FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
タヒバリ(田雲雀)
昨日の続きで、今日は伊佐沼で出会ったタヒバリの登場です。

(1) タヒバリのカップルが食べ物を探して動き回っていました。 胸に褐色味が出て、夏羽に変わりつつあります。
P4060973.jpg



(2) こちらはもう一羽の個体、上の個体より胸の褐色味がもっと濃いです。
P4060984.jpg



(3) タヒバリが水浴びを開始。
P4061049.jpg



(4) 水浴び場面は省略、水浴び終了後の飛び立ちを連写してみました。
P4061054.jpg



(5) 徐々に浮き上がっていきます。
P4061061.jpg



(6) 足を曲げ、
P4061063.jpg



(7) 少しずつ上昇。
P4061066.jpg



(8) この後、追い切れずファインダーから消えてしまいました^^;。
P4061067.jpg

タヒバリ:全長16cm、スズメより大きいセキレイ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『ユーラシア大陸東部の亜寒帯地方やサハリン、千島列島、アラスカ、北アメリカのツンドラ地帯等で繁殖し、冬季は北アメリカ南部、朝鮮半島、日本に渡り越冬する。
日本では冬鳥として本州以南に普通に渡来する。北海道では春秋の渡りの時期に通過する旅鳥である。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
スポンサーサイト



伊佐沼にて(2)
昨日の続きです。

(1) この日に出会えたカモは、カルガモ、コガモ、ハシビロガモ、そしてヒドリガモでした。これはヒドリガモの群れです。
P1400764.jpg



(2) ヒドリガモのカップル、メスさんはお昼寝中、オスくんは羽のお手入れ中。
P1400767.jpg



(3) 葦原が刈られた後にはタヒバリが三羽、採餌中でした。
P1400751.jpg



(4) タヒバリは、全長16cm、スズメより大きいセキレイ科の冬鳥。
P1400756.jpg



(5) この時は上空を気にしているように見えました。 セキレイ科だけあって水辺で尾羽を上下して歩く姿を見かけます。
P1400757.jpg



(6) モズ♀が近くの枝に。
P1400746.jpg



(7) モズは、全長20cmでスズメより大分大きいモズ科の留鳥又は漂鳥。小さな猛禽と言われるように鋭いクチバシを有しています。
P1400747.jpg



(8) スズメも桜の木にとまっていました。
P1400744.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
シメ&タヒバリ
今日は、荒川河川敷で出会ったシメとタヒバリ(冬鳥として飛来)を紹介したいと思います。

(1) 枝止まりのシメ、今季初見。
P1370876.jpg



(2) 池に水を飲み来ました。
P1370926.jpg



(3) シメ、全長19cm、モズより少し小さいアトリ科の冬鳥。
P1370931.jpg



(4) タヒバリが河川敷に三羽、そのうちの一羽です。
P1370882.jpg



(5) 二羽のタヒバリは一緒に行動していました。
P1370887.jpg



(6) タヒバリ、全長16cm、スズメより大きいセキレイ科の冬鳥。
P1370889.jpg



(7) 熊谷を流れる荒川、台風19号による豪雨で一時は氾濫の危機がありました。木々が水でなぎ倒されています。
P1370875.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
伊佐沼にて(2)
昨日の伊佐沼の続きです。

(1) 干潟には、タヒバリ(冬鳥)が食べ物を探していました。
P1310679.jpg



(2) 何か見つけて口に入れました。 胸は橙色っぽくなり、夏羽に移行中のようです。
   このようなタヒバリに出会ったのは初めてです。 間もなく北方の繁殖地へ旅立っていくのでしょう。
P1310692.jpg



(3) 夏羽のカイツブリ(留鳥)は、潜っての魚捕りに余念がありません。
P1310668.jpg



(4) 夏鳥のコチドリと冬鳥のコガモ(メス)との出会い。
P1310703.jpg



(5) コチドリとコガモ(オス)との遭遇もありました。 夏鳥と冬鳥が交錯するこの時季ならではだと思います。
P1310704.jpg



(6) ハクセキレイ(留鳥)とコチドリ(夏鳥)のツーショット。
P1310708.jpg



(7) 最後は、桜のトンネル。
P1310702.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
狭山湖にて(4)-ヒバリ&タヒバリ
狭山湖の続きで、今日は、ヒバリ(雲雀)とタヒバリ(田雲雀)の登場です。

(1) 狭山湖、小石が引き詰められた法面に小さな鳥の頭が見えました。
P1270450.jpg



(2) 全身を見せてくれました。 これはヒバリ(雲雀)です。冠羽が立っていませんが警戒中でしょうか。
P1270452.jpg

ヒバリ:全長17cm、スズメより大きいヒバリ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『アフリカ大陸北部、ユーラシア大陸、イギリス、日本。
日本では亜種ヒバリが周年生息(留鳥)し、亜種カラフトチュウヒバリや亜種オオヒバリが冬季に越冬のため本州以南へ飛来(冬鳥)する。
A. a. japonica ヒバリ
日本:北部個体群や積雪地帯に分布する個体群は冬季になると南下する。』


(3) また、水際で食べ物探しをしている鳥さんがいました。
P1270534.jpg



(4) その風貌から見てタヒバリ(田雲雀)だと思います。
P1270535.jpg



(5) タヒバリは、ヒバリに似ているところもありますが、ヒバリの仲間ではなく、尾を上下に振りながら歩くセキレイの仲間です。
P1270531.jpg

全長16cm、ビンズイと同大のセキレイ科の冬鳥で雌雄同色。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『ユーラシア大陸東部の亜寒帯地方やサハリン、千島列島、アラスカ、北アメリカのツンドラ地帯等で繁殖し、冬季は北アメリカ南部、朝鮮半島、日本に渡り越冬する。
日本では冬鳥として本州以南に普通に渡来する。北海道では春秋の渡りの時期に通過する旅鳥である。』

今日もご訪問頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.