ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
オグロシギ(尾黒鷸)
サルハマシギで賑わっている伊佐沼にはこの時期色々な鳥さんが飛来しています。
今日は、その中でオグロシギに登場願いました。

(1) 三羽のオグロシギが干潟で採餌中でした。
P9151111.jpg



(2) 一本脚で昼寝中のセイタカシギの脇を忙しく通過。
P9151113.jpg



(3) 怖そうなアオサギの前を急ぎ足。 アオサギがジロリと横目使い。
P9151119.jpg



(4) 今度は、小さなコチドリが近くに来ました。 左のオグロシギがジロリと一瞥。
P9151133.jpg



(5) カルガモや飛来したばかりと思われるコガモの傍で羽を広げてリラックス。
P9151170.jpg



(6) セイタカシギとオグロシギ、全く正反対の方を見ています。
P9151207.jpg

オグロシギ:全長38cm、オオソリハシシギと同大の旅鳥。
       オオソリハシシギはクチバシが上に反っているのに対しオグロシギは直線状です。
       名前は、尾羽が黒いことに由来するそうですが、飛んでくれないとそれが分かりません。
渡りですが、ユーラシア大陸中部から北部で繁殖し、オーストラリアやそれに近い東南アジア南部やインド、アフリカで越冬するといわれています。
そして、日本にはその渡りの途中、春と秋に立ち寄る旅鳥です。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリック頂き感謝です。
スポンサーサイト
オグロシギ(尾黒鷸)
今日は、伊佐沼で初めて出会った「オグロシギ(尾黒鷸)」さん。

(1)ハスが茂る向こう側の浅瀬でクチバシの長い比較的大きなシギを見かけました。
P9114764.jpg



(2)二羽で行動していました。 手前のハスが邪魔したり偽逆光だったりと撮影条件は厳しいです。
P9114831.jpg



(3)長いクチバシを持ちながら頭まで水没する程に突っ込んでいます(笑)。
P9114832.jpg



(4)獲物が獲れたかどうか分かりません。
P9114836.jpg



(5)伊佐沼で初見のオグロシギ(尾黒鷸)さん、大きくて存在感がありました。
P9114846.jpg

オグロシギ:全長38cm、オオソリハシシギとほぼ同大の旅鳥。
        雌雄同色、 メスはオスより大きいとのこと。

最後までご覧頂きありがとうございます。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.