ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
ハシビロガモ(嘴広鴨)&カルガモ(軽鴨)
今日は、北帰行の途中に立ち寄ったハシビロガモの登場です。

(1) この冬、寂しかった池にハシビロガモが現れました。 北帰行の途中に立ち寄ったと思います。
P1230910.jpg



(2) 入念に羽の手入れを始めました。
P1230933.jpg



(3) 長距離を飛行するには、羽の手入れが欠かせませんね。
P1230934.jpg




(4) 「そこで何をごちゃごちゃと言っているんですか、私は忙しいんですよ。」と睨まれてしまいました。
P1230931.jpg



(5) ここにいたカルガモのカップル、仲睦まじいです。手前の小さい方がメスさんと思います。
P1230935.jpg



(6) 飛び入りのカワウ、濡れた羽を乾かし始めました。
P1230914.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
ハシビロガモ(嘴広鴨)
今日は、小さな池に飛来したハシビロガモの登場です。

(1) 池で最初に見たのはクチバシを羽に入れた昼寝モード、でも目はしっかりとこちらに向けて開いています。 今季初見です。
P1160575.jpg
この時は、この一羽のみでした。これから増えると思います。



(2) 時々、泳いで移動します。
P1160529.jpg



(3) クチバシは、開けると平べったくて大きいことが分かります。
P1160531.jpg



(4) このハシビロガモ、メスのように地味ですが、これはエクリプス(非繁殖羽)で、これから綺麗な羽模様になるのでしょう。
   ちょっと怖そうな目付きが魅力でもあるカモです。
P1160547.jpg

ハシビロガモ:全長50cm、ヒドリガモとほぼ同大のカモ科の冬鳥。
その生息域についてには次のように記されています。
『北アメリカ大陸やユーラシア大陸の高緯度から中緯度地域で繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北部、北アメリカ大陸南部、ヨーロッパ南部、インド、中華人民共和国南部などへ南下し越冬する。
日本では冬季に越冬のため飛来し(冬鳥)、北海道で少数が繁殖する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
ハシビロガモ(嘴広鴨)
今日は、小さな池で出会ったハシビロガモの登場です。

(1) 陸地でお昼寝から覚めたようです。
PC014279.jpg



(2) 水場傍での羽繕い、褐色、緑、青ときれいな配色です。
PC014292.jpg



(3) カルガモが近づいて来ましたが、われ関せず羽繕いに没頭中。
PC014294.jpg



(4) ようやく池に移動しました。
PC014303.jpg



(5) するとすぐに逆立ち体制をとり、池底にある植物などの採餌です。
PC014302.jpg

ハシビロガモ:全長50cm、ヒドリガモと同大、カルガモより小さい。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『北アメリカ大陸やユーラシア大陸の高緯度から中緯度地域で繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北部、北アメリカ大陸南部、ヨーロッパ南部、インド、中華人民共和国南部などへ南下し越冬する。
日本では冬季に越冬のため飛来し(冬鳥)、北海道で少数が繁殖する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。


ハシビロガモ(嘴広鴨)
今日は、昨日のオカヨシガモさんとは対照的に派手なハシビロガモさんの登場です。


(1)エンゼルポーズのハシビロガモさん、まだ完全な繁殖羽になっていません。
PB248399.jpg
メスはどれもお昼寝中で顔を見せてくれません。


(2)お休み中のハシビロガモさんの近くにハクセキレイさんがやって来ました。(左上)
PB248404.jpg



(3)ハクセキレイさん、伸びをしてきれいな羽を披露してくれました。
PB248409.jpg



(4)ハシビロガモさんのすぐ近くまで来ましたが、ハシビロガモさんは気付かず昼寝を決め込んでいます。
PB248412.jpg



(5)池の中央では十羽以上の群れが頭を水に浸けて円形を描きぐるぐる回っています。 いったい何でしょう?
PB208319.jpg



(6)ズームアップして見ます、クチバシを水面に浸けながらぐるぐる回っています。
PB208323.jpg
この行為については、徒然野鳥記に次のように記載されています
『水中のプランクトンを中心部に集め、それを幅の広い嘴の内側の縁にある、くし歯突起(板歯とよびます)で濾過して食べているのです。
全てのカモの嘴の内側縁には板歯がありますが、とりわけこのハシビロガモはその密度が高いのです。
プランクトンを濾過できるほどの密生しているのですから、他の水中の有機物(水草の種など)も餌とできます。
ハシビロガモの食べている主なプランクトンは動物性であろうと思われます。
ハシビロガモの嘴は、基部から先端に行くほど幅広くなっています。
多くの水をのみこむためにこのように先端ほど幅広くなっているのです。』

最後までご覧頂きありがとうございます。
公園にて
地元の小さな公園に行ってみました。

(1)池には、まだハシビロガモ(嘴広鴨)さんが10羽くらい、つがいで行動しているように見えます。左がオス、右がメス。
P3316134.jpg



(2)仲良く逆立ちしての採餌、底にある植物などを食べているものと思います。
P3316136.jpg



(3)タンポポが咲く池の傍で日向ぼっこしていましたが、オス君は私に気付いて腰を上げてしまいました。
P3316175.jpg



(4)また、2羽のカイツブリ((鳰)さんもいましたが、白っぽい冬羽から褐色の夏羽に換羽しつつありました。
P3316147.jpg
ここで繁殖してくれるといいのですが。



(5)カイツブリさん、お得意の水切り仕草。
P3316140.jpg



(6)また、近くには冬鳥のシロハラ(白腹)さんが食べ物を探していました。
P3316173.jpg



(7)池の傍には桜がきれいに咲いていました。
P3311156.jpg
もう、ツバメやオオルリなどの夏鳥が飛来しているようですが、冬鳥もまだ居残っていて、混在している時期ですね。

今日は、朝から雪が降り、真冬並みの寒さでした。
このところ、寒暖の差が激しいので、着るものを調整して体調管理に気を付けたいです。

最後までご覧頂きありがとうございます。
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.