FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
オナガ(尾長)の群れ
今日は、久しぶりにオナガの登場です。


(1) 住宅街の電線に10羽くらいのオナガの群れが飛来。
P5313669.jpg



(2) 全長37cm、ヒヨドリ(28cm)より大分大きいカラスの仲間。 美しい姿に似合わないだみ声で鳴くのですぐ分かります。
P5313651.jpg



(3) 群れでいると心強いのでしょう、こんな所で羽繕い。
P5313655.jpg



(4) 「あら、よいしょ」っと飛び移つります。
P5313660.jpg



(5) 曇り空でもあり、目を含む頭部が黒くて目が出ません。
P5313667.jpg

時々住宅街でも見かけますが、普段はどこで生活しているのでしょう。
生息域が東日本に偏っていて、西日本では見かけないのも不思議なことです。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
スポンサーサイト



白鳥飛来地で出会った鳥(1)
新年に入り関東地方は寒い冬晴れが続いています。
今日は、川島町の白鳥飛来地で出会った鳥を紹介したいと思います。

(1) 白鳥飛来地には必ず沢山のオナガガモが見られるようです。
P1390632.jpg



(2) 沢山集まると食べ物を巡ってバトルが起きます。
P1390636.jpg



(3) メスさんに追われるオスくん。
P1390637.jpg



(4) 離れると両者ともに羽をバタバタと広げて勝ちを宣言しているように見えます。
P1390638.jpg



(5) オオバンも沢山いて、ここでもバトルが繰り広げられています。 オナガガモに比べ動きが派手。
P1390642.jpg



(6) カルガモも数多くいます。 二羽がお互いに首を上下させた後、交尾態勢。
P1390717.jpg



(7) 下の仔は水没寸前です。
P1390719.jpg



(8) 終わった後には羽をバタバタと広げていました。 カモなどの水鳥は何かが終わると羽をバタバタと広げる習性があるように見えます。
P1390721.jpg

明日も続きます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝いたします。
オナガガモの大群
昨日の武蔵森林公園の続きです。

(1) 中央口近くにある山田沼に来ました。 まず目に入ったのは二羽のダイサギ。
P1180128.jpg



(2) そして、マガモ、ホシハジロなどのカモたち。
P1180130.jpg



(3) 上空を見上げると、カモの大群が飛翔。 内陸部でこんな大群を見たのは初めてです。
P1180160.jpg



(3) オナガガモです。 
P1180150.jpg



(4) この画像に移っている数でも150羽を超えています。全部を一度に写せませんでしたが、この2倍ぐらいはいたと思います。
P1180134.jpg



(5) 上空を何回も旋回していました。この沼に降りるのを期待したのですが、遠くへと飛んで行ってしまいました。
P1180164.jpg
肉眼で見たときは凄い迫力だったのですが、写真に撮ると平凡な絵になってしまっています(泣)。



(6) 右上の仔だけが、肌色の足を出しているのに気が付きました。別種が混じっていたか?
P1180142.jpg

オナガガモ:全長オス75cm、メス53cm、オスは名の通り尾羽が長い。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ユーラシア大陸の北部と北アメリカ北部の寒帯から亜寒帯にかけての地域で繁殖し、冬季はユーラシアおよび北アメリカの温帯から熱帯地域やアフリカ北部に渡り越冬する。
カモ類の中ではマガモ、コガモ、ハシビロガモに並んで分布域が広い。
アジア極東部で繁殖するものは、同じ個体が年によって日本などのアジア地域や北アメリカと異なった地域で越冬することが、足環を使った標識調査で確認されている。
日本では全国に冬鳥として多数渡来する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
群馬県・ガバ沼にて
2月下旬に多々良沼・ガバ沼れた時には、ハクチョウさんは多々良沼にはいなくてガバ沼に集中していました。
この時、ガバ沼にはコハクチョウが60羽、アメリカコハクチョウが2羽、その他オナガガモさんが多数。

(1)ガバ沼の遠景、陸には数多くのオナガガモさん、沼の中にもかなりの数がいます。他にはカワウさんが杭にとまっています。
P2282186.jpg



(2)時々何かに驚いてかオナガガモさんが一斉に飛び立つことがあります。
P2283720.jpg



(3)ハクチョウさんたちは時に鳴き交わしコミュニケーションをとっています。
P2283748.jpg



(4)一方、オナガガモさん、それぞれに羽繕いをしてのんびりとした時が過ぎて行きます。
P2283723.jpg
何故かハクチョウさんがいるところには、必ずと言っていいくらいオナガガモさんが一緒に生活しているように思います。

早いもので東日本大震災から5年、震災の被害を受けた方々のことを思うと、何もなかった私たちは申し訳ないような気持になります。
一日も早い復興を願っています。
なお、私が、ブログを始める一つのきっかけはこの大震災、今年6月で5年になります。

最後までご覧頂きありがとうございます。

拙きブログに拍手の応援頂き とても励みになり、感謝申し上げます。
多々良沼(群馬県)
昨日紹介したツルシギがいた多々良沼には、沢山のカモさん、オオバンさん、カンムリカイツブリさん等がいました。

(1)沼の上空をカモさんの群れが飛び交っていました。
PB127911.jpg



(2)飛んでいるカモさんとしてはオナガガモさんが多いようでした。
PB127896.jpg



(3)無事着水。
PB127926.jpg



(4)オオバンさんの群れもいましたが、こんなに沢山いるところは初見でした。
PB127882.jpg



(5)オオバンさんの群れが上陸、黒い鳥の集団が一斉に上陸する様子は何だか不気味な感じがしました。
PB127885.jpg



(6)そして、冬鳥として飛来したカンムリカイツブリさんもいました。
PB127906.jpg

多々良沼は群馬県の東南部、館林市の西部にあって邑楽町に隣接し、北は渡良瀬川、南は利根川に挟まれた低地部にあります。
面積約75ha、周囲約6kmの広大な自然豊かな沼です。
今回、短時間でしたが初めて訪れ、水鳥の多さに驚きました。

最後までご覧頂きありがとうございます。
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.