ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
キバシリ(木走)
戸隠シリーズ7回目は、キバシリさん。

(1)樹皮と同じような羽模様をしているため、樹木に貼り付いていると見つけるのが難しい鳥さんです。
P5216535.jpg



(2)このように樹木の端にいると分かり易いですが、遠くて鮮明さに欠けます。
P5216538.jpg



(3)普段見られない鳥さんだけに、出会えると嬉しくなります。
P5216540.jpg

キバシリ:全長14cm、スズメと同大の留鳥。



(4)これは孵化したばかりのエゾハルゼミ(蝦夷春蝉)。 この日は、鳴き声が結構大きく聞こえ、鳥の声が聞きづらいことがありました。
P5216546.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

また、いつも応援の拍手を頂きありがとうございます。
スポンサーサイト
戸隠森林植物園
長野県の戸隠森林植物園に鳥見に行きましたので、数回に分けて紹介したいと思います。

(1)みどりが池、後は戸隠連峰。
P5301404.jpg



(2)みどりが池にいたカイツブリさん。
P5300405.jpg



(3)それからカルガモさんも元気よく採餌していました。
P5300410.jpg



(4)最初に撮影できた小鳥は、キバシリ(木走)さん、羽の色模様が樹皮と酷似しています。
P5300416a.jpg



(5)こちらの方がキバシリの特徴が分かり易いと思います。
P5300422a.jpg
キバシリ:スズメと同大のキバシリ科に分類される留鳥。
Wikiによると『木の幹に縦にとまり、登る姿からキバシリ(木走)の名が付けられた。』とのこと。
樹皮と似て見つけ難い上に、とてもすばしこくて撮影の難易度は高いと思います。



(6)鏡池、後方は戸隠連峰。 対岸にはオシドリがいましたが遠すぎて撮れません。
P5301413.jpg

明日も続きます。

最後までご覧頂きありがとうございます。
キバシリ(木走)
長野県戸隠森林公園に鳥見に行ってきましたので、何回かに分けて紹介したいと思います。

(1)第1回目は、キバシリ(木走)さん、せわしなく動くので撮るのがなかなか大変です。
P5246991.jpg



(2)羽の色模様が、木肌と類似していて、動かないと見つけることが困難な鳥さんです。
P5246992.jpg



(3)前に曲がった細いクチバシで、樹皮のすき間や割れ目などにいる虫を食べるようです。
P5246997.jpg
奥日光にもいたのですが、撮れず、戸隠でリベンジを果たしました。
キバシリ:全長14cm、スズメと同大、亜高山帯の針葉樹林に留鳥として生息する。
     名前は、木の幹に縦にとまり、登る姿からキバシリ(木走)の名が付けられた。(Wikiによる)


(4)手前の池がみどりが池、僅かに雪が見えている後の山が標高1904mの戸隠山と思います。
P5240086.jpg
このみどりが池が、森林公園の入り口に当たります。



(5)まだカタクリが咲いていました。
P5240077.jpg



(6)まだまだきれいで、平地に比べ、1か月半くらい遅いです。
P5246965.jpg

今日から6月ですが、30℃を超える真夏日、少々バテ気味です。
長期予報によると、冷夏とのことですが当たるかどうか…。


最後までご覧頂きありがとうございます。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.