FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
アオアシシギ(青脚鷸)
台風19号が去ったから伊佐沼を訪れてみました。

(1) アオアシシギ、セイタカシギそれと居眠り中の名前不詳の鳥が一か所にまとまっていました。
   名前不詳の鳥はハマシギと思われます。
P1370365.jpg



(2) セイタカシギは足を伸ばして今にも動き出しそうに見えましたが、予想に反して座り込んでしまいました。
P1370366.jpg



(3) 今度はアオアシシギがストレッチ。
P1370367.jpg



(4) その後、アオアシシギが数羽浅瀬で活動を開始。
P1370391.jpg



(5) そこにダイサギも飛来。
P1370392.jpg



(6) アオアシシギは、ダイサギの飛来も意に介せず、食べ物探しに夢中。
P1370394.jpg

この日は、あれほど沢山いたイカルチドリの姿は見えませんでした。
最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
スポンサーサイト



アオアシシギ(青脚鷸)
伊佐沼シリーズの続きです。

(1) セイタカシギとコサギのいる所へ小さな鳥が舞い込んできました。
P1360528.jpg



(2) 小さい鳥はアオアシシギのようです。 セイタカシギと同じ旅鳥で、ここで休息して南へと旅立っていくと思われます。
P1360524.jpg



(3) セイタカシギ、コサギそしてアオアシシギの三種の鳥さん、お互いに干渉せず食べ物探し。
P1360530.jpg




(4) 少し近くへ移動してアオアシシギを撮ってみました。 冬羽に変わった地味な装いです。
   アオアシシギ、普通は群れで行動すると思いますが、この仔はは単独行動でした。
P1360531.jpg



(5) セイタカシギの近くにコチドリもやって来ました。 全長は、セイタカシギ37cm、コチドリ16cmと大きな差がありますね。
P1360515.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
アオアシシギ(青脚鷸)
昨日の続きで葛西臨海公園で出会ったアオアシシギの登場です。

(1) ひときわ目立つオレンジの花、ザクロでしょうね。
P1330761.jpg



(2) 下ノ池には、キアシシギの他にもう一羽旅鳥のアオアシシギがいました。
P1330758.jpg



(3) 夏羽の成鳥で、冬羽に比べ多少色鮮やかになっています。
P1330752.jpg



(4) 忙しく食べ物を探しています。
P1330751.jpg



(5) 昨日のキアシシギと同様一羽でいましたが、これから北へと旅立つのでしょうか?
P1330747.jpg

アオアシシギ:全長32cm、キアシシギより大分大きいシギ科の旅鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『ユーラシア大陸北部で広く繁殖し、冬季はアフリカ、インド、東南アジア、オーストラリアへの渡りをおこない越冬する。
日本では旅鳥として、春と秋の渡りの時に全国的に渡来する。沖縄県では少数が越冬する。』



(6) アオサギはここではのんびりとしているように見えました。
P1330643.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
アオアシシギ(青足鷸)
今日は、埼玉県川越市にある伊佐沼で出会ったアオアシシギの登場です。

(1) セイタカシギの群れの中に、どこから来たのか、二羽のセイタカシギが降り立ちました。
P1250905.jpg



(2) 仲良しペアで、一緒に行動していました。
P1250906.jpg



(3) セイタカシギと一緒に食べ物を探していました。
P1250912.jpg



(4) 別の日ですが、アオアシシギが「ピョーピョーピョー」と大きな声で鳴いていました。口笛を吹いているような感じでした。
P1260006.jpg

アオアシシギ:全長32cm、キジバトと同大のシギ科の旅鳥又は冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『ユーラシア大陸北部で広く繁殖し、冬季はアフリカ、インド、東南アジア、オーストラリアへの渡りをおこない越冬する。
日本では旅鳥として、春と秋の渡りの時に全国的に渡来する。沖縄県では少数が越冬する。』



(5) 8月下旬にヌスビトハギの花が咲き出したことを投稿しました。
   その時の花を再掲します。
P8290550.jpg


(6) 最近ヌスビトハギに下の写真のような実が付いたことに気が付きました。
   そこで、ヌスビトハギの名前の由来ですが、Wikiによると次のように記載されています。
  『牧野富太郎によると、古来の泥棒は足音を立てないように、足裏の外側だけを地面に着けて歩いたとのことで、その時の足跡に似ている由。』
  牧野博士は、この実が泥棒の足裏に似ていると思ったようですね。想像力が凄いと思います。
P9190609.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂きありがとうございあす。

アオアシシギ(青足鷸)
今日から、何回かに分けて埼玉県川越市の伊佐沼で出会った鳥たちを紹介したいと思います。
初回の今日は、アオアシシギの登場です。

(1) 沼の浅瀬の方に一羽のアオアシシギ、何もいないように見えましたが空を見上げました。
P1150611.jpg



(2) 陸地の方に向かって歩いて来ました。
P1150617.jpg



(3) 直ぐ近くまで来てくれました。 脚は青ではなくて、灰色に褐色が入っているように見えます。くちばしは僅かに上に反っています。
P1150622.jpg



(4) 上と同じ個体が、獲物を捕まえました。 ザリガニのように見えます。
P1150669.jpg



(5) 鳥は歯がないので獲物は飲み込んでしまいます。 胃腸が丈夫なんですね。
P1150670.jpg



(6) お腹が一杯になった後は、セイタカシギやコガモが休憩しているところへ行き一緒にお休み。
P1150676.jpg

アオアシシギ:全長32cm、キジバトと同じ長さのシギ科の旅鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ユーラシア大陸北部で広く繁殖し、冬季はアフリカ、インド、東南アジア、オーストラリアへの渡りをおこない越冬する。
日本では旅鳥として、春と秋の渡りの時に全国的に渡来する。沖縄県では少数が越冬する。』

なお、伊佐沼に、オジロトウネン、ヨーロッパトウネンが飛来しているとのことでしたが、私が行ったときには空振りでした (ノд`)。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.