ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
カラムクドリ(唐椋鳥)Ⅱ
昨日の続きのカラムクドリさんです。
これまでに出会ったムクドリ科の鳥さんは、(1)普通のムクドリ、(2)コムクドリの2種で、カラムクドリが加わり3種となりました。

(1)よく見かける普通のムクドリさん、全長24cmで物差し鳥の一種。 柿の実が食べ尽くされました(*_*) 。
P1164535.jpg



(2)コムクドリ(小椋鳥)さん、全長19cm、関東では旅鳥、昨年4月に出会ったオスです。
P4154562.jpg



(3)上の2種に比べカラムクドリさんはきれいな配色で目付きが鋭いです。
P1231944.jpg



(4)ここ石神井川の桜並木に飛来し、木に付いているカイガラムシなどを食事にしているようです。
P1232037.jpg



(5)ジャンプ
P1231988.jpg



(6)羽を広げたりして、サクラの木を忙しく移動していました。
P1232058.jpg
群とははぐれたのでしょうか。たった一羽ですが元気に食べ物を探していました。
無事に仲間たちの所に戻れるといいですね。

最後までご覧頂きありがとうございます。
スポンサーサイト
カラムクドリ(唐椋鳥)
今日は、東京を流れる石神井川に出現したカラムクドリ(唐椋鳥)さん。

(1)カラムクドリさん、日本には数少ない冬鳥又は旅鳥として飛来するそうだ。今回は東京の石神井川の桜並木にやってきた。
P1231859.jpg



(2)今回、迷鳥として飛来したのはメスで、この一羽のみ。まさか都会で見られるとは…。
P1231864.jpg




(3)サクラの木に付いたカイガラムシなどをお食事にしているようです。
P1231879.jpg



(4)時にバランスを崩し、慌てた様子も見せてくれます。普通のムクドリさんに比べとてもきれいな鳥さんです。
P1231887.jpg



(5)桜の枝を忙しく移動していますが時々リラックスします。
P1231908.jpg



(6)正面顔は、ユーモラスな感じがします。
P1231920.jpg
カラムクドリ(唐椋鳥):全長19cm、中国大陸南部で繁殖しインドシナ半島などで越冬するとのこと。
Wikiには生息状況について次のように記載されています。
『日本では数少ない冬鳥または旅鳥として生息する。石垣島では冬鳥としてあまり稀ではないが、本州や奄美では稀な迷鳥である。 インドシナ半島では林縁部や村里の粗林で数羽の群れをごく普通に見かける。』

沢山撮ったので明日も続きます(笑)。

最後までご覧頂きありがとうございます。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.