ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
ビンズイ(便追)
今日は、園内の松林で出会ったビンズイの登場です。

(1) 二羽のビンズイが松の傍で食べ物を探していました。セキレイの仲間で絶えず尾羽を上下させています。
P1030877.jpg



(2) 夏は高地で繁殖、よい声で鳴きます。 ビンズイという名前は鳴き声からきたそうです。
P1030889.jpg



(3) 「そっちで何か勝手なことを言ってるけど、ご用ですか?」
P1030905.jpg

ビンズイ:全長16cm、スズメより大きくセキレイ科に属す。
      漂鳥又は夏鳥として、四国以北で繁殖し、関東以南で越冬する。


(4) ロウバイの花は見頃でした。
P1030787.jpg
(武蔵森林公園にて)

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
ビンズイ(便追)
今日は、地元の林で出会ったビンズイに登場願いました。

(1) 林の中、前方に飛び立つ気配、枝にとまったのはこの子、尾羽を上下させている様子はセキレイの仲間です。
PC014318.jpg



(2) ゆっくり近づきていくと、背景に紅葉が入る光景に。 ここまで来るとビンズイと分かります。
PC014321.jpg



(3) かなり近づきましたが、落ち着いています。
PC014333.jpg



(4) そして、近くの枝に移り、羽繕いなどでリラックスした様子でした。
PC014352.jpg

ビンズイ:全長16cm、スズメより大きいセキレイ科の漂鳥。
      夏は山地で繁殖し、関東以南で越冬。

その生息地についてWikiには次のように記載されています。
『西シベリアからロシア極東、サハリン、朝鮮半島、中国東北部にかけてとヒマラヤ付近で繁殖し、冬季はインドや東南アジア、フィリピン、台湾などの温暖な地域に渡り越冬する。
日本には漂鳥または夏鳥として四国以北の山地で繁殖し、冬は暖地に移動する。西日本での繁殖は局地的である。
北海道や本州北部では平地でも繁殖する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
奥日光の鳥たち
今日は、奥日光で出会ったその他の鳥さんを紹介します。

(1)ビンズイ(便追)さん、4月初旬までは埼玉の平地でも見かけましたが、その後は高地に移動していました。
P5086406.jpg



(2)モズ(百舌)さん、こちらは今でも平地で見かけます。
P5086360.jpg



(3)カケス(懸巣)さん、木の実を探していたようです。
P5086397.jpg



(4)木の天辺でさえずるオオルリ(大瑠璃)さん、遠い上枝かぶりの証拠写真です。
P5086408.jpg



(5)湯滝は水量が豊富で迫力十分でした。
P5082395.jpg

今回、コマドリを初めて見しました。 しかし、撮影は出来ず残念。

なお、22日まで留守にしますのでコメント欄は閉じさせて頂きます。
最後までご覧頂きありがとうございます。

なお、拙きブログに拍手の応援頂き とても励みになり、感謝申し上げます。
今季の初物-その2 ビンズイ(便追)
今日は、昨日に続き今季初見の鳥さん、ビンズイ(便追)さんです。

(1)池近くの倒木の上で佇むビンズイさんに出会いました。
PB016991.jpg



(2)お顔をもっと見せてくれないかと思ったら、思いが通じたのか向けてくれました。
PB016994.jpg
金網越しの撮影のため、被ってしまい不鮮明になり恐縮です。
ビンズイ:全長16cm、スズメより大きいセキレイ科の留鳥又は漂鳥。
      セキレイの仲間なので、尾羽を上下させながら歩きます。
     夏季標高の高い山地で繁殖し、冬期は平地に降りて越冬、関東地方では冬鳥。



(3)田んぼの畦道には、ホトケノザ(仏の座)が咲いていました。
PB097567.jpg
ホトケノザというと早春に咲く野草とのイメージですが、この時期でも温かいと咲くのですね。


(4)ツマグロヒョウモン(メス)が来ていました。
PB097568.jpg



(5)こちらは地味なオスのツマグロヒョウモン、翅の痛みが激しいです。
PB097576.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。
ビンズイ(便追)
今日は、ビンズイ(便追)さん。

(1)林の開けたところを足早に歩くビンズイさん。 前回のタヒバリさんに似ていると思いませんか。
P1131145.jpg



(2)タヒバリさんは、冬鳥として水田、川原などの水辺に飛来、一方、ビンズイさんは、野山の松林などで見かけることが多いです。
P1131152.jpg



(3)外観上、タヒバリさんとの大きな違いは、目の後方に白い斑とその下に黒い斑があることと言われています。
P1131164.jpg



(4)両者共、全長16cm、ヒバリと同大で、尾羽を上下させて歩くセキレイ科に分類される鳥さんです。
P1131171.jpg



(5)5年前の夏、野反湖近く、木の天辺で綺麗な声で囀るビンズイさんを撮ったことがありました。
IMGP2502.jpg
その当時は、まだ鳥にそれ程関心がない時期で、鳥の名前が分かりませんでした(;´Д`)。
繁殖期は高い山や高原で生活します。
名前は、野鳥の会の創設者、中西悟悟堂がビンズイの鳴き声を「ビンビンツイツイ」と聞きなしたことからきていると徒然野鳥記に記載されています。

最後までご覧頂きありがとうございます。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.