FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
202001<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>202003
キクイタダキ、シロハラ&ガビチョウ
昨年末、地元の林でキクイタダキ、シロハラ及びガビチョウ出会いました。

(1) 松の木に小鳥の群れが飛んで来ました。 キクイタダキ、ヤマガラ、シジュウカラなどの混群です。 撮れたのはキクイタダキのみ。
P1390784.jpg



(2) 皆すぐに飛び去って行きました。 やはりキクイタダキを撮るのはハードルが高いです。
P1390786.jpg



(3) 近くで鳴き声がしたので探してみたらガビチョウ。
P1390787.jpg



(4) 意外な程の近くです。 真冬にもさえずるんですね。
P1390788.jpg



(5) 今季初見のシロハラに出会えました。
P1390793.jpg



(6) 顔が結構黒いのでオスでしょうか。
P1390796.jpg
ツグミ、シメ、シロハラ、カシラダカなどの冬鳥、例年に比べまだ少ないように感じます。増えて欲しいですね。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂きありがとうございます。
スポンサーサイト



キクイタダキ(菊戴)
今日は、国内最小の鳥と云われるキクイタダキの登場です。

(1) 常緑樹に付いた虫を食べるために忙しく動き回るキクイタダキ。 エナガの何倍も撮影は難しいです。
P1380711.jpg



(2) 名前の由来になっている頭の中央にある黄色い冠羽を撮りたいのですが、見上げる形でしか撮れず叶いません。
P1380720.jpg




(3) 疲れたのか、枝に留まりじっとする時間がありました。
P1380742.jpg



(4) じっとしていたので撮れたのですが、肝心の頭の黄色い冠羽は見えず撮れません^^;。
P1380745.jpg



(5) 逆光気味で羽が輝いて見えました。
P1380760.jpg

キクイタダキ:全長10cm、メジロより小さく日本最小種、キクイタダキ科の漂鳥又は留鳥。
名前は、頭頂部に黄色い冠羽があるため菊を戴くという意味から命名されたとのことです。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『砂漠地帯を除くユーラシア大陸の高緯度から中緯度の地域に広く分布する。
総個体数はおよそ8,000万から2億羽、生息域は1,320万 km2と推定されている。
日本では、北海道と本州中部以北(留鳥または漂鳥)で繁殖し、本州中部以南の西日本には一部が越冬のために飛来する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
地元散歩
久し振りに地元散歩をして、春を実感しました。

(1) 星の瞳、小さくて清楚な花です。 (別名オオイヌフグリ)
P1300794.jpg



(2) 絨毯のように見えるホトケノザの群生。
P1300798.jpg



(3) ホトケノザの花も小さいですが、これもよく見ると美しいと思います。
P1300799.jpg



(4) テングチョウが飛び回ったり止まったり。成虫で冬を越したのでしょう。
P1300789.jpg



(5) テングチョウを裏側から見たところです。
P1300790.jpg



(6) 林の中で、ヤマガラ、エナガ、シジュウカラなどの混群。その中にキクイタダキが混じっていました。いつもながら撮影困難。
P1300589.jpg



(7) エナガはキクイタダキに比べれば撮り易い方です^^。
P1300762.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
キクイタダキ(菊戴)
彩湖に行った帰り、隣の秋ヶ瀬公園に寄ったところ、キクイタダキに出会いました。

(1) 暗い針葉樹に数羽が来ているようでした。 
P1280087.jpg



(2) ミソサザイなどと並んで日本最小の鳥、黄色い冠羽が見られます。 オスは興奮すると赤い班まで見られるそうです。
P1280090.jpg



(3) 撮影は、相手が小さい上に、暗い、枝被り、動きが速過ぎの三重苦があって大変です。
P1280098.jpg



(4) じっとしているのは一瞬。
P1280109.jpg



(5) どうも真正面からのこういうポーズが多いです。
P1280117.jpg



(6) 針葉樹に生息する蛾の幼虫、昆虫、クモ類などを食べるようです。
P1280118.jpg

キクイタダキ:全長10cm、メジロやミソサザイより少し小さいキクイタダキ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『砂漠地帯を除くユーラシア大陸の高緯度から中緯度の地域に広く分布する。
総個体数はおよそ8,000万から2億羽、生息域は1,320万 km2と推定されている。
日本では、北海道と本州中部以北(留鳥または漂鳥)で繁殖し、本州中部以南の西日本には一部が越冬のために飛来する。』
武蔵丘陵森林公園(その6)
今日は、武蔵丘陵森林公園の最終日です。

(1) 原種シクラメンの小さな花が咲いていました。 原種というだけあって非常に小さいです。
P1210230.jpg



(2) 松の木の下でヤマガラが食べ物探し中、何かを咥えていました。
P1210244.jpg



(3) 近くにはツグミも採餌中でした。
P1210294.jpg



(4) ジョビ子さんはあちこちで見られました。 一方、ジョビ男くんは最初に見ただけでその後現れません。
P1210234.jpg



(5) 疎林地帯では松の木の上方でキクイタダキが忙しく動き回っていました。 枝被りでピンボケ。
P1210302.jpg



(6) 辛うじて証拠写真が一枚取れました。 手強い相手です。
P1210312a.jpg

これで武蔵丘陵森林公園を終了します。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.