ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
ミヤマホオジロ(深山頬白)
小根山森林公園の2回目は、ミヤマホオジロの登場です。

(1) 餌場に飛来したミヤマホオジロ、とても警戒心が強いです。
P1060588b.jpg



(2) 冠羽を立てました。 
P1060598b.jpg



(3) どうも警戒心が先に立つと冠羽が寝てしまうように思います。
P1060602b.jpg



(4) 喉と頭の黄色い羽が美しい鳥です。
P1060653b.jpg

ミヤマホオジロ:全長16cm、スズメより大きいホオジロ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ユーラシア大陸東部の大韓民国、中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国、日本、ロシア南東部に分布する。
夏季に中華人民共和国や朝鮮半島、ウスリーなどで繁殖し、冬季には中華人民共和国南部や日本、台湾へ南下し越冬する。
日本では冬季に基亜種が主に本州中部以西、四国、九州に飛来(冬鳥)する。
東日本での越冬数は少ない。
広島県(西中国山地)や長崎県(対馬)では繁殖例がある。
和名のミヤマは山奥ではなく「遠隔地」を指し、以前は朝鮮半島での繁殖は確認されていたものの日本での繁殖が確認されていなかった事に由来する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
ミヤマホオジロ(深山頬白)
今日は、地元で出会ったミヤマホオジロ(メス)の登場です。

(1) 鳥見散歩していたところ、前方で地面から飛び立った数羽の鳥さん、再び地面に降りたところの証拠写真です。
PB133670a.jpg
カシラダカに似ていますが、喉が白く冠羽が黄色っぽいことなどからミヤマホオジロのメスと思います。
双眼鏡では換羽が黄色のオスもいることが分かりました。
オスは、黄色い冠羽が鮮やかで一目でそれと分かります。



(2)  まさか地元でミヤマホオジロに出会えるとは思ってなく、驚きの瞬間でした。
PB133671a.jpg
警戒心が強く、この後すぐに飛び立ってしまいました。

ミヤマホオジロ:全長16cm、スズメより大きく、ホオジロより小さいホオジロ科の冬鳥、西日本に多く飛来するとのこと。
          ミヤマ(深山)という名が付いていますが、山奥ではなく平地の林などで見られます。


(3) けやきが程よく色付きました。
PB143734.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
ミヤマホオジロ(深山頬白)
今日は、土手の斜面で採餌中のミヤマホオジロさんに登場願いました。

(1)頭部の黄色味が少なく、まだ若いオスくんかと思います。
P2022206.jpg



(2)草が密集したところで草の実などを捕っていると思います。背景がすっきりしません (ノд`)。
P2022227.jpg



(3)一方、こちらは上の若オスくんと一緒に行動していた個体です。殆ど黄色味がなく、メスさんと思います。
P2022202.jpg



(4)黄色味が少ないとカシラダカさんと間違えそうです。
P2022233.jpg
(2月2日、北本自然観察公園にて)
ミヤマホオジロ:全長16cm、スズメより大きいホオジロ科の冬鳥。
山岸哲著「けさの鳥」では次のように紹介されています。
『シベリア南東部・中国東北部などで繁殖し、冬鳥として西日本に多く渡来する。
対馬や中国山地などでは繁殖記録も少数ある。
江戸前期の「呼子鳥」に「頬白の白きところうこんに黄色なり、胸に黒き月の形あり」、「大和本草に「是れ頭に勝(飾り)有り」とある。』

最後までご覧頂きありがとうございます。
青、赤、黄の信号機シリーズ、今日は最後の黄です。
この時期の黄といえば、やはりミヤマホオジロ(深山頬白)さん。

(1)ミヤマホオジロさん、冠羽があり、眼上部にある眉斑と喉が黄色。
P2203692.jpg



(2)地上に落ちている木の実などをお食事にしています。
P2203712.jpg



(3)手前はロウバイ、その奥にいます。
P2203752.jpg



(4)枝に留まってくれたオスのミヤマホオジロくん。
P2203670.jpg



(5)こちらはメスさん、オスに比べ黄色味が薄いです。
P2203674.jpg



(6)まだロウバイがきれいに咲いていました。
P2200978.jpg
ミヤマホオジロ:全長16cm、スズメより少し大きく、ホオジロより少し小さい冬鳥。

なお、私の近くでは、ミヤマホオジロになかなか出会えるところがなく、けんさん@埼多摩さんに教えて貰いJR高尾駅近くの多摩森林科学園で出会えました。
多摩森林科学園のブログにも「ホオジロより多いミヤマホオジロ」と紹介されています。

最後までご覧頂きありがとうございます。
国営武蔵丘陵森林公園(2)
昨日の森林公園での鳥見の続きです。

(1)梅、福寿草に加え「マンサク」の花も咲いていました。なお、枝に枯葉が残っているので「シナマンサク」とのことです。
P1050457.jpg




(2)「ミヤマホオジロ(深山頬白)」さんが地面に降りて採餌していました。
P2168388.jpg
ここでミヤマホオジロに出会えるとは思っていなかったので嬉しかったです。まともに撮れたのは初めて。




(3)「ツグミ」さんとのツーショット。
P2168402.jpg
日向に出てくれることを願いましたが、どうも日陰の方がお好きのようです(^_^;




(4)ここでも「ウソ(鷽)」くんがサクラの花芽を食しているのに出会いました。北風が強く羽毛が乱れてますね。
P2168454.jpg
お腹の方まで赤っぽく見えますので「アカウソ」と思われます。




(5)こっちでは、「ウソ女子」が北風に負けまいと一生懸命です。
P2168450.jpg





(6)「クロジ(黒鵐」さんにも出会えました。
P2168484.jpg
リーダーさんから、クロジさんは非常に警戒心が強いので遠くから見るよう指示があり、かなりの距離でした。

クロジさんにここで会えるとは思っていなかったのでミヤマホオジロ同様嬉しかったです。




(7)「ルリビタキ(瑠璃鶲)」くんは、すぐ近くまで出て歓迎してくれました。
P2168527.jpg
留まった梅の木はまだつぼみでした。影がかかってしまいましたね。





(8)すぐ近くの地面に降りて食べ物を取っては、またすぐに枝に留まるを繰り返していました。
P2168564.jpg





(9)ちょっとピンボケで恐縮ですが、翼を広げてくれました。
P2168562.jpg

鳥見のリーダーさんたちのお蔭で、珍しい鳥さんが見られ森林公園での鳥見は大収穫でした。

二日間にわたり見て頂きありがとうございました。

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.