ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
ナベヅル(3)
今日でナベヅルさんの最終回です。

(1)こんなポーズを見せてくれました。 首が自在に曲がるのですね。羽には金属光沢があり輝いて見えます。
P1090450.jpg



(2)川で何を食べるのか興味がありました。撮っている時は小魚かなと思っていました。
P1090537.jpg




(3)撮影した画像をよく見るとどうも植物の根っこのようです。
P1090593.jpg



(4)これで根っこだということがはっきりしました。
P1090510.jpg



(5)時々リラックス。
P1090578.jpg



(6)エンゼルポーズも見せてくれました。
P1090581.jpg



(7)西方はるか遠くには冠雪した浅間山(群馬県)が臨めました。 また北には冠雪した日光男体山もみえていました。
P1090458.jpg

ナベヅル、マナヅルの越冬は出水市に集中しているので分散化の試みがなされているそうです。
今回はそれとは関係なく迷って埼玉に飛来したのでしょう。

最後までご覧頂きありがとうございます。
スポンサーサイト
ナベヅル(2)
昨日に続きナベヅルさんです。

(1)暫く田んぼで採餌した後、突然飛び出しました。 
P1090356a.jpg



(2)右から飛んできた小鳥さんとニアミス?
P1090357a.jpg



(3)青空を気持ちよさそうに飛んで行きます。
P1090359a.jpg



(4)降り立ったところは、先客のダイサギさんがいる川の中。
P1090399a.jpg



(5)喉が渇いたのでしょう、早速水を飲みます。
P1090414a.jpg



(6)この後ダイサギさんが飛び立ちました。 飛ぶとき、ナベヅルさんは首を伸ばしますが、ダイサギさんは首を曲げていることが分かります。
P1090431a.jpg

なお、この日は、北風が吹き荒れる寒い日で、身体がすっかり冷えてしまいました。

最後までご覧頂きありがとうございます。
埼玉にナベヅル(鍋鶴)飛来
埼玉県の深谷市にナベヅルが飛来したとの記事を見て、遅ればせながら行ってみました。
1月1日の埼玉新聞には下記の通りの説明がありました。
『日本野鳥の会によると、ナベヅルは中国東北部やロシア東南部などで繁殖し、朝鮮半島や西南日本、中国揚子江流域などで越冬する。
世界の生息数は1万羽程度と推定され、鹿児島県出水市で約9割が越冬するといわれる。
埼玉で確認されるのは極めて珍しい。』

(1)午前9時過ぎに到着したところ、ナベヅル(鍋鶴)さんは田んぼの端にいました。後はビニール栽培用トンネル。
P1090905a.jpg
ナベヅルさんに会うのは初めて、かなり遠くだったためもあり意外に小さく感じました。


(2)昨年の10月ごろには稲刈りが終わった田んぼで採餌しています。 
P1090349a.jpg



(3)採餌の間は時々このように頭を上げて周囲を警戒しています。
P1090287a.jpg



(4)周囲に危険がないことを確認するとまた頭を下げて採餌しています。 冬の田んぼにある食べ物は何でしょうか?
P1090297a.jpg
Wikiには『食性は雑食で、植物の根、昆虫、両生類などを食べる。
越冬地では、水田の刈跡でイネの二番穂を採食するほか、出水ツル渡来地においては小麦やイワシなども給餌される。』
とありますが、二番穂はないので落穂でも食べているのでしょうか。



(5)ナベヅルさん、ひたすら採餌と警戒を繰り返していましたが、時にはこんな姿も見せてくれました。
P1090311a.jpg
(ナベヅルさんまでが遠く、又逆光でもあり画像が鮮明でないことをご容赦ください)
このナベヅルさん、仲間とはぐれてしまい、埼玉に飛来したのでしょう。
一羽で寂しくないかと思うのですが、元気に暮らしている様子です。
ゆっくり休んで行って貰いたいです。
明日も続きます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.