ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
ヒメウ(姫鵜)
今日は、銚子漁港で出会ったヒメウ(姫鵜)さん。

(1)大きな漁船が停泊していました。
P1310948.jpg



(2)向こう側の堤防にたくさんのカモメたち、その中央の黒い鳥がヒメウさん。初見、初撮りです。
P1312628.jpg



(3)カワウさんが飛行するすぐ後ろに現れたのがヒメウさん。
P1312638.jpg



(4)金属光沢のある緑色~紫色に見え、きれいでした。
P1312644.jpg



(5)カワウに比べ、クチバシや身体が細くて、日本で生息する鵜の仲間では最小。接頭語の姫は小さいことを示しているとのこと。
P1312654.jpg



(6)別の場所で、カモメさんの群れの手前で二羽が、盛んに潜って小魚を獲っていました。
P1312666.jpg
(銚子漁港にて)
ヒメウ:全長73cm、ウ科に分類される日本最小のウ。
    北海道では留鳥、本州以南では冬鳥。
なお、ヒメが付く鳥の名前を手元の図鑑(山渓 日本の野鳥)から抜き出してみたところ次の14種でした。
ヒメアマツバメ、ヒメイソヒヨ、ヒメウ、ヒメウズラシギ、ヒメクイナ、ヒメクビワカモメ、ヒメクロアジサシ、ヒメクロウミツバメ
ヒメコウテンシ、ヒメシジュウカラガン、ヒメハジロ、ヒメハマシギ、ヒメヒシクイ、ヒメモリバト
今回ヒメウを初めて見ましたが、他のヒメがつく鳥さんはまだ見たことがありません。
どれもその種では小さいのでしょうね。

最後までご覧頂きありがとうございます。
スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.