ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
レンジャクのお食事
今日はレンジャクの食事光景を紹介したいと思います。
レンジャクと言えばヤドリギの実を食べることがよく知れれています。
私が出会った場所にはヤドリギがなく、リュウノヒゲ(別名ジャノヒゲ)がご馳走です。

(1)ヒレンジャクさんが青紫の実(リュウノヒゲ)を咥え、得意そうな表情に見えます。
P3134937.jpg



(2)こちらは、誇示するように獲った実を高々と掲げているように見えます。
P3134944.jpg



(3)上とは別の場所ですが、やはりリュウノヒゲの実です。
P3185308.jpg



(4)右端の子は既に飲み込んでしまい、左から3番目が咥えています。 なお、左端はキレンジャクさんです。
P3185312.jpg



(5) 時々梅の木に留まるので、花と一緒のシーンを撮るチャンスですがよい所に留まってくれません(ノд`)。
P3185321.jpg
レンジャクはここの実を食べ尽くすまでは逗留し、その後は徐々に北へと向かうのだと思います。

最後までご覧頂きありがとうございます。
スポンサーサイト
ヒレンジャク(緋連雀)
今季は、2月の中旬にヒレンジャク初めて出会い、その後まだ居続けています。

(1)相変わらず眼光鋭いヒレンジャクさん、射つくされる感じがします。
P3134810.jpg



(2)お腹の側を見せてくれました。 足から尾羽に向かってオレンジ色が見えます。また逆光気味で尾羽先端の赤がきれいです。
P3134812.jpg



(3)群れるのが好きで、この時も30羽くらいはいたと思います。
P3134817.jpg



(4)さかんに飛翔していましたが、その姿は私の腕では撮れません。 偶然撮れた飛翔を2枚お届けします。
P3134929.jpg



(5)(4)の続きです。
P3134930.jpg
ヒレンジャクは年によってきたり来なかったりするそうですが、今年は当たり年のようです。
なお、沢山撮ってしまったので明日も続きます(笑)。

最後までご覧頂きありがとうございます。
水を飲む
昨日の続きのヒレンジャクさんです。
カモ、ハクチョウ、シロハラなどの冬鳥は11月ごろには関東に飛来します。
しかし、ヒレンジャク、キレンジャクは翌年の2~3月頃と大分遅れて飛来します。
渡りの経路が違うのでしょうか? 謎多き鳥さんだと思います。

(1)木から下りて、小川の水を飲みにやって来ました。 
P2153527.jpg



(2)このような飲み方では、1回に飲める量は少ないと思いますが…。
P2153528.jpg



(3)もう一度飲みます。
P2153533.jpg



(4)何かに驚いたのか一瞬で飛び立ちました。
P2153534.jpg



(5)別のヒレンジャクさんも水のみです。
P2153602.jpg



(6)こちらもすぐに飛び立ちました。
P2153603.jpg
ヒレンジャクさんの水飲み、ゆっくりすればと思うのですが、非常に慌ただしいです。
他の鳥さんに比べ水飲みの頻度が高いように思えます。
なお、同じ場所で、昨年は3月16日がヒレンジャクの初見でした。
今年は、約1カ月早いです。
なお、Wikinには、ヒレンジャクの分布について下記のように説明されています。
『ヒレンジャクはシベリア東部・中国北東部のアムール川・ウスリー川流域で繁殖するが、森林の減少と環境悪化によって絶滅が危惧されている。
越冬地は日本のほか、サハリン、朝鮮半島、中国南部、台湾などだが、年によって飛来数が極めて不規則であり、まったく観察されない年があったり、越冬地でも一年を通してみられることもある。
日本では沖縄県中部より北の地域に、11月から5月にかけて滞在する。東日本に多いキレンジャクに対して、ヒレンジャクは西日本に多く渡来し、北海道ではほとんど見られない。越冬地は低地や、丘陵地の開けた森林・農地などであり、公園や家の庭などにも餌となる果実を求めて飛来する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。
ヒレンジャク(緋連雀)
今日は、今季、初見、初撮りのヒレンジャク(緋連雀)さん。

(1)ヒレンジャクさん、独特の風貌をしており、遠くからでも識別が容易な鳥さんです。
P2153508.jpg



(2)近くに留まってくれました。 まるで歌舞伎役者の様な顔付きで近寄りがたさを感じてしまいます。
P2153524.jpg



(3)頭にある冠羽も半端ではないです。
P2153521.jpg



(4)こんな鳥さんに見つめられるとちょっと怖い感じがしてしまいます(笑)。
P2153606.jpg
ヒレンジャク:全長18cm、ホオジロより少し大きいレンジャク科に分類される冬鳥。
ここ高麗川河川敷(浅羽ビオトープ)には、リュウノヒゲが沢山あり、その実を目指してレンジャクがやってくるようです。
この日は四羽で行動していましたが、もう少しするともっと増えると思います。
明日も続きます。


(5)林の中で咲き始めたミヤマウグイスカグラ (深山鶯神楽)。 
P2140972.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。
ヒレンジャク(緋連雀)の水飲み
今日はヒレンジャク(緋連雀)さんの水飲み場面です。

(1)夕方、ねぐらに帰る前の水分補給のため水場に降り立ちました。
P3293694.jpg



(2)二羽が水のみを始めたところに、別のヒレンジャクさんもやって来ました。
P3293696.jpg



(3)ゆっくり飲めばと思うのですが、飲み終えるとあっという間に飛び立ちます。
P3293700.jpg



(4)思わぬ形でヒレンジャクの飛翔が撮れました(^_-)-☆
P3293702.jpg



(5)こちらは単独で飲みに来ました。
P3293720.jpg



(6)飲んでいるようですが、こぼす量も結構あり、水飲み効率はあまりよくなさそうです(^_^;
P3293722.jpg

偶然ヒレンジャクさんの水飲み光景を撮ることが出来ました。初見初撮りです。

最後までご覧頂きありがとうございます。


copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.