ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
ツミ、チョウゲンボウなど
井の頭自然文化園の3回目(最終回)は、ツミ、チョウゲンボウなどの登場です。

(1) ツミ、メスさん、目が黄色く、オスより少し大きい。全長オスは27cm、メスは30cm、キジバトより小さいタカ科の夏鳥。
P1090666.jpg



(2) 一方、こちらはツミのオスくん、目は赤く充血しているように見えます。
P1090669.jpg
これまでツミにはあまり縁がなく出会ったことは僅かです。観察眼がないからでしょう。



(3) 羽を大きく広げてくれたチョウゲンボウ、全長35cm、ハヤブサ科の留鳥又は漂鳥。
P1090676.jpg



(4) フクロウ、全長50cm、ハシボソガラスと同大のフクロウ科の留鳥。
P1090671.jpg



(5) 日本リス、ケージ内で自由に動き回っていました。
P1090685.jpg



(6) こちらは野鳥のゴイサギ、動物園近くで羽繕い中。
P1000419.jpg

井の頭自然文化園は多摩動物園に比べスケールは小さいですが、ヤマセミ、ヤマドリなど自然では目にする機会が少ない鳥が見られて勉強になりました。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
入間川にて
埼玉県狭山市を流れる入間川、昨日紹介したササゴイさん以外の登場です。

(1)日本で最小のタカ、ツミさん、漢字では「雀鷹」、とまっているところを撮ろうとしたら、近くを人が通り飛び出しの一瞬になりました。
P7248921c.jpg
全長オス27cm、メス32cm、キジバトより少し小さい。
この個体は赤い目をしているのでオスと思います。



(2)オナガ(尾長)さん、全長37cm、キジバトより大きいカラスの仲間。
P7248840.jpg
曇り空の逆光で目が出ていません(;´Д`)。



(3)かなり遠くにカワセミ(翡翠)さん、魚を狙っていました。
P7248934.jpg




(4)日本で最も美しいといわれる赤トンボの一種「ミヤマアカネ(深山茜)」
P7248914.jpg



(5)オスは身体がもっと赤いのでこれはメスだと思います。
P7248916.jpg
トンボについてはよく分かっていない間違いなどありましたら教えていただけると助かります。

最後までご覧いただきありがとうございます。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.