ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
シロチドリ(白千鳥)
今日も伊佐沼で出会った鳥さんで、シロチドリの登場です。

(1) イカルチドリやハマシギなどと行動を共にしていたシロチドリ。
PC034479.jpg
胸の横帯が中央で切れているのでシロチドリと思います。



(2) 手前のハマシギの横を足早に通るシロチドリ。
PC034485.jpg



(3) 干潟の泥がハマシギの足にどっぷり付いて歩き難そう。
PC034486.jpg



(4) 一方、シロチドリはスイスイ歩いているように見えます。 シロチドリ、伊佐沼では少数が越冬するようです。
PC034497.jpg

シロチドリ:全長17cm、コチドリより大きいチドリ科。
      中部地方以北では夏鳥、関東以南では主に夏鳥、しかし越冬個体も多いとのこと。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『ユーラシア・アフリカの温帯・熱帯広域に生息する。
南北アメリカに生息するのは近縁な別種ユキチドリ Charadrius nivosus である。
ユーラシア大陸中緯度地方で繁殖し、冬季になると北アフリカやユーラシア大陸南部に南下し越冬する。
日本では夏季に繁殖のため飛来する(夏鳥)、もしくは本州以南に周年生息(留鳥)する。
南西諸島では越冬のため飛来する(冬鳥)。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
シロチドリ(白千鳥)
今日紹介するのは、三番瀬で出会ったシロチドリくん。

(1) 砂浜でシロチドリの幼鳥が一羽で採餌中。
P9010198.jpg



(2) 幼鳥は、成鳥に比べ全体的に淡色、黒い過眼線や鉢巻きがありません。
P9010195.jpg



(3) こちらは別の個体ですが、やはり幼鳥です。
P9010536.jpg



(4) 今回はどういう訳かシロチドリの成鳥に出会わなかったです。
P9010546.jpg

シロチドリ:全長17cm、ホオジロと同大のチドリ科の留鳥又は漂鳥。
      三重県の県鳥に指定
     シロチドリの生息数は減少傾向が続いて、2012年環境省から絶滅危惧Ⅱ類に指定されたとのこと。
     詳細はここをクリックしてください。

最後までご覧いただきありがとうございます。

↓ いつもクリック頂き感謝です。
シロチドリ(白千鳥)
千葉県船橋三番瀬シリーズ7回目の今日はシロチドリ(白千鳥)さん。

(1)砂浜をのんびり歩くシロチドリさん。
P8023730.jpg



(2)「痒いのう・・・。」と間接法で頭カキカキ。
P8023732.jpg
間接法は下げた翼の間から足を出し頭を掻く方法です。 スズメなどは直説法です。



(3)昨日のメダイチドリさんの場合は、ゴカイをひっぱり出してきたりしていましたが、シロチドリさんはあまり活発に動きません。
P8023738.jpg



(4)せいぜい2~5羽程度の群れで行動していました。
P8024030.jpg

シロチドリ;全長17cm、コチドリより少し大きい。
       中部以北では夏鳥、関東地方以南では主に夏鳥だが、越冬個体も多い。

最後までご覧頂きありがとうございます。
シロチドリ(白千鳥)
今日は、船橋三番瀬で出会ったシロチドリさんに出演願いました。

(1)一人で寂しそうなシロチドリさん。この日はこの一羽のみ確認。
P8240871.jpg



(2)そこに、メダイチドリさんがお出ましです。
P8240874.jpg



(3)大きさはシロチドリ17cm、メダイチドリ19cmで大きさの違いが分かると思います。
P8240876.jpg
近年世界的にシロチドリが減少しているとのこと、何とか増加に転じるように自然環境が保全されるといいですね。



(4)三番瀬の沖合ではウインドサーフィンをやっている人がいました。
P8241147a.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。
シロチドリ(白千鳥)
東京港野鳥公園のネーチャーセンター前の干潟には、シロチドリ、コチドリ、メダイチドリ、ソリハシシギなどがガラス越しで見られました。
今日は、その中で生息数が減少していると言われているシロチドリさん。

(1)この時は、一羽で干潟を歩き回っていました。
P8030181.jpg


(2)そして干潟にいるゴカイをキャッチ。
P8030203.jpg



(3)長いので食べるのにちょっと時間を要してました。
P8030204.jpg




(4)正面顔です。
P8030182.jpg



(5)カルガモさんの傍を通過、大きさの違いが分かると思います。
P8030201.jpg

シロチドリ:全長17cm、スズメより少し大きい夏鳥。
       三重県では留鳥であり県鳥。
近年生息数が減少し、絶滅危惧II類(VU)(環境省レッドリスト)に指定されている。


(6)西淡水池に咲く睡蓮。
P8030138.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.