FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
エナガ&クロジ
昨日のミヤマホオジロが現れた近くでエナガとクロジにも出会いました。

(1) 至近距離のエナガ、ふっくらと膨らんだ姿が可愛いです。
P1290489.jpg



(2) ちょっと目付きが悪い^^。
P1290491.jpg



(3) クロジが目線をくれました。
P1290508.jpg



(4) 食べるのに余念がありません。
P1290497.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
スポンサーサイト



クロジ(黒鵐)&アオジ(青鵐)
今日は、クロジとアオジ(どちらもホオジロ科の仲間)の登場です。

(1) とても色黒のクロジくん、警戒心が強く、薄暗いところが好きですが、日向に出てきました。
P1280283.jpg



(2) 「そこで何か言っていますが、ボクはこういうごちゃごちゃしたところが好きなんですよ。」
P1280289.jpg




(3) 一方、新たに現れたこちらは、上の仔に比べ黒さが少ないです。 多分、若い仔だと思います。
P1280300.jpg



(4) 「何か美味しいものが食べたいな~。」
P1280304.jpg




(5) そして、こちらはアオジくん、目先が黒いのでオスくんですね。
P1280327.jpg



(6) 最後は、メスのアオジさん、優しいお顔です。
P1280414.jpg
(埼玉県熊谷市の荒川の河川敷にて)

クロジ:全長17cm、ホオジロと同大のホオジロ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『カムチャツカ半島南部から千島列島、サハリンで繁殖し、冬季は中国東部へ渡る。
日本では、本州中部以北に留鳥として生息し繁殖する。冬季は南方や平地に移動する個体も多い(漂鳥)。
北海道には夏鳥として渡来し、本州中部以西には、冬鳥として渡来する。
日本においては比較的普通種であったが、日本以外の地域での生息は長く確認されていなかったため、一時期日本固有種とされていたこともある。』

アオジ:全長16cm、クロジより少し小さいホオジロ科の漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『インド北部、中華人民共和国、台湾、朝鮮民主主義人民共和国、日本、ネパール、ブータン、ロシア南東部。
夏季に中華人民共和国、ロシア南東部、朝鮮半島北部で繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部、台湾、インドシナ半島などへ南下し越冬する。
日本では亜種アオジが北海道や本州中部以北で繁殖し、中部以西で越冬する。
また少数ながら基亜種が越冬(冬鳥)や渡りの途中(旅鳥)のため、主に本州の日本海側や九州に飛来する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
クロジ(黒鵐)
関東地方に冬鳥として飛来したクロジ、4月下旬になっても逗留していました。

(1) 暗い林の中で餌を探すクロジくん(オス)。
P1100148b.jpg



(2) 上とは別個体で、こちらの方が濃い黒色です。
P1100206b.jpg



(3) 一方、こちらはメスさん、アオジのメスさんと似ていますが腰からお尻にかけて茶色いので識別できます。
P1100183b.jpg



(4) クロジさんにあやかって我が家も黒字になることを願っています(笑)。
P1100195b.jpg

クロジ:全長17cm、ホオジロと同大のホオジロ科の留鳥又は漂鳥。
Wikiによると、その生息域は以下のように記されています。
『カムチャツカ半島南部から千島列島、サハリンで繁殖し、冬季は中国東部へ渡る。
日本では、本州中部以北に留鳥として生息し繁殖する。冬季は南方や平地に移動する個体も多い(漂鳥)。
北海道には夏鳥として渡来し、本州中部以西には、冬鳥として渡来する。
日本においては比較的普通種であったが、日本以外の地域での生息は長く確認されていなかったため、一時期日本固有種とされていたこともある。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
アオジ(青鵐)&クロジ(黒鵐)
明治神宮の南池近くでアオジさんとクロジさんに出会いました。

(1)最初にアオジさんが横倒しの木の上に出てきました。
PC210009.jpg



(2)そのうちアオジさんの左から黒っぽい鳥さんが出現。
PC210012.jpg



(3)顔を見せてくれたのはこの1枚だけでした。それ程黒色が濃くないので若鳥かも知れません。
PC210013.jpg



(4)クロジさんはすぐに姿を消し、アオジさんだけが残りました。まだ口に何かの実を咥えています。
PC210016.jpg
アオジとクロジは、色は違いますが羽の模様などはそっくりです。

アオジは全長16cmでスズメより大きいホオジロ科の漂鳥、関東では冬鳥。
一方、クロジは全長17cm、アオジより少し大きいホオジロ科の漂鳥又は留鳥、関東では冬鳥。


最後までご覧頂きありがとうございます。
クロジ(黒鵐)&アオジ(青鵐)
戸隠シリーズ第2回目は、クロジ(黒鵐)とアオジ(青鵐)。
なお、戸隠森林植物園は標高約1200m、この前の富士五合目の約2500mより低く、鳥の種類も異なります。

(1)隋神門からキャンプ場への道を少し行ったところでクロジさんに出会いました。
P5300461.jpg



(2)埼玉では冬鳥として見られますが、繁殖地で見るとより生き生きして雰囲気がまるで異なるように感じます。
P5300476.jpg



(3)この時は、特にさえずることもありませんでしたが、この場所に暫くの間留まってサービスしてくれました。
P5300478.jpg



(4)こちらは、クロジさんと同じホオジロ科のアオジさん、冬鳥として見た時より黄色がとても鮮やかです。
P5310588.jpg



(5)植物園内の水芭蕉は既に終わっていました。 黄色の花はリュウキンカ。
P5301420.jpg


(6)戸隠への途中で見た後立山連峰、雪が残る山々がとても綺麗に見えました。
P5301402.jpg

明日も続きます。
最後までご覧頂きありがとうございます。
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.