョン。
P9146910.jpg



(9) これも黄色で、コウホネ(河骨)。
P9146932.jpg



(10) 最後は、ミズヒキ、非常に小さな可愛らしい花を開いています。
P9146938.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。
スポンサーサイト



コガモ
埼玉でもカモの飛来が報じられる季節になりました。

(1) 北本自然公園に行ったところ、カモが来ていました。 これはクチバシが黄色っぽいのでメスでしょう。
P1360815.jpg



(2) 盛んに羽繕いをしていました。
P1360814.jpg



(3) 一方、こちらはクチバシに黄色味がなく黒いのでオスの非繁殖羽(エクリプス)と思います。
P1360829.jpg
コガモ:全長38cm、日本で最小のカモ、キジバトより少し大きいカモ科の冬鳥。
     冬鳥として日本に最も早く飛来し、春は最も遅くまで逗留すると言われています。



(4) 池の一角にはコウホネ(河骨)が咲いていました。
P1360817.jpg



(5) ハチが蜜を吸いにやって来ました。
P1360818.jpg



(6) 水草が繁茂するところにはカルガモが休憩中。
P1360811.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
コガモ、マガモ&ヒドリガモ
今日は、羽生水郷公園で出会ったコガモなどのカモの登場です。

(1) この時季、コガモが沢山飛来していました。この仔はオスくん。
P1260858.jpg



(2) そしてこちらはメスさん。
P1260853.jpg



(3) そしてもうカップルになったと思われる仔たちもいました。
P1260856.jpg



(4) そんなコガモの中で、この仔はだ~れ? 
   顔立ちはコガモのオスのようですが、模様が不鮮明です。 
   コガモのオスが非生殖羽(エクリプスといいます)から生殖羽に移行する途中のようです。
P1260860.jpg

コガモ:全長38cm、日本最小のカモでキジバトより少し大きい冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『ユーラシア中部・北部および北米大陸中部・北部で繁殖する。
冬季はヨーロッパ南部、北アフリカ、中近東、南アジア、東アジア、北アメリカ中部から南部へ渡り越冬する。
日本では、冬鳥として全国に飛来する。全国で普通に見られ、市街地の河川や公園の池などでも観察される。
中部地方以北の高原や北海道の湿原では、ごく少数が繁殖している。
カモ類の中では冬の渡りが早く、また春の渡りが遅めである。
越冬中は群れで生活し、関東地方では9月頃から4月頃にかけて見ることができる。』



(5) 一方、こちらはマガモのカップル。オスはきれいな緑色光沢の頭をしています。
P1260831.jpg
マガモ:全長59cm、ほぼカルガモと同大のカモ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『北半球の冷帯から温帯に広く分布し、北方で繁殖するものは冬季は南方への渡りをおこない越冬する。
日本では、亜種マガモが冬鳥として北海道から南西諸島まで全国的に渡来する。
北海道と本州中部の山地では少数が繁殖する。
本州中部以南で、本種が繁殖したとの記録がたまに見受けられるが、これはアヒル・アイガモが繁殖した可能性が高い。
アヒル・アイガモとマガモは生物学的には同じ種であり、識別のしがたい場合もある。』



(6) ヒドリガモの群れですが、手前の一羽は、オスで非生殖羽から生殖羽に移行中と思われます。
P1260838.jpg

ヒドリガモ:全長49cm、オシドリより少し大きいカモ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『ユーラシア大陸の北部の寒帯地域やアイスランドで繁殖し、冬季はヨーロッパ、アフリカ北部、インド北部、中国南部、朝鮮半島、日本などに渡り越冬する。
日本では冬鳥として全国に渡来する。
北海道では厳冬期には少なく、春と秋によく見られる』

冬鳥として飛来して間もないカモたち、オスくんは非生殖羽(エクリプスといいます)から生殖羽へ移行中のものが多くて、典型的なオスのカモとは違うものがいます。要注意ですね。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂きありがとうございます。
コガモ(小鴨)
今日は、今季初撮りのコガモの登場です。約半年ぶりの再開です。

(1) 川越市の伊佐沼、サギ類が多いですが、コガモも多く飛来しています。
   関東地方には冬鳥としてコガモは一番先に来るようです。
P1140834.jpg



(2) 突然数羽が飛び出したと思ったら、あっという間に群れを成していました。
P1150037.jpg



(3) お互いにぶつかりそうに近い距離で接近しています。曇り空でした。
P1150026.jpg



(4) 沼の上を悠々と飛行。
P1150047.jpg



(5) 冬には当たり前に見られるコガモですが、やはり来たばかりの時はカメラに収めたいです。
P1150051.jpg

コガモ:全長38cm、日本で最小のカモ、キジバトより少し大きい。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ユーラシア中部・北部および北米大陸中部・北部で繁殖する。
冬季はヨーロッパ南部、北アフリカ、中近東、南アジア、東アジア、北アメリカ中部から南部へ渡り越冬する。
日本では、冬鳥として全国に飛来する。全国で普通に見られ、市街地の河川や公園の池などでも観察される。
中部地方以北の高原や北海道の湿原では、ごく少数が繁殖している。
カモ類の中では冬の渡りが早く、また春の渡りが遅めである。
越冬中は群れで生活し、関東地方では9月頃から4月頃にかけて見ることができる。』
コガモ、オナガガモ、ヒドリガモ&ハシビロガモ
今日は、最近出会ったその他のカモを紹介したいと思います。

(1) 青緑色がとても綺麗に見えたコガモ、これは普段は隠れている翼鏡と呼ばれる羽。 全長38cm、日本最初のカモ。
P1040915b.jpg



(2) オスは尾羽が長いオナガガモ、スッキリして端正な印象を受けます。 隣はメス。 白鳥のいるところで必ず見られます。
P1065276.jpg




(3) 額にクリーム色の帯が見えるヒドリガモ、「ピュー ピュー」という声が聞こえてきます。
P1050333b.jpg



(4) ヒドリガモは、よく地上に上がって採餌する様子が見られます。 真ん中の子は、隣の子にちょっかいを出していました。
P1050498b.jpg



(5) 昼寝中のハシビロガモ。 
P1050518b.jpg



(6) 近寄っても起きてくれず、意地悪そうな目付きで睨まれてしまいました(笑)。
P1050520b.jpg

カモは、よく見るとそれぞれに個性があり美しい羽模様を有していると思います。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.