ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
ミソサザイ(鷦鷯)
戸隠シリーズ5回目は、ミソサザイさん。

(1)早朝、木道の杭の上でさえずっていました。 慌てていてピンボケです。
P5226682.jpg



(2)その後、近くの枯れ枝にとまり大きな声でさえずりはじめました。
P5226684.jpg



(3)全長11cmと日本最小の鳥とは思えない大きな声でさえずります。
P5226686.jpg



(4)尾羽を立てている姿はとても凛々しく見えます。
P5226690.jpg
早朝の薄暗い中での撮影で画像が粗れていて恐縮です。
ミソサザイ:全長11cm、キクイタダキと並んで日本最小の鳥、留鳥又は漂鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。

なお、拙きブログに拍手の応援頂き とても励みになり、感謝申し上げます。
スポンサーサイト
ミソサザイ(鷦鷯)
今日は、奥日光で出会ったミソサザイさん。

(1)湯川で巣作りをしていたミソサザイさん、苔のようなものを巣材として運んでいました。
P5086372.jpg



(2)見ている間に何度か巣と思われるところに運んでいました。
P5086376.jpg



(3)あのソプラノのようなさえずりを聞きたかったのですが…。
P5086382.jpg
ミソサザイ:全長11cm、メジロより少し小さい日本で最小種の一つ、ミソサザイ科の留鳥又は漂鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。

なお、拙きブログに拍手の応援頂き とても励みになり、感謝申し上げます。
ミソサザイ(鷦鷯)
戸隠シリーズ第6回は、ミソサザイ(鷦鷯)です。

(1)木道脇の杭の上で一生懸命囀っているところに出会いました。
P5257358.jpg



(2)木道上なので、向こう側にもこちら側にも沢山のギャラリーが見つめています。
P5257353.jpg
皆さん、動けず声を潜めてじっと見ていました。


(3)衆人環視の中でも寛いでいて、羽繕いまでしていました(*_*) 。
P5257357.jpg



(4)再び、綺麗な囀りを聞かせてくれました。身体の割にはとても大きな声です。
P5257360.jpg



(5)こちらは早朝に川そばを尾羽を立てて急ぎ足で歩くミソサザイさん。
P5257223.jpg



(6)近くに営巣しているのかも知れません。
P5257231.jpg

ミソサザイ:全長11cm、メジロよりも小さく、キクイタダキと並んで日本最小の鳥の一つ。留鳥又は漂鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。
戸隠の鳥(5)ミソサザイ
今日は、森のソプラノ歌手「ミソサザイ(鷦鷯)」さん。

(1)早朝5時半ごろの園内で突然ミソサザイさんのさえずりに出会いました。お立ち台上で堂々のお披露目です。
P5263275.jpg




(2)まるでソプラノ歌手が歌っているように聴こえます。
P5263278.jpg




(3)全長11cmと日本の鳥でも最小の部類に入りますが、声量たっぷりで歌います。
P5263279.jpg




(4)こちらは、別の場所で9時過ぎに出会いました。
P5263346.jpg




(5)やはりお立ち台に移動して歌ってくれました。上の(4)と同じ子です。
P5263348a.jpg
ミソサザイのさえずりを今回ほどたくさん聴いたことがなく大変感激しました。

写真も沢山撮ることが出来、今までのリベンジを果たせました(^_^;

なお、ミソサザイ、日本三鳴鳥(にほんさんめいちょう)に入っていると思ったら入っていないのですね。

ウグイス、コマドリ、オオルリが日本三鳴鳥と言われているそうです。

日光探鳥会(続)
今回の日光は、鳥見のため東照宮の裏手、通称裏日光を見て歩きました。

(1)香車がいっぱい陳列してあるここは「観音堂」、別名「産の宮」とも「香車堂」とも言われているそうです。
P1050671.jpg
説明書きによると「将棋の駒の「香車」は“戻らずに直進する駒”なので、 妊婦がこの駒を持って祀ると、無事出産できる」、即ち、安産信仰の杜。右手の赤い建物は、重要文化財の「開山堂」。




(2)「観音堂」の裏手には、高い断崖絶壁があり、「仏岩」と呼ばれているものです。 仏に似た岩があったそうですが、地震で崖が崩れ、消失してしまったとのこと。
P1050674.jpg
崖下の窪みには、説明書きによると「梵天、帝釈天、四天王のうちの三体、そして不動明王の6体が並んでいる」そうです。




(3)この崖のすぐ前には、日光開山の祖「勝道上人のお墓」がありました。
P1050676.jpg





(4)その後、瀧尾神社(日光二荒山神社の別宮)をお参りし、稲荷川近くで昼食。そこに咲いていたのが「フサザクラ」、名前はサクラが付いているが全く別の木のようです。
P1050690.jpg
ここまで来ると、観光案内はいいから早く鳥を出してという声が聞こえてきそうですね(^_^;

実は、出会えた鳥さんが少ないもので、何とかここまで引っ張って来たというのが実情です。





(5)昼食休憩中に、対岸にアカゲラがいるというので撮ってみたのがこれですが、遠すぎて証拠写真程度です。
P3230476.jpg




(6)そして遂に待ち望んでいた「ミソサザイ(鷦鷯)」に出会えました!! 初見、初撮りです。
P3230485.jpg
枝かぶりがあり、ピントも甘いのですが、尾羽をピンと上げ、大口を開けて囀っているところが撮れたのでご容赦ください(^_^;
ホオジロの場合、囀っている時はじっとしているのですが、ミソサザイは囀っている間も忙しく動き回るので落ち着いて撮れませんでした。
ミソサザイは、全長11cm、メジロよりも小さい日本最小の鳥のひとつ。



(7)最後には「シカ(鹿)」さんが三頭もお別れに出て来てくれました。また、別の場所では「サル(猿)」さんにも会いました。
P3230491.jpg





(8)帰りに「神橋」まで戻ってくると、結婚式を挙げた方々が歩いているので出会いました。おめでとうございます。
P1050691.jpg

今回の日光遠征では、「カワガラス」「ミソサザイ」に出会えたので大満足です。

ちなみに、出会えた鳥の数は24種ありましたが、遠くにいるのが多くて、カメラに収められたのは掲載したもののみです。

見られた他の鳥としては、コゲラ、ツバメ、イワツバメ、キセキレイ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、ツグミ、キクイタダキ、エナガ、コガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、ホオジロ、アオジ、ハシボソガラスなどです。

最後まで見て頂きありがとうございました。

今日も寒の戻りで寒い一日でした。暖かくしてお過ごしください。


copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.