ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
水辺にて
昨日のクサシギ、イソシギがいた水辺には他にも沢山の鳥が来ていました。

(1) カワセミが獲物を狙っていました。 すぐに飛んで行ってしまいました。
P1220048.jpg



(2) 冬鳥のツグミ(左、全長24cm)と留鳥のムクドリ(右、全長24cm)。 足が長いせいかムクドリの方が大きく見えます。
P1220066.jpg



(3) 留鳥のイソシギ(左、全長20cm)とムクドリ(右、全長24cm)。 ムクドリが大きいですね。
P1220097.jpg



(4) 留鳥のセグロセキレイ(奥、全長21cm)とムクドリ(手前)。
P1220108.jpg



(5) 冬鳥のタヒバリも尾羽を上下させながら採餌していました。
P1220112.jpg



(6) タヒバリ(手前、全長16cm)とムクドリ(奥)とのツーショット。
P1220117.jpg

鳥さんたちは寒くてもヘイチャラ、水辺に集まっていました。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
タヒバリ(田雲雀)
今日は、冬鳥として飛来したタヒバリの登場です。

(1) 誰もいない運動場に数羽の鳥が歩き回っていました。 タヒバリ、今季初見・初撮りです。
P1180300.jpg



(2) 草の実や昆虫を探しているのでしょう。 ハクセキレイと同じセキレイ科の鳥で、尾羽を上下する仕草も同じです。
P1180323.jpg



(3) ここで羽繕い、寛いだ様子でした。
P1180337.jpg



(4) もう一羽が向こうから歩いて来ました。 お互いにそっぽを向いていますがどうしたんでしょう。
P1180350.jpg


(5) なお、タヒバリによく似ているのがビンズイです。
   ビンズイは、夏に高山帯で繁殖し、冬に里に降りて来る漂鳥で、目の後方に白斑がある点がタヒバリと異なります。
P1030889.jpg


タヒバリ:全長16cm、スズメより大きいセキレイ科の冬鳥。
タヒバリの生息域についてWikiには次のように記されています。
『ユーラシア大陸東部の亜寒帯地方やサハリン、千島列島、アラスカ、北アメリカのツンドラ地帯等で繁殖し、冬季は北アメリカ南部、朝鮮半島、日本に渡り越冬する。
日本では冬鳥として本州以南に普通に渡来する。北海道では春秋の渡りの時期に通過する旅鳥である。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
タヒバリ(田雲雀)
今日は、河原で出会ったタヒバリの登場です。

(1) 河原で二羽のタヒバリ
P1040675.jpg



(2) お互いに飛び跳ねたりして、遊んでいるように見えました。
P1040677.jpg



(3) 尾羽を上下して歩く様はセキレイの仲間であることを教えてくれます。
P1040706.jpg



(4) ビンズイと似ていますが、目の後方にビンズイにある白斑がありません。
  また、タヒバリは水辺で、ビンズイは山野の松林で出会うことが多いと思います。
P1040710.jpg
(嵐山町を流れる都幾川にて)



(5) なお、参考までにビンズイを添付します。 背中はオリーブ色っぽいです。
P1030889.jpg



タヒバリ:全長16cm、スズメより大きいセキレイ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ユーラシア大陸東部の亜寒帯地方やサハリン、千島列島、アラスカ、北アメリカのツンドラ地帯等で繁殖し、冬季は北アメリカ南部、朝鮮半島、日本に渡り越冬する。
日本では冬鳥として本州以南に普通に渡来する。北海道では春秋の渡りの時期に通過する旅鳥である。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
タヒバリ(田雲雀、田鷚)
今日は、川島の白鳥飛来地で出会ったタヒバリさんに登場願いました。

(1)川原で羽繕いをして寛いだ様子のタヒバリさん。
P2223331.jpg



(2)タヒバリという名からヒバリの仲間と思われますが、実はセキレイの仲間で、尾羽を上下させて歩きます。
P2223342.jpg



(3)奥はカシラダカさん、競争するようにタヒバリさんは急ぎ足。
P2223349.jpg
タヒバリ:全長16cm、スズメより大きいセキレイ科の冬鳥。

タヒバリの生息域についてWikiには次のように記載されています。
『ユーラシア大陸東部の亜寒帯地方やサハリン、千島列島、アラスカ、北アメリカのツンドラ地帯等で繁殖し、冬季は北アメリカ南部、朝鮮半島、日本に渡り越冬する。
日本では冬鳥として本州以南に普通に渡来する。北海道では春秋の渡りの時期に通過する旅鳥である。』


(4)参考までに、タヒバリさんと間違えそうなビンズイさんです。
PB016991.jpg
ビンズイ:全長16cm、タヒバリと同大のセキレイ科の鳥さん。
      夏は標高の高い山地などで繁殖し、冬、関東地方以南で越冬する。

タヒバリさんとの大きな違いは、羽の色がオリーブ色を呈し、目の後ろに白い班があります。

最後までご覧頂きありがとうございます。

拙きブログに拍手の応援頂き とても励みになり、感謝申し上げます。
今季の初物-タヒバリ(田雲雀)
蕪栗沼を終了し、今日から再び身近な鳥さんの紹介をしたいと思います。
今日は、タヒバリ(田雲雀)さんに登場してもらいます。

(1)コンクリートの法面で佇むタヒバリさん、見返り姿です。
PC059157.jpg



(2)ようやくこちらを向いてくれました。 タヒバリといってもヒバリ科ではなくセキレイ科の仲間です。
PC059162.jpg
ハクセキレイなどと同様に尾羽を上下させながら歩きます。



(3)胸の縦班がとても目立ちます。 
PC059169.jpg
シベリアなどで繁殖し、日本へは冬鳥として飛来します。



(4)一方、こちらは川近くの電線で寛いでいました。タヒバリさんに似ていますが目の後方に白斑がありビンズイさんと思います。
PB208307.jpg

タヒバリ:全長16cm、スズメより大きくハクセキレイより小さいセキレイ科の冬鳥。
よく似た鳥に「ビンズイ」がいますが、ビンズイは松林などの山野に、一方タヒバリは川原、湖などの水場ちかくに生息します。
ビンズイは木の枝にとまりますが、タヒバリが枝にとまっているのを見たことがありません。

最後までご覧頂きありがとうございます。
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.