FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
アオアシシギとセイタカシギ
12月初めの伊佐沼(埼玉県川越市)です。

(1) 南側の浮島にアオアシシギが降り立ちました。 多い時には数羽いたのですがこの時は一羽のみ。
P1380803.jpg



(2) すぐ近くにある別の浮島にはセイタカシギが二羽。
P1380808.jpg



(3) そこへさっきのアオアシシギが飛んできました。
P1380812.jpg



(4) 更に隣の浮島の近くにはセイタカシギ、この日は三羽のセイタカシギが見られました。
P1380814.jpg



(5) 近くにはサギやカワウのグループがたむろしていました。 アオサギが偉そうに訓辞を垂れているのでしょうか(笑)。
P1380816.jpg



(6) この場所とは関係ないですが、綺麗なカエデがあったので載せます。
PC060806.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
スポンサーサイト



セイタカシギ&アオアシシギ
伊佐沼へ約10日ぶりで行ってみました。顔ぶれが変わっているでしょうか?

(1) かなり遠くに、セイタカシギ五羽、アオアシシギ四羽そしてイソシギ一羽が見えました。 シギ三種。
   前回はセイタカシギ三羽、アオアシシギ一羽でしたので増えました。
P1360855.jpg



(2) アオアシシギはいずれも爆睡中。 その下をイソシギが忙しそうに食べ物探し。 
P1360858.jpg



(3) 右のセイタカシギが軽やかにステップ。 しかし、その他は動きが鈍いです。
P1360874.jpg



(4) 1時間ほど後に訪れても相変わらずでした。
P1360903.jpg



(5) そこに現れた一羽のサギ。 口角を見るとチュウサギのようです。
P1360907.jpg



(6) 横に一列並べ、右のコサギに比べ左のチュウサギは大きいです。全長は、チュウサギ68cm、コサギ61cm。
P1360910.jpg



(7) 前回は見えなかったコガモやヒドリガモが姿を現していました。
P1360901.jpg



(8) ヒドリガモの羽ばたき。
P1360897.jpg

続きます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。



セイタカシギとコサギ
伊佐沼シリーズの続きで、今日はセイタカシギとコサギのツーショットです。

(1) 三羽のセイタカシギとコサギが浅瀬で鉢合わせ。
P1360545.jpg



(2) 「何か獲物はいないかな~?」
P1360521.jpg



(3) 水面をじっと見つめて…。  全長は、コサギ61cm、セイタカシギ37cm。
P1360518.jpg



(4) 「エイヤー…。」
P1360522.jpg



(5) コサギが魚をゲットしました。 セイタカシギがゲットしたところは撮れませんでした^^;。
P1360520.jpg



(6) 更にコサギが加わりのどかな光景が見られました。
P1360546.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
セイタカシギ(背高鷸)
埼玉県川越市へ所用で行った折、伊佐沼に寄ってみました。

(1) セイタカシギが三羽いました。 こちらは遠くの二羽。
P1360060.jpg



(2) こちらは、近くの一羽。 細いお足で大丈夫かと思ってしまいます。
P1360043.jpg



(3) 近くにいる方をクローズアップしてみました。 白い羽縁が見え幼鳥と思われます。
P1360044.jpg



(4) 遠くの二羽のうち、左側は細い足で片足立ち。 そこへイソシギが飛んできました。
P1360045.jpg



(5) 右側の方も片足立ち。 イソシギが来ても動ぜず。 イソシギと比べると足の長さが凄いですね。
P1360052.jpg



(6) そして幼鳥は何をしているかと思えば、長いクチバシで身体のお手入れ。幼鳥でもしっかりしていますね。
P1360058.jpg

セイタカシギ:全長37cm、オオソリハシシギより少し小さいシギ科の旅鳥。
なお、伊佐沼近くの水田んぼでは2014年に繁殖が確認されています。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『ヨーロッパ、アフリカ、アジア南部を中心に広く分布する。
日本では旅鳥または留鳥。かつて迷鳥としてまれに記録される程度であった。
1975年に愛知県の干拓地で初めて日本国内での繁殖が確認された。
埋立地が増えた1978年以降に、東京湾、伊勢湾、三河湾周辺でも繁殖が確認され留鳥として定住するようになった。
現在は各地で生息が確認されており、東京湾付近の千葉県習志野市の谷津干潟などでは周年観察されている。
2007年に葛西臨海公園野鳥園で3例の繁殖が確認されている。2009年6月に沖永良部島で1例の繁殖が確認されている。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
セイタカシギ(背高鷸)
群馬県板倉町の田んぼではセイタカシギにも出会えました。

(1) 強風の中、三羽のセイタカシギが田んぼで採餌中です。 
P1340735.jpg



(2) そこにカラスが現れました。
P1340743.jpg



(3) セイタカさん、カラスにも動ぜず羽繕い。
P1340741.jpg



(4) ダイサギの飛翔も見られました。
P1340734.jpg



(5) セイタカさん、強風に耐えているように見えました。
P1340738.jpg
セイタカシギ:全長37cm、ヨシゴイと同大のセイタカシギ科の旅鳥又は留鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『ヨーロッパ、アフリカ、アジア南部を中心に広く分布する。
日本では旅鳥または留鳥。かつて迷鳥としてまれに記録される程度であった。
1975年に愛知県の干拓地で初めて日本国内での繁殖が確認された。
埋立地が増えた1978年以降に、東京湾、伊勢湾、三河湾周辺でも繁殖が確認され留鳥として定住するようになった。
現在は各地で生息が確認されており、東京湾付近の千葉県習志野市の谷津干潟などでは周年観察されている。
2007年に葛西臨海公園野鳥園で3例の繁殖が確認されている。2009年6月に沖永良部島で1例の繁殖が確認されている。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.