ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
ツルシギ(鶴鷸)&ハマシギ(浜鷸)
群馬県にある多々良沼でツルシギさんとハマシギさんに出会いました。

(1)岸からかなり遠くの浅瀬で四羽のツルシギさんが集まっていました。
PB127943.jpg
ツルシギさんの冬羽、足とクチバシの基部とが赤いです。


(2)こちらはハマシギさん。
PB127954.jpg



(3)ツルシギさんの所にハマシギさんの群れが飛んできました。
PB127972.jpg



(4)ツルシギさんとハマシギさん、仲が良いようです。
PB127977.jpg



(5)大きさは、ツルシギさん30cm、ハマシギさん21cmと9cmの差があります。
PB127980.jpg
ツルシギもハマシギも北半球から南半球まで移動する旅鳥です。

最後までご覧頂きありがとうございます。

スポンサーサイト
ツルシギ(鶴鷸)
越冬中のツルシギ(鶴鷸)さんに出会いました。

(1)川原の浅瀬で採餌する二羽のツルシギさん。
P1141368.jpg



(2)赤い足が目立つシギさん、普通は春と秋に立ち寄る旅鳥ですが、この二羽は越冬しているのでしょう。手前にツグミさん。
P1141339.jpg



(3)大きなダイサギさんの傍にやって来ました。 
P1141341.jpg



(4)全長は、ダイサギ90cm、ツルシギ30cm、数字以上に大きさの違いを感じます。
P1141346.jpg




(5)ダイサギさんが飛び立つとツルシギさんもつられて羽を広げました。
P1141356.jpg



(6)コサギさんもやってきました。コサギ61cm、黄色い足袋をしているように見えます。
P1141377.jpg
ツルシギ:全長30cm、ユーラシア大陸の寒帯や北極圏で繁殖する。
冬季はアフリカ大陸中部、地中海沿岸、中近東、インド、東南アジアに渡って越冬する。
日本には、旅鳥として春と秋の渡りの時期に全国的に渡来する。秋よりも春の渡りの方が渡来数は多い。
まれに越冬する個体もある。(Wikiによる)
(高麗川にて)
最後までご覧頂きありがとうございます。
ツルシギ(鶴鷸)
先にツルシギを投稿しましたが、その時は遠くてぼけぼけの写真でした。
今回、リベンジのため再度伊佐沼へ行ったところ、近くまで来てくれました。

(1)「きれいに撮ってね」とポーズを決めてきました(^_-)-☆。
P9272201.jpg
足とクチバシの基部が赤いのが印象的です。


(2)セイタカシギさんとのツーショットですが、足には藻が絡まっていますね。
P9272196.jpg



(3){美味しいものはないかな~」
P9272212.jpg



(4)何か分かりませんが、捕まえました。
P9272217.jpg



(5)「セイタカシギさん、お食事中のところを通らせてもらいます (*゚ー゚)」
P9272210.jpg
シギは普通群れで行動すると思っていましたが、この個体は一羽で伊佐沼にいます。はぐれたのでしょうか。
ツルシギ:全長33cm、アオアシシギと同大の旅鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。
ツルシギ&アオアシシギ
今日は、埼玉県川越市にある伊佐沼で出会ったツルシギ(鶴鷸)さんの登場です。
伊佐沼の水位が低くなり浅瀬が出来たためかシギ、チドリさんが飛来しました。

(1)左のツルシギさんに向かってアオアシシギさんが歩いて行きます。
P9161800.jpg
ツルシギさんは初見、初撮りです。
クチバシと足に赤味がありツルを連想させるのでその名が付けられたそうです(Wikiによる)。


(2)ご挨拶するのかと思ったら知らん顔のようです。
P9161801.jpg



(3)ツルシギさん、昼寝を始めてしまいました。
P9161805.jpg



(4)それを見たアオアシシギさん、羽繕いを始めました。間にいる鳥さんはイソシギさんと思います。左端はハクセキレイさんです。
P9161810.jpg
ここには水鳥さんが沢山飛来します。
ツルシギさんまではかなり遠く、大幅にトリミングしていますのでご留意ください。

最後までご覧頂きありがとうございます。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.