ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
クロハラアジサシ(黒腹鯵刺)
再び、先月末、埼玉県川越市にある伊佐沼に足を運んでみました。
数羽のクロハラアジサシが杭にとまったり飛翔したりの姿に出会いました。
なお、この日は、雨もちらつくどんよりした曇り空のため画像がパッとしません(言い訳)。

(1) これは、まだお腹の黒味が残り、成鳥で夏羽から冬羽に移行中と思われます。
P9301551.jpg



(2) 一方、こちらは幼鳥で冬羽に移行中と思われます。
P9301563.jpg



(3) 左が成鳥、右が幼鳥、並んでくれました。
P9301582.jpg



(4) 魚を目指してホバリング中です。
P9301555.jpg

クロハラアジサシ:全長26cm、ムクドリより少し大きい旅鳥。
今季は、クロハラアジサシの当たり年でしょうか、伊佐沼ではまだ見られました。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
クロハラアジサシ(黒腹鯵刺)の幼鳥
今日は、伊佐沼にてレンカクを待つ間に出会えたクロハラアジサシくんの登場です。

(1) 杭の上で羽繕いするクロハラアジサシくんの幼鳥。
P8209858.jpg



(2) 自分では識別出来ず、詳しい方に教えてもらいました。
P8209825.jpg



(3) 左にべったり座っているセイタカシギくんとのツーショット。
P8209853.jpg
伊佐沼には長逗留せずすぐに姿が見えなくなったそうです。

クロハラアジサシ:全長26cm、ムクドリより少し大きいカモメ科の旅鳥。
Wikにはその生息域について次の記述があります。
『ヨーロッパ南部から中央アジア、アフリカ、南アジア、中国東北部、オーストラリアで繁殖するが、繁殖地域は点在している。
北方で繁殖した個体は、冬季アフリカ、インド、オーストラリアに南下し越冬する。
日本では旅鳥として5月から10月にかけて各地で観察されるが、数は少ない。南西諸島ではよく見られる。』


(4) 遠くにはダイサギ、コサギなどがのんびりと羽繕いをしていました。
P8209842.jpg

最後までご覧いただきありがとうございます。

↓ いつもクリックありがとうございます。
クロハラアジサシ(黒腹鯵刺)
10日ほど前、コアジサシに似た鳥さんに伊佐沼で出会いました。

(1)杭にとまるコアジサシ似の鳥さん、飛来時期とその風貌から旅鳥のクロハラアジサシさん(冬羽)と思います。
PA096026.jpg



(2)こちらは別の杭に留まった別の個体です。
PA096029.jpg



(3)盛んに魚獲りをしていましたが、この時は失敗でした。
PA095817.jpg
撮影の腕が未熟でいい瞬間を撮れません(;´Д`)。


(4)やっと撮れた飛翔姿です。
PA095792.jpg
頭頂部がごましお模様です。


(5)上の写真と連続したショットですが、はみ出てしまいました (ノд`)。
PA095793.jpg
クロハラアジサシ:全長26cmでムクドリより少し大きい。
           主に旅鳥として全国的に飛来するが、西日本に多い。
クロハラアジサシとしましたが、もし間違っていたらご指摘頂けると嬉しいです。

最後までご覧頂きありがとうございます。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.