ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
コガラ(小雀)&ヒガラ(日雀)
大型連休に栃木県の奥日光へ鳥見にに行ってきました。

(1)湯滝の傍に咲いていた山桜が見頃。埼玉とは1か月くらい季節が逆戻りした感があります。
P5082398.jpg



(2)最初に出会ったのがコガラさん、芽吹いたばかりの針葉樹にいました。
P5086329.jpg



(3)スズメさんより小さく、ベレー帽に蝶ネクタイ姿のおしゃれな鳥さんです。
P5086334.jpg
コガラ:全長13cm、スズメより少し小さくメジロより少し大きいシジュウカラ科の留鳥又は漂鳥。


(4)こちらはヒガラさん、芽吹いたばかりの広葉樹にいました。
P5086335.jpg



(5)ヒガラさん、コガラさんより少し小さく、羽模様はシジュウカラさんによく似ていますが、喉によだれかけのような模様が見えます。
P5086339.jpg
ヒガラ:全長11cm、コガラより小さいシジュウカラ科の留鳥又は漂鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。

なお、拙きブログに拍手の応援頂き とても励みになり、感謝申し上げます。
スポンサーサイト
コガラ(小雀)
奥庭シリーズ第4回は、コガラ(小雀)さん。

(1)一羽のコガラさん、ちょっと警戒しているようです。
P5270201.jpg
頭が鍋をかぶったように黒いので「鍋かぶり」の異名もあるそうです。


(2)まずは、静かに水浴び。
P5270205.jpg
喉が黒いですが、ヒガラに比べ面積は小さく、蝶ネクタイといった感じです。



(3)もう一羽がやってきたら、水浴びギアが一段アップ。
P5270207.jpg




(4)びしょ濡れの身体で枝に留まりました。
P5270143.jpg



(5)「不格好なところをお見せしましたが、いつもはこんになカッコウいいんですよ」と後ろ姿を見せてくれました。
P5270213.jpg
コガラ:全長13cm、スズメより小さくヒガラより大きいシジュウカラ科に分類される留鳥又は漂鳥。
埼玉では、冬に見られることがあり、春から夏にかけては亜高山帯の森林で生息。


(6)天狗岩、小鳥たちが水浴びするところから少し歩いたところにあります。
P5271386.jpg

明日も続きます。
最後までご覧頂きありがとうございます。

コガラ(小雀)
奥日光で出会った鳥さんの第2弾は、コガラ(小雀)さん。

(1)これが湯滝から来た流れ、湯川。 この川沿いを歩きました。
P5180048.jpg
木道を歩くのですが、すれ違うのがやっとの狭いところもありました。



(2)ベレー帽を被ったコガラさんが近くの枝にやって来ました。
P5186479.jpg




(3)虫でも見つけたのか早速突っつきはじめました。
P5186478.jpg



(4)キビタキさんに比べたらとても動きが速、ゆっくり撮らせてくれません (ノд`)。 
P5186493.jpg
ピン甘ですね。


(5)そしてすぐに虫でも突っつく姿勢になるので、きれな記念写真を撮るのが難しかったです(^_^;
P5186489.jpg

コガラ(小雀):全長13cm、名前の通りスズメより小さいシジュウカラ科に分類される留鳥又は漂鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。

コゲラ巣作り
林を歩いている時、木々の間からコンコンという音。

(1)よく見るとコゲラさんが幹を突いている音でした。
P3212985.jpg



(2)わき目もふらず一心不乱に突っついています。
P3212986.jpg



(3)そのうちもう一羽が現れました。連れ合いなのでしょう。
P3212992.jpg
左は風邪で枝が写り込んでしまいました(^_^;



(4)後から来たコゲラさん、交代するかと思いきや飛び出していきました。巣作りの進み具合を見に来たのでしょうか。
P3212995.jpg



(5)2時間くらい後に来てみました。そうしたら疲れたのか幹に張り付いていました。お疲れ様です(笑)。
P3213029.jpg

3月になり鳥さんたちは子孫を残すための活動が活発になってきました。

また、昨日は、今季初めてツバメを見ました。

最後までご覧頂きありがとうございます。
埼玉県民の森(3)
その他の埼玉県民の森で出会った鳥さんや花などを紹介します。

(1)コガラ(小雀)さんが木の葉が出た木の間を目まぐるしく行き来していました。葉が邪魔でよく見えません。
P4281972a.jpg




(2)ようやく葉がない枝にでてきてくれました。最近、ようやくヒガラ(日雀)さんとの違いが分かるようになりました。
P4281982a.jpg
全長13cmとスズメより小さい留鳥又は漂鳥。



(3)こちらはよく見かけるヤマガラ(山雀)さん、逆さになって啄ばんでいました。
P4281991a.jpg




(4)「シロバナエイレンソウ(白花延齢草)」、葉が大きく花が小さい植物です。
P1090416a.jpg




(5)「マムシグサ(蝮草)」、マムシが鎌首をもたげたような形をしていることから名付けられたそうです。
P1090417a.jpg




(6)「エイザンスミレ(叡山菫)」
P1090436a.jpg
葉が咲けているスミレは3種しかないそうなので間違いないと思いますが自信ありません。



(7)「マルバスミレ(丸葉菫)」
P1090452a.jpg
葉が丸っこいのでマルバスミレ化と思いますがこれも自信ありません。

ここには沢山の種類のスミレが咲いていましたが名前が分からず四苦八苦です。



(8)帰路、堂平山に立ち寄りました。これはときがわ町「堂平天文台」です。
P1090469a.jpg
町のHPによると「昭和37年以来、「堂平観測所」として日本の天文学を支えてきた施設です。平成12年にときがわ町に移管され、現在ではリニューアルされ、宿泊ができます。月2回の観望会も行われています。」とのことです。



(9)ここからの眺めは素晴らしいです。
P1090468a.jpg

これで埼玉県民の森シリーズは終了です。

最後まで見て頂きありがとうございました。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.