FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
カンムリカイツブリ&ミコアイサ
昨日の伊佐沼の続きです。

(1) 久しぶりの伊佐沼に新顔が来ていないか探していると、遠くにカンムリカイツブリが数羽。
   カンムリカイツブリは、全長56cm、ハシブトガラスくらいの大きさのカイツブリ科の冬鳥。
P1380040.jpg



(2) 遠かったので対岸へ行ってみました。 半逆光で見難いのですが上より少し近かったです。
P1380078.jpg



(3) そのうちに二羽のカモが現れました。 ミコアイサのメスだと思います。 残念ながらオスは見当たらず。
   ミコアイサは、全長42cm、コガモより少し大きいカモ科の冬鳥。
P1380073.jpg



(4) 一羽のカンムリカイツブリが接近、ミコアイサを追うような感じに見えます。
P1380075.jpg



(5) 危険を感じたのか早逃げです。
P1380076.jpg

カンムリカイツブリもミコアイサも、伊佐沼では渡ってすぐのこの時季にしか見られないと思います。
過去の様子を見ると、渡ってある程度過ぎると別の場所へ移動するようです。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
スポンサーサイト



ミコアイサとマガモ
渡良瀬遊水地シリーズの2回目の今日は、ミコアイサとマガモのバトルです。

(1) 中州傍でマガモ、ミコアイサ(♀)が寛いでいる様子です。
P1280565.jpg



(2) 突然、水しぶきがあがりました。
P1280568.jpg



(3) ミコアイサ(♀)が暴れ出したように見えます。
P1280569.jpg



(4) 自分より大きなマガモを追いかけるミコアイサ、とても気が強いようです。
P1280571.jpg



(5) その後、ミコアイサはバタバタと羽を広げて勝ち誇った様子です。
P1280574.jpg



(6) 一方、追われたマガモですが、こちらも羽を広げてバタバタの仕草、負けてもやるんでしょうか?
P1280575.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
渡良瀬遊水地
先週末、渡良瀬遊水地に鳥見に行きましたのでその様子を何回かに分けて紹介したいと思います。

(1) 谷中湖から北方には冠雪した山々が見えます。 
P1010467.jpg



(2) この日には、ミコアイサが十羽くらい入っているとのことですが、遥か遠くでした。 
  オスのミコアイサ二羽、メス一羽、カンムリカイツブリ一羽が見えます。
P1190073.jpg



(3) 一番近くに来た時のオスのミコアイサ。
P1190060.jpg



(4) メスのミコアイサはもっと近かったですが、それでもこの程度です。
P1190050.jpg

ミコアイサ(巫女秋沙):全長42cm、コガモより少し大きいカモ科の冬鳥。愛好家の間ではパンダガモと通称される。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ユーラシア大陸亜寒帯のタイガで繁殖し、冬季になるとヨーロッパ、黒海、カスピ海、インド北部、中華人民共和国東部などへ南下し越冬する。
日本では冬季に九州以北に越冬のため飛来し(冬鳥)、北海道では少数が繁殖する。』



(5) 上空にはマガモの群れの飛翔が見られました。
P1190112.jpg



(6) アップにした飛翔姿です。
P1190129.jpg



(7) 別の群れが雁行陣スタイルでやって来ました。 上の列の左から6羽目に注目してください。
   マガモの群れに一羽だけオナガガモが入っていました。
P1190131.jpg

明日も続きます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
ミコアイサ(巫女秋沙)
今日は、久しぶりに出会ったミコアイサの登場です。

(1) 今季はメスさんばかりでしたが、3月下旬になってようやくオスくんに出会えました。
P1080546.jpg
パンダガモと言われるように、白と黒の模様がとても綺麗です。



(2) 後ろ姿です、風が強く御髪が乱れていますが…。
P1080524.jpg



(3) 正面顔です、足で搔き搔き、「痒いなあ~」。
P1080484.jpg



(4) 水をごっくん。
P1080482.jpg



(5) メスさんは大分離れたところで採餌していました。
P1080508.jpg
(大宮公園の池にて)
神出鬼没で、あっという間に潜水し、姿が暫らく見えなくなってしまうことがありました。どうやら葦原に入り込むようです。
ミコアイサ:全長42cm、コガモより少し大きいカモ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ユーラシア大陸亜寒帯のタイガで繁殖し、冬季になるとヨーロッパ、黒海、カスピ海、インド北部、中華人民共和国東部などへ南下し越冬する。
日本では冬季に九州以北に越冬のため飛来し(冬鳥)、北海道では少数が繁殖する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
ミコアイサ(巫女秋沙)
今日は、川越水上公園で出会ったミコアイサ嬢(メス)の出演です。

(1) オスくんは通称パンダガモといわれ、人気ですが、メスさんは茶髪が可愛いカモです。
P1050064.jpg
メスさんには比較的よく出会えるのですが、オスくんにはなかなか出会えていません。何処で遊んでいるのでしょう(笑)。



(2) カルガモの三分の二くらいの大きさです。
P1050068.jpg



(3) ときどき搔き搔きをしていました。
P1050050.jpg



(4) またウオーミングアップでしょうか、羽をバタバタとさせきれいな模様を見せてくれました。
P1050052.jpg



(5) 近くでは、餌やりが行われ、ユリカモメ、カルガモ、ヒドリガモが争って集まっていました。
  しかし、ミコアイサは主に潜水して魚などを捕獲する魚食のカモ、こには全く寄って来ませんでした。
P1040956.jpg

ミコアイサ:全長42cm、コガモより大きいカモ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ユーラシア大陸亜寒帯のタイガで繁殖し、冬季になるとヨーロッパ、黒海、カスピ海、インド北部、中華人民共和国東部などへ南下し越冬する。
日本では冬季に九州以北に越冬のため飛来し(冬鳥)、北海道では少数が繁殖する。』


copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.