FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
コチドリ
昨日の続きで、葛西臨海公園で出会ったコチドリの登場です。

(1) 片足をブルブルと震わせて、獲物が追い出し、出てきたところを捕まえて食べるそうですが、そういう場面は見られませんでした。
P1330613.jpg



(2) その後、二羽のコチドリが現れ、後方の一羽が前のコチドリを追いかける仕草を見せていました。
P1330742.jpg



(3) 前の仔は、逃げているようにも見えます^^。
P1330743.jpg



(4) 追いかけている方は、前から見ると羽を広げ白っぽく見えます。
   その後、この二羽は遠くへ飛んで行ったので、どうなったか分かりません;^^。
P1330745.jpg



(5) 別の場所では、卵を温めている様子が見られました。
P1330651.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
スポンサーサイト



コチドリ
渡良瀬遊水地でコチドリを見ましたが、あまりにも遠かったです。
その後、所用で川越に行った際、伊佐沼に寄ったところ、ここでもコチドリと出会えました。

(1) 水位が低く、干潟になったところに10羽くらいのコチドリがいました。 比較的近いので黄色のアイリングもはっきり見えます。
P1310476.jpg



(2) 「おや、これは食べられるのかな~?」
P1310480.jpg



(3) 「南から日本に渡ってきたばかりで、体力を消耗したよ、栄養になる美味しいものを食べたいな~。」
P1310470.jpg



(4) 「お主、何か食べるものを持ってるでしょう。」 正面から怖い顔で睨まれてしまいました^^。
P1310487.jpg



(5) 冬鳥のヒドリガモの群れが残っていました。
P1310498.jpg



(6) カルガモのカップルが陸地に上がって、採餌中。 繁殖が近いのでしょうか。
P1310501.jpg

今は、冬鳥と夏鳥が交錯する時期ですね。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
コチドリ(小千鳥)
今日は、夏鳥として飛来し、地元の川で採餌しているコチドリの登場です。

(1) カップルで飛来したコチドリ。
P1240340.jpg



(2) カップルなのにお互いに離れています。
P1240345.jpg



(3) 最接近したところですが、この程度離れています。
P1240349.jpg



(4) じっとしている時間が多いです。
P1240327.jpg



(5) ようやく動き出しましたが、あまり活発には見えません。
P1240332.jpg

コチドリ:全長16cm、スズメより大きい日本最小のチドリ。
その生息域についてには次のように記されています。
『ユーラシア大陸の中緯度地方以北の熱帯から亜寒帯地域の広範囲で繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北部やユーラシア大陸南部で越冬する。
日本では亜種コチドリが夏季に本州、四国、九州で繁殖する(夏鳥)。西日本以南の暖地では少数が越冬する(留鳥)。
南西諸島では冬鳥。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
コチドリ(小千鳥)
今日は、夏鳥として飛来したコチドリの登場です。

(1) 地元の小さな川にコチドリが二羽、浅瀬を歩いていました。 今季、初見・初撮りです。
P1240112.jpg



(2) 土手に咲く菜の花とのツーショット。 
P1240174.jpg



(3) 時に、空を見上げるポーズをとりますが、別に猛禽は飛んでいませんでした。 何を気にしているのでしょう。
P1240096.jpg



(4) 翅を膨らませる動作。
P1240114.jpg



(5) またもや空を見上げるポーズです。 こちらを笑わせようとしているようにも見えます。
P1240107.jpg

コチドリ: 全長16cm、スズメより大きく日本のチドリ類では最小の夏鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ユーラシア大陸の中緯度地方以北の熱帯から亜寒帯地域の広範囲で繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北部やユーラシア大陸南部で越冬する。
日本では亜種コチドリが夏季に本州、四国、九州で繁殖する(夏鳥)。西日本以南の暖地では少数が越冬する(留鳥)。
南西諸島では冬鳥。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
コチドリ(小千鳥)
葛西臨海公園の3回目の今日は、コチドリの登場です。

(1) 下ノ池で出会ったコチドリの成鳥、金色のアイリングと黒鉢巻きがトレードマーク。
P1130132.jpg



(2) ここではコチドリが繁殖していて、幼鳥がよく見られます。 幼鳥はアイリングの色がくすんで、また黒鉢巻きも明確ではありません。
P1130037.jpg



(3) 「痒いな~。」
P1130042.jpg



(4) 搔いたり、ノビノビしたりして寛いでいました。
P1130043.jpg




(5) 正面から、千鳥足らしく見えます。
P1130107.jpg

コチドリ:全長16cm、スズメより大きく日本のチドリの仲間では最小種の夏鳥。
その生息域についてには次のように記されています。
『ユーラシア大陸の中緯度地方以北の熱帯から亜寒帯地域の広範囲で繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北部やユーラシア大陸南部で越冬する。
日本では亜種コチドリが夏季に本州、四国、九州で繁殖する(夏鳥)。西日本以南の暖地では少数が越冬する(留鳥)。
南西諸島では冬鳥。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.