FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
アメリカヒドリ&ヒドリガモ
今日は、初見・初撮りのアメリカヒドリを紹介したいと思います。

(1) 埼玉県川越市の伊佐沼にアメリカヒドリが飛来したとのことで行ってきました。 いました! ヒドリガモの群れの中央部。
   額が白っぽく目の後方が緑なので識別し易いと思います。
P1160241.jpg



(2) 一羽でいたとき、大トリミング。
P1160190a.jpg



(3) アメリカヒドリは、その名の通りアラスカ、カナダ、アメリカ北部で繁殖し、冬に南下。
   日本へは冬鳥として渡来するが数は少ないとのこと。
P1160201a.jpg



(4) ヒドリガモのメスが羽ばたき。
P1160203.jpg



(5) クチバシを羽に突っ込んでお休みすることもしばしばです。
P1160209.jpg



(6) ヒドリガモの求愛行動でしょうか。
P1160219.jpg

アメリカヒドリ:全長48cm、ヒドリガモと同大のカモ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『北アメリカ中部から北部で繁殖し、冬季は北アメリカ南部から中央アメリカ、西インド諸島に渡り越冬する。
東シベリアの一部の地域でも繁殖しているといわれるが、詳細は不明。
日本へは数少ない冬鳥として毎年渡来するが、1-数羽での渡来がほとんどである。
記録は、北海道から南西諸島まで各地である。たいていヒドリガモの群れに混じっている。』

ヒドリガモ:全長49cm、オシドリより少し大きいカモ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ユーラシア大陸の北部の寒帯地域やアイスランドで繁殖し、冬季はヨーロッパ、アフリカ北部、インド北部、中国南部、朝鮮半島、日本などに渡り越冬する。
日本では冬鳥として全国に渡来する。
北海道では厳冬期には少なく、春と秋によく見られる。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト



copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.