ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
クイナ(水鶏、秧鶏)
今日は、本当に久しぶりにクイナの登場です。

(1) 葦原の中でゴソゴソ動くものが見えました。 クチバシが赤く見えます。
P1230270.jpg



(2) そのうちに水路に出てきました。 クイナです。 普段とても警戒心が強くなかなかお目に掛れません。
P1230218.jpg



(3) シギ類と同じようにクチバシを奥深く突っ込んで食べ物を探していました。
P1230222.jpg



(4) 「やれやれ、骨折り損のくたびれ儲けだったよ。」
P1230223.jpg



(5) 「お腹空いたな~、早く食べたいよ。」
P1230224.jpg



(6) 逆光でクチバシの赤味がとても綺麗に見えました。
P1230240.jpg

クイナ:全長29cm、キジバトより少し小さいクイナ科の鳥。
その生息域についてpepyには次のように記されています。ここをクリックしてください。     
『クイナは、アイスランドからユーラシア大陸の旧北区にかけて広く分布しています。
 夏に繁殖し、冬になると温暖な地域へ南下することが分かっていますよ。

日本では北海道から沖縄まで広く生息していますが、繁殖は茨城県以北でしか行われません。
主に淡水の湿地や沼地、水田などに生息しています。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
クイナ、バン及びオオバン
今日は、埼玉県狭山市を流れる入間川で出会ったクイナ(秧鶏)、バン(鷭)及びオオバン(大鷭)を紹介したいと思います。

(1)お昼寝中の2羽のコガモさんの右側の葦の中にクイナさんの赤いくちばしが見えます。
P1241809.jpg



(2)クイナさんは、非常に警戒心が強くなかなか全身を見せてくれません。これが一番姿を現した状態です。
P1241826.jpg



(3)クイナさんがいる近くには、バンさんとオオバンさんも採餌していました。 右端の白い額がオオバンさん。
P1241828.jpg



(4)手前がオオバンさん、向こうがバンさん、並んでいると大きさの違いが分かります。
P1241837.jpg

クイナ、バン、オオバンの3種はいずれもクイナ科の仲間です。
クイナ:全長29cm、3種の中では最も小さく、キジハトより少し小さく関東では冬鳥。
バン: 全長32cm、3種の中で中間の大きさ、キジバトと同大の留鳥又は漂鳥。
オオバン:全長39cm、3種の中では最も大きい、関東では留鳥又は漂鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。
クイナ(秧鶏)
今日は、バンの仲間のクイナ(秧鶏)さんに出演願いました。

(1)暗い湿地いました。
P2231690.jpg



(2)水の中にクチバシを突っ込み昆虫などを探しています。
P2231674.jpg



(3)怖そうなお顔ですが、実はとても警戒心が強いです。
P2231680.jpg



(4)常に周囲に危険がないか警戒を怠りません。
P2231685.jpg

クイナ:全長29cmキジバトより小さいクイナ科に分類される。
    東北地方以北では夏鳥、それより南では冬鳥とちょっと変わっていますね。

おまけ
(1)雪が融けた後には早速オオイヌフグリが咲いていました。
P2240336.jpg


(2)ホトケノザも元気よく咲き出しました。
P2240335.jpg
今日は気温が上がり大分春らしい陽気になってきました。

最後までご覧頂きありがとうございます。



copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.