FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
ビンズイ(便追)と金のなる木
今日は、ホオジロガモがいた川の近くで出会ったビンズイの登場です。

(1) 荒川河川敷の林にビンズイが三羽飛んできました。
P1280416.jpg



(2) 川の近くだったのでタヒバリかと思ったのですが、目の後ろに白斑がありビンズイと確認しました。
   タヒバリは、木にとまったのを見たことがないことを思い出しました。
P1280420.jpg



(3) この後、三羽が揃って飛んで行きました。
P1280422.jpg
ビンズイ:全長16cm、スズメより大きいセキレイ科の漂鳥又は夏鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『西シベリアからロシア極東、サハリン、朝鮮半島、中国東北部にかけてとヒマラヤ付近で繁殖し、冬季はインドや東南アジア、フィリピン、台湾などの温暖な地域に渡り越冬する。
日本には漂鳥または夏鳥として四国以北の山地で繁殖し、冬は暖地に移動する。西日本での繁殖は局地的である。北海道や本州北部では平地でも繁殖する。』


今日のおまけは、我が家で咲いた金のなる木です。
(4) もう10年以上になる金のなる木、初めて昨年末から少しづつ咲き出しました。
   珍しいものではないですが、我が家ではお初ということで載せました。
DSC00490.jpg



(5) 特に香もない、清楚な花を付けてくれました。
DSC00485.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
スポンサーサイト



ビンズイ(便追)
今日は、地元の林で出会ったビンズイの登場です。

(1) 林道を歩いていると足元から飛び立った鳥、少し先の枝にとまりました。 ビンズイです。
P1270041.jpg



(2) セキレイと同様尾羽を上下させます。
P1270045.jpg



(3) 「どう、見てみて、私の羽、きれいでしょう。」
P1270052.jpg



(4) 「だけど、どうも痒いな~。」
P1270056.jpg



(5) 「う~ん、こんな格好になっちゃって失礼します^^;。」
P1270057.jpg

ビンズイ:全長16cm、スズメより大きいセキレイ科の漂鳥又は夏鳥。
      夏に信州へ行って時、綺麗な声でさえずっているビンズイに出会ったことがあります。
その生息域についてには次のように記載されています。
『西シベリアからロシア極東、サハリン、朝鮮半島、中国東北部にかけてとヒマラヤ付近で繁殖し、冬季はインドや東南アジア、フィリピン、台湾などの温暖な地域に渡り越冬する。
日本には漂鳥または夏鳥として四国以北の山地で繁殖し、冬は暖地に移動する。西日本での繁殖は局地的である。北海道や本州北部では平地でも繁殖する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂きありがとうございます。
ビンズイ(便追)、まだいました。
今日は、地元の林で見かけたビンズイの登場です。

(1) 4月下旬、地元の林で4~5羽のビンズイが採餌しているところに出会いました。
P1240457.jpg



(2) これからは標高の高い高原に移動し、よい声でさえずることでしょう。
P1240463.jpg



(3) こちらに気付くと、尾羽を上下させながら急ぎ足で見えなくなってしまいました。
P1240465.jpg

ビンズイ:全長16cm、スズメより大きいセキレイ科の漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『西シベリアからロシア極東、サハリン、朝鮮半島、中国東北部にかけてとヒマラヤ付近で繁殖し、冬季はインドや東南アジア、フィリピン、台湾などの温暖な地域に渡り越冬する。
日本には漂鳥または夏鳥として四国以北の山地で繁殖し、冬は暖地に移動する。
西日本での繁殖は局地的である。北海道や本州北部では平地でも繁殖する。』




(4) ビンズイがいた林にはキンランが竹やぶの中で咲いていました。
P1240492.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
武蔵丘陵森林公園にて(1)
先日、武蔵丘陵森林公園へ鳥見に行ってみました。今季3回目です。
しかし、予想外に鳥は少なく、花が沢山咲いていました。

(1) 梅は丁度見頃、斜面一杯に赤や白の花が見事でした。 甘い香りが一面に漂って、春爛漫でした。
P1010485.jpg



(2) 白、ピンク、赤そして黄色が重なって美しい光景を見せてくれました。 黄色はサンシュユの花です。
P1010488.jpg



(3) カメラ女子も撮影していました。
P1010507.jpg



(4) 梅の花を逆光で撮ってみました。
P1010511.jpg



(5) ビンズイには2か所で出会いました。ここは疎林地帯と呼ばれ松林があり、三羽がいました。
P1220986.jpg



(6) 一方、こちらは西田大沼に近い松林、一羽でした。ビンズイと松は切っても切れない縁があるようです。
P1230005.jpg

ビンズイ:全長16cm、スズメより大きくホオジロより小さいセキレイ科の漂鳥。
      夏は標高の高い高原などできれいな声でさえずっています。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『西シベリアからロシア極東、サハリン、朝鮮半島、中国東北部にかけてとヒマラヤ付近で繁殖し、冬季はインドや東南アジア、フィリピン、台湾などの温暖な地域に渡り越冬する。
日本には漂鳥または夏鳥として四国以北の山地で繁殖し、冬は暖地に移動する。西日本での繁殖は局地的である。
北海道や本州北部では平地でも繁殖する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
ビンズイ(便追)&コサメビタキ
奥日光・戦場ヶ原シリーズ4回目の今日は、ビンズイとコサメビタキです。

(1) 逆光の枝でビンズイがさえずっていました。
P1110020b.jpg



(2) 「あんまり見ないでちょうだい。」
P1110022a.jpg



(3) リラックスしているようでした。
P1110024.jpg

ビンズイ:全長16cm、スズメより大きいセキレイ科の漂鳥。
関東地方の平野部には冬鳥として飛来し、春になると高地へと移動するようです。



(4) 戦場ヶ原とは反対側の林にはコサメビタキが行き交っていました。 
P1110060.jpg



(5) ヒタキ科の仲間だけあって目が大きくクリクリして可愛いです。
P1110061.jpg

コサメビタキ:全長13cm、スズメより少し小さいヒタキ科の夏鳥。
戦場ヶ原シリーズ、続きます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.