ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
ミソサザイ(鷦鷯)
今日は、本当に久しぶりにミソサザイの登場です。

(1) 昨日のルリビタキがいたと同じ場所に現れました。とても暗く高ISO感度に上昇しています。
P1050416.jpg



(2) 小さな獲物をゲット。
P1050428.jpg



(3) 水面をじっと見つめ、
P1050477a.jpg



(4) 素早く獲物を捕らえます。 とっても小さな虫のようです。
P1050479.jpg



(5) 飲み込んだ後に舌が見えました。
P1050480.jpg



(6) 見ている間に何度も虫をゲット、得意そうです。 この時季、さえずりは聞かれません。
P1050489.jpg
(狭山市智光山公園にて)

ミソサザイ:全長11cm、メジロよりも小さい日本最小種の一種。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ヨーロッパ、アフリカ北部、西アジア、中央アジアからロシア極東部、東南アジア北部、中国、台湾、朝鮮半島、日本にかけてと、北アメリカ西部および東部で繁殖し、北方で繁殖した個体は冬季南方へ渡る。
日本では留鳥として、大隅諸島以北に周年生息している。
亜高山帯~高山帯で繁殖するとされているが、亜高山帯には属さない宮崎県の御池野鳥の森では繁殖期にも観察されており、繁殖していると思われる。
繁殖期の一部の個体は、秋~春先にかけては低山帯や平地に降りて越冬する(漂鳥)。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
ミソサザイ(鷦鷯)
戸隠シリーズ5回目は、ミソサザイさん。

(1)早朝、木道の杭の上でさえずっていました。 慌てていてピンボケです。
P5226682.jpg



(2)その後、近くの枯れ枝にとまり大きな声でさえずりはじめました。
P5226684.jpg



(3)全長11cmと日本最小の鳥とは思えない大きな声でさえずります。
P5226686.jpg



(4)尾羽を立てている姿はとても凛々しく見えます。
P5226690.jpg
早朝の薄暗い中での撮影で画像が粗れていて恐縮です。
ミソサザイ:全長11cm、キクイタダキと並んで日本最小の鳥、留鳥又は漂鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。

なお、拙きブログに拍手の応援頂き とても励みになり、感謝申し上げます。
ミソサザイ(鷦鷯)
今日は、奥日光で出会ったミソサザイさん。

(1)湯川で巣作りをしていたミソサザイさん、苔のようなものを巣材として運んでいました。
P5086372.jpg



(2)見ている間に何度か巣と思われるところに運んでいました。
P5086376.jpg



(3)あのソプラノのようなさえずりを聞きたかったのですが…。
P5086382.jpg
ミソサザイ:全長11cm、メジロより少し小さい日本で最小種の一つ、ミソサザイ科の留鳥又は漂鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。

なお、拙きブログに拍手の応援頂き とても励みになり、感謝申し上げます。
ミソサザイ(鷦鷯)
戸隠シリーズ第6回は、ミソサザイ(鷦鷯)です。

(1)木道脇の杭の上で一生懸命囀っているところに出会いました。
P5257358.jpg



(2)木道上なので、向こう側にもこちら側にも沢山のギャラリーが見つめています。
P5257353.jpg
皆さん、動けず声を潜めてじっと見ていました。


(3)衆人環視の中でも寛いでいて、羽繕いまでしていました(*_*) 。
P5257357.jpg



(4)再び、綺麗な囀りを聞かせてくれました。身体の割にはとても大きな声です。
P5257360.jpg



(5)こちらは早朝に川そばを尾羽を立てて急ぎ足で歩くミソサザイさん。
P5257223.jpg



(6)近くに営巣しているのかも知れません。
P5257231.jpg

ミソサザイ:全長11cm、メジロよりも小さく、キクイタダキと並んで日本最小の鳥の一つ。留鳥又は漂鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。
戸隠の鳥(5)ミソサザイ
今日は、森のソプラノ歌手「ミソサザイ(鷦鷯)」さん。

(1)早朝5時半ごろの園内で突然ミソサザイさんのさえずりに出会いました。お立ち台上で堂々のお披露目です。
P5263275.jpg




(2)まるでソプラノ歌手が歌っているように聴こえます。
P5263278.jpg




(3)全長11cmと日本の鳥でも最小の部類に入りますが、声量たっぷりで歌います。
P5263279.jpg




(4)こちらは、別の場所で9時過ぎに出会いました。
P5263346.jpg




(5)やはりお立ち台に移動して歌ってくれました。上の(4)と同じ子です。
P5263348a.jpg
ミソサザイのさえずりを今回ほどたくさん聴いたことがなく大変感激しました。

写真も沢山撮ることが出来、今までのリベンジを果たせました(^_^;

なお、ミソサザイ、日本三鳴鳥(にほんさんめいちょう)に入っていると思ったら入っていないのですね。

ウグイス、コマドリ、オオルリが日本三鳴鳥と言われているそうです。

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.