ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
チュウシャクシギ(中杓鴫)
今日は、クチバシが大きく下に反ったチュウシャクシギさん。

(1)カニと思われるものを捕まえたところです、右傍にはアオアシシギさん、左下にはキアシシギさんがいました。
P5056298.jpg



(2)飲み込むのに少々時間を要するようです。
P5056299.jpg



(3)上の場面からすぐにまた獲物を捕まえました。狩りの名人のようです(笑)。
P5056304.jpg



(4)するとアオアシシギさんが近づいて「ボクも名人になりたいな~。」っと言ったとか。
P5056307.jpg



(5)こちらは別個体、近くで羽繕いをしていました。
P5056326.jpg
チュウシャクシギ:全長42cm、オオソリハシシギより少し大きいシギ科の旅鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。

なお、拙きブログに拍手の応援頂き とても励みになり、感謝申し上げます。 
スポンサーサイト
チュウシャクシギ(中杓鴫)
荒川河川敷に広大な田んぼがあり、春の渡りの時期にシギ、チドリなどの旅鳥が飛来します。
先週末の強風が吹き荒れる日に行ってみました。

(1)田んぼ脇にはハルジオンが咲いていました。
P4292324.jpg



(2)アオサギさんが強風の中必死に進もうとしていましたが、進めずホバリング状態をしばらく続けていました。
P4295841.jpg



(3)かなり遠くに、クチバシが下に曲がった鳥さんが見えました。三羽のチュウシャクシギさんです。
P4295861.jpg
チュウシャクシギ:オーストラリアなどの南方から北の寒帯へと渡る途中日本に旅鳥として立ち寄ります。



(4)カルガモさんも一緒にいました。大きさの違いが分かると思います。
P4295865.jpg
全長:カルガモ61cmに対しチュウシャクシギは42cm。



(5)冬鳥のツグミさんもまだいました。
P4295866.jpg
ツグミは全長24cm。


(6)この日は風速20メートル以上、遠くの富士山がくっきり見えました。
P4295870.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

なお、拙きブログに拍手の応援頂き とても励みになり、感謝申し上げます。
田んぼのシギ、チドリ類-その4(チュウシャクシギのねぐら入り)
田んぼのシギ、チドリの最終回は、「チュウシャクシギのねぐら入り」です。
チュウシャクシギさんは、第1回目に紹介したように下に曲がった長いクチバシの鳥さんです。
千葉県香取市の小見川大橋近くで1000羽を超えるチュウシャクシギさんが、夕方四方八方から集まってくるとのことです。

(1)その場所に18時頃到着したところ、既に数多くのチュウシャクシギさんが集まっていました。
P5057908.jpg
写っている鳥を数えたところ約110羽です。


(2)この後、このように群れで飛んできました。 
P5057915.jpg



(3)チュウシャクシギさんの群れが、最初集まっていた田んぼから少し奥の田んぼに移動しました。(18時18分)
P5057936.jpg
非常に遠くになってしまいよく見えません(ノд`)。


(4)日の入りは18時24分頃でした。
P5057960.jpg



(5)暗くなってもまだ飛んできました。
P5057962.jpg



(6)これは帰路につく直前の18時27分に撮影、まだ田んぼに飛んできていました。 
P5057971.jpg
暗くてISO感度が上がり画像が粗れてしまいました。
なお、田んぼは、ねぐら入りする前の集結場所で、もっと暗くなってから葦原などへ移動し、そこで睡眠をとるそうです。

これで「田んぼのシギ、チドリ」のシリーズを終了します。
地元の田んぼでは見られないシギ、チドリ類を見ることが出来、鳥見の先輩たちに感謝です。

最後までご覧頂きありがとうございます。
田んぼのシギ、チドリ類
一昨日(5/5)、鳥見の先輩たちと茨城県稲敷市の浮島へ行き、田んぼのシギ、チドリ類を見てきましたのでその様子を紹介します。

(1)まず最初に出会ったのは、田植えが済んだばかりの田んぼにいたチュウシャクシギ(中杓鷸)さん。
P5057680.jpg
田んぼで見たのは初めてです。 クチバシが長く、下に反っています。


(2)クチバシが杓のように長いこと、より大きなダイシャクシギがいることから、チュウシャクシギと名付けられたようです。
P5057684.jpg
チュウシャクシギの全長42cm、一方ダイシャクシギのそれは58cm。


(3)二羽で田んぼに入り、採餌しています。 干潟ではカニなどですが、田んぼではカエルやバッタなどを食するようです。
P5057687.jpg



(4)羽を広げると、背中に白い個所があるのが分かります。
P5057682.jpg
鳥さんまでの距離が遠くて、なかなか鮮明には撮れませんでした(;´Д`)。


その後、鳥類観察小屋駐車場に移動。
(5)駐車場近くの休耕田には顔から胸が真っ黒な鳥さんがいました。 動かずに人形のようにも見えました(*_*)。
P5057690.jpg
十数羽がじっとしていました。食事後の休憩中だったのでしょうか。


(6)アップにしてみました。 チドリの仲間のムナグロ(胸黒)さんでした。
P5057692.jpg
顔から胸にかけて真っ黒なのは夏羽の個体、まだ白っぽさが残るのは夏羽に移行中だと思います。

私の地元では、田んぼでチュウシャクシギさんやムナグロさんを見かけたことはありません。
やはり、海に近い茨城県だから飛来したのでしょうか。

明日も続きます。
最後までご覧頂きありがとうございます。
あわやバトル?
連休中に、東京湾沿いにある葛西臨海公園と谷津干潟に行ってみました。
そこで撮影した鳥さんを何回かに分けてアップしたいと思います。
最初は、チュウシャクシギ(中杓鷸)さん。

(1)「これ何だろう?」っと落ちていた枯れた葦をつまみ上げました。
P5055812.jpg



(2)「何だかつまらないもんだったね。」っとすぐに放り出しました。
P5055818.jpg



(3)「背中の模様、きれいでしょう。」とでも言ったかと思いました。
P5055821.jpg



(4)しかし、左からもう一羽出現しました。あわやバトル?
P5055824.jpg



(5)右の子が「ごめんなさい」っと頭を下げたように見えましたが、…。
P5055828.jpg
その後、この二羽は離れ離れになりました。バトルの様相だったのか、よく分かりません (ノд`)
(葛西臨海公園にて)

チュウシャクシギ(中杓鷸):全長42cm、ユリカモメより少し大きいシギ科に分類される旅鳥。



(6)「ヤグルマソウ(矢車草)」が田植えが終わったばかりの田んぼ脇に咲いていました。
P5070022.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.